公募・助成・レジデンス

国内外のアーティスト・イン・レジデンスや、助成金等の公募情報概要を掲載しています。
各情報が変更となる場合等もありますので、詳細は必ず各ホームページのリンクをご確認ください。
ご質問等は各団体にお問い合わせください。

過去の募集要項はこちらからご覧ください ▶

, ヨコハマ創造産業振興助成 新商品・サービス開発部門 募集

ヨコハマ創造産業振興助成 新商品・サービス開発部門 募集

【内容】アーツコミッション・ヨコハマ(略称:ACY、公益財団法人横浜市芸術文化振興財団運営)は、“つなぐ、ふやす、アートの現場”を標語に、横浜市文化観光局が掲げる「文化芸術創造都市・横浜」施策に基づき、横浜都心臨海部にクリエイターを多数迎え、様々な担い手と協働し、実験的な取組を行い、横浜ならではの魅力を生み出すことに寄与しています。この一環として、本年度より創造産業振興のための助成を行います。本助成プログラムを通じて、革新的、創造的な取組を支援し、創造産業へ積極的に行動する街・横浜を目指します。

【対象分野】ヨコハマ創造産業振興助成 新商品・サービス開発部門は、クリエイターが企業や大学等と連携をして新たなサービスや商品などを開発する取組に対しての助成制度です。市内に優れた中小企業等が多数存在することを背景に、クリエイターのアイデアと企業や大学等の技術力とのかけあわせで新たなビジネスが生まれることを期待し、横浜ならではのデザイン・ものづくりが国内外に発信されることを支援します。あわせて、ソーシャルビジネスにおいて創造性を発揮し、社会に変化をもたらす挑戦も対象とします。

【応募締切】2019年7月26日(金) 必着

【WEB】http://acy.yafjp.org/grants/raise/sozosangyo-kaihatsu2019.html
締切まで あと約 3 日

, 京都市芸術文化特別奨励制度(奨励金300万円) 令和2年度(2020年度)奨励者募集

京都市芸術文化特別奨励制度(奨励金300万円) 令和2年度(2020年度)奨励者募集

【内容】京都市では,芸術文化の担い手を育成することにより,新たな芸術文化の創造を促進し, 京都の芸術文化の振興を図ることを目的として,これから大きく羽ばたこうとする若い芸術 家の方々を奨励する「京都市芸術文化特別奨励制度」を平成12年度から実施しています。この度,平成32年(2020年)度中の活動を支援する奨励者(平成31年度中に審査, 決定)を募集します。

【対象分野】芸術文化に関わる活動を行い,次の全ての条件に該当する個人又はグループ

(1) 住所地,活動拠点又は予定する発表場所のいずれかが京都市内であること

(2) 京都の芸術文化の振興や発信に貢献する可能性のある活動(創作,発表,企画,研究等)を行っていること

【応募締切】2019年7月31日(水)

【WEB】http://www.geibunkyo.jp/news/000810.html
締切まで あと約 8 日

, AAF戯曲賞/愛知県芸術劇場募集

AAF戯曲賞/愛知県芸術劇場募集

【内容】“戯曲とは、何か?”というテーマを掲げて5年目になりました。このテーマは、「今日私たちが過去の遠い地の戯曲を上演するように今生み出されている戯曲を何十年後・何百年後に届けるために何ができるか」という挑戦です。そのため、上演に関わる代表として演出で活躍されている方に審査を依頼し、全て読んで議論し、選考しています。毎回応募される作品の豊かさや選考過程での議論の深さに、戯曲の言葉が人を動かす力を持っていることを実感します。劇場の戯曲賞として、様々な人や言葉が出会い新たな可能性を生み出す場でありたい、より多くの声を、言葉を受け止めたい、という考えのもと、審査・上演を通して様々な人に関わっていただきながら考え続けています。今年も、いつかまだ見ぬ誰かに「上演したい」と思わせる戯曲を待っています。

【審査員】白神ももこ(演出家・振付家・ダンサー、モモンガ・コンプレックス主宰)、鳴海康平(演出家・「第七劇場」代表)、三浦基(演出家・「地点」代表)、やなぎみわ(舞台演出家・美術作家)

【応募締切】2019年7月31日(水)

【WEB】https://www-stage.aac.pref.aichi.jp/event/detail/000246.html
締切まで あと約 8 日

, 文化庁 令和2年度新進芸術家海外研修制度(長期研修)の募集

文化庁 令和2年度新進芸術家海外研修制度(長期研修)の募集

【内容】本制度は,若手芸術家等が海外の芸術団体,劇場等で実践的な研修等に従事する機会を提供することにより,我が国の将来の文化芸術振興を担う人材を育成することを目的とするものであり,研修等を行う際の渡航費・滞在費を支援します。研修の開始日は原則として,令和2年9月1日から令和3年3月31日の間に日本を出発する日とし,終了日は日本到着日となります。

【対象分野】美術,音楽,舞踊,演劇,舞台美術等,映画,メディア芸術

【応募締切】2019年8月2日(金)(消印有効)

【WEB】http://www.bunka.go.jp/shinsei_boshu/kobo/1417753.html
締切まで あと約 10 日

, 「第4回京都学生アートオークション」作品募集

「第4回京都学生アートオークション」作品募集

【内容】京都市及び京都学生アートオークション実行委員会では、大学コンソーシアム京都に加盟する美術系大学に通う学生のキャリア支援を目的として、「京都学生アートオ ークション」を開催しています。この度、「第4回京都学生アートオークション」を開催するに当たり、出品作品を募集しますのでお知らせします。

【対象分野】工芸作品・美術作品(素材・形態・テーマ・ジャンルは問わない)

【応募締切】2019年8月11日(日)

【WEB】http://k-s-a-a.com/entry/
締切まで あと約 19 日

, 亀山トリエンナーレ2020 コンペティション

亀山トリエンナーレ2020 コンペティション

【内容】東海道の城下町、宿場町であった三重県亀山市、古くからの歴史・文化の息づく静かな街です。この街で2020年に「亀山トリエンナーレ2020」を開催します。現代アートを街に展示することから生まれる枠組みを超えた文化の創造。多種多様なアートによって交流する人と地域。ひとつの生命体ののようにアートのムーブメントが亀山に湧きあがることを期待し、作品を公募します。「亀山トリエンナーレ2020」は若いアーティストたちの作品発表の場であり、登竜門です。亀山で「場」の力を感じていただき、あなたのアートの可能性を拡げてください。皆さまのご参加をお待ちしています。

【対象分野】平面・立体・映像・インスタレーション・パフォーマンス・ダンス・ワークショップ・公開制作など。

【応募締切】2019年8月15日〔当日消印有効〕

【WEB】http://kameyamatriennale.jp/news/news17.html
締切まで あと約 23 日

, 第4回 “Artist Support”若手アーティスト支援事業 出展作家募集

第4回 “Artist Support”若手アーティスト支援事業 出展作家募集

【内容】若手アーテイストの作家活動を支援するために、東大阪市民美術センターにおいて作品発表を行う展覧会関催の機会を提供します。

【対象分野】主に作品制作活動を大阪府周辺にて行い発表を続けている個人およびグループ

【応募締切】2019年8月20日(火)

【WEB】https://higashiosaka-art.org/exhibition/img/ex1911_wakateartist01.pdf
締切まで あと約 28 日

, 広島市現代美術館「ゲンビどこでも企画公募2019」

広島市現代美術館「ゲンビどこでも企画公募2019」

【内容】美術館の無料パブリックスペース(アプローチプラザ、エントランスホール、回廊、ホワイエ、ミュージアムスタジオ、階段まわり等)を活用した作品プランを募集します。空間の特徴をいかす、視点の独自性、作品の独創性を重視して審査します。開催期間を通して展示可能な作品であること(パフォーマンスや演奏の場合は1日でも可)。実現可能である作品であれば、作品のジャンルは問いません。

【特別審査員】池水慶一(現代美術作家)、木村絵理子(横浜美術館主任学芸員・ヨコハマトリエンナーレ2020企画統括)、森本アリ(音楽家・旧グッゲンハイム邸運営・シオヤプロジェクト主宰)

【応募締切】2019年8月23日(金)

【WEB】https://www.hiroshima-moca.jp/dokodemo/?fbclid=IwAR2b0daX49NjZ9tPdO9vpsbh-PaMBZ4zI6fQGx2nbVf0YzppTR9qHtq-NnM
締切まで あと約 31 日

, Creative Knowledge Project レジデンスプロジェクト 公募(ロンドン/UK)

Creative Knowledge Project レジデンスプロジェクト 公募(ロンドン/UK)

【内容】Creative Knowledge Projectは、新しいLakeside Centerを拠点に、12か月間アーティストが滞在するプロジェクトです。本年の長期滞在プログラム(宿泊施設とスタジオスペース)は、アーティストが1960年代を象徴するブルータリズムの水辺の建築で、生活し制作するためのエキサイティングな機会です。これはBexleyのLondon Boroughへの助成金を通してArts Council Englandから支援していただいています。

本プロジェクトは、21世紀に図書館が何をすることができるか、という課題に取り組みます。過去に図書館がこれまでに多くの人々に与えた影響と、図書館が今日直面している課題を探ります。
滞在やスタジオ利用料は無料。アーティストフィーとして10000ポンド、6000ポンドの制作費等が用意される。

【応募締切】2019年8月27日(火)10:00

【WEB】https://bowarts.org/whats-on/exhibitions-and-events/the-creative-knowledge-project-artist-in-residence
締切まで あと約 34 日

, サンノゼ キルト&テキスタイル美術館 Maker Space Artist in Residence Program 2020(サンノゼ/USA)

サンノゼ キルト&テキスタイル美術館 Maker Space Artist in Residence Program 2020(サンノゼ/USA)

【内容】当美術館は、テキスタイルに重きを置き制作するアーティストのためのレジデンスプログラムを実施しています。アーティストは、美術館の訪問者と交流する機会があり、新しいファンを獲得できるかもしれません。Maker Space Studioは、一部がプライベートなレジデンスプログラムで、アーティストと地域の方との間で会話し、創造性のためのインキュベーターとなります。滞在は3ヶ月間。現地で宿泊できる場所や交通手段等は各自用意。

【応募締切】2019年8月30日(金)

【WEB】https://www.sjquiltmuseum.org/artist-residency
締切まで あと約 38 日

, 第2回尼崎市文化未来奨励賞

第2回尼崎市文化未来奨励賞

【内容】芸術性の高い優秀な作品などを創作し、全国規模の活動を展開しようとしている若手芸術家を選考し、顕彰するとともに、市内で発表する機会を持てるよう支援を行います。奨励賞受賞者には、奨励賞副賞10万円に加え、発表等奨励金として100万円を上限に支援します。

【対象分野】芸術文化に関わる活動を行い、次のすべての条件に該当する者

(1)  出身、在住、活動拠点いずれかが尼崎市もしくは尼崎市内での活動が顕著である
(2)  令和2年4月1日現在で40歳以下である
(3)  尼崎市の芸術文化の振興や発信に貢献する活動を行っている
(4)  文学、音楽、美術、写真、演劇、舞踊、メディア芸術、その他の芸術で活動している

【応募締切】2019年8月30日(金曜日)(当日消印有効)

【WEB】http://www.city.amagasaki.hyogo.jp/manabu/art/1011784/1016825.html
締切まで あと約 38 日

, 第14回 ARTE LAGUNA PRIZE 公募(イタリア)

第14回 ARTE LAGUNA PRIZE 公募(イタリア)

【内容】Arte Laguna srlは、MoCAと提携して、現代美術の普及促進を目的とした第14回 国際Arte Laguna賞を開催します。この賞は、外務省、文化財省、ヴェネト州、ヴェネツィア市等から支援を受け、イタリアの大統領からも勲章を得ています。受賞者は、賞金のほか、ヴェネツィアのアルセナーレ会場での主要な展覧会企画、国際的なアートギャラリーでの展示、企業とのコラボレーション、レジデンスプログラムへの参加、Webサイト artelaguna.worldへの参加、カタログの発行などを行います。募集ジャンルはペインティング、写真、立体、ビデオ、パフォーマンス等多岐にわたり、各部門の優勝者に7000ユーロを賞として支給。

【応募締切】2019年8月31日(土)

【WEB】https://www.artelagunaprize.com/preview-terms-and-conditions
締切まで あと約 39 日

, SHIBUYA ART AWARDS 2019

SHIBUYA ART AWARDS 2019

【内容】6回目となる『SHIBUYA ART AWARDS 2019』では、皆様から広くアート作品を募集いたします。 入選作品は、入選作品展(第11回渋谷芸術祭2019内)にて一般展示をし、最終審査を行います。 受賞作品は、渋谷芸術祭後、巡回展示へご招待。

【賞・入選】大賞1 作品 /賞状、副賞:賞金30 万円、巡回展示へのご招待、他

【応募締切】2019年9月6日(金) 23:59

【WEB】https://shibuyaawards.com
締切まで あと約 45 日

, 星乃珈琲店絵画コンテスト

星乃珈琲店絵画コンテスト

【内容】星乃珈琲店は、新しい才能を発掘するため、星乃珈琲店絵画コンテストを実施しています。クリエーターに活躍の場を提供するため、受賞作品は副賞金による買上げとし、作者名と共に全国の星乃珈琲店で「旅する絵画」として巡回展示させていただきます。蔵造りの店内を飾る、時代に捉われない力強い作品を期待します。全国に約220店舗を展開する星乃珈琲店のうち、110店ほどある蔵造りの店内に作者名、作品名、作品コンセプト文、作者PRを記載したパネルと共に3ヶ月に一度のペースで全国の店舗を旅します。

【応募締切】2019年9月15日(日)

【WEB】https://artcontest.hoshinocoffee.com
締切まで あと約 54 日

, AGDER KUNSTSENTER レジデンス公募(クリスチャンサン/ノルウェー)

AGDER KUNSTSENTER レジデンス公募(クリスチャンサン/ノルウェー)

【内容】クリスチャンサン市は、市内に一定期間滞在し、制作をしたいと考えているプロの芸術家や職人に住居を提供しています。その目的は、クリスチャンサンの現代のビジュアルアーティストと他の国内外のアーティストとのコラボレーションとネットワーキングを強化し、促進し、発展させること、そしてクリスチャンサンのアートシーンを広げることです。ノルウェー人だけでなく、他国からも応募できます。滞在施設はAgder Kunstsenterの隣(Skippergata 22)にあります。滞在期間は2020年秋か2021年春に約3ヶ月間を上限に設定。スタジオと滞在費が無料。

【応募締切】2019年10月1日(火)

【WEB】http://www.agderkunst.no/artist-in-residence/
締切まで あと約 70 日

, FACE 損保ジャパン日本興亜美術賞

FACE 損保ジャパン日本興亜美術賞

【内容】第8回目となる公募コンクールFACE 2020(損保ジャパン日本興亜美術賞)では、「年齢・所属を問わず、真に力がある作品」を公募いたします。美術評論家を中心とした審査員の厳正な審査により、「将来国際的にも通用する可能性を秘めた」作品約70点を入選作品とし、その中から合議制でグランプリ、優秀賞、読売新聞社賞を選出し、各審査員が審査員特別賞を決定いたします。さらに、観覧者投票によりオーディエンス賞を授与いたします。 グランプリ受賞作品は当館で収蔵し、次回のFACE展開催時に展示され、各回のグランプリ、優秀賞の受賞作家4名には、3年毎に開催予定の12名グループ展『絵画ゆくえ』にご出品いただきます。 「新進作家の登竜門」となるべく、本美術賞では、時代の感覚を捉えた輝く作品のご出品を期待いたします。

【応募期間】2019年9月16日(月)~10月20日(日)

【WEB】https://www.sjnk-museum.org/face
締切まで あと約 89 日

, 京都造形芸術大学 舞台芸術研究センター 2020年度共同研究(劇場実験型・リサーチ支援型)公募事業の募集

京都造形芸術大学 舞台芸術研究センター 2020年度共同研究(劇場実験型・リサーチ支援型)公募事業の募集

【内容】〈舞台芸術作品の創造・受容のための領域横断的・実践的研究拠点〉では、本拠点の研究理念である「ラボラトリー機能」に係る研究プロジェクトとして、2種類の研究事業を公募いたします。

【応募締切】2019年8月20日(火)23:59、2019年12月10日(火)23:59

【WEB】http://www.k-pac.org/kyoten/public/
締切まで あと約 140 日

, ヨコハマ創造産業振興助成 事務所開設奨励部門 募集

ヨコハマ創造産業振興助成 事務所開設奨励部門 募集

【内容】アーツコミッション・ヨコハマ(略称:ACY、公益財団法人横浜市芸術文化振興財団運営)は、“つなぐ、ふやす、アートの現場”を標語に、横浜市文化観光局が掲げる「文化芸術創造都市・横浜」施策に基づき、横浜都心臨海部にクリエイターを多数迎え、様々な担い手と協働し、実験的な取組を行い、横浜ならではの魅力を生み出すことに寄与しています。この一環として、本年度より創造産業振興のための助成を行います。本助成プログラムを通じて、革新的、創造的な取組を支援し、創造産業へ積極的に行動する街・横浜を目指します。事務所開設奨励部門は、革新的な取組を行うクリエイティブ企業が関内・関外地区に拠点を構えることに対する支援です。横浜から国内外に新たな取組を発信する挑戦をお待ちしております。

【対象分野】助成趣旨に合致し、下記要件を満たすクリエイティブ企業、但し3名以上の推薦人を必要とする。①法人格を有すること(従業者数3名以上)②国内外で顕著な業務実績がある、または業務実績があるクリエイターを有すること③申請時点において横浜市外に事務所があり、新たに図1にある対象区域内の建物に事務所を開設すること

【応募締切】2019月12月27日(金)まで随時 ※本制度は都度審査のため交付額が予算上限を超えた時点で受付は終了

【WEB】http://acy.yafjp.org/grants/raise/sozosangyo-jimusyo2019.html
締切まで あと約 157 日

, 「フィンランドセンターTelepART」助成プログラム

「フィンランドセンターTelepART」助成プログラム

【内容】フィンランドセンターではパフォーミングアーツのアーティストに対し「フィンランドセンターTelepART」助成プログラムを開始します。アーティストやパフォーマーの渡航費、生活費を補助します(上限1000ユーロ)。フィンランドセンターは、フィンランドと日本の芸術プロジェクトを促進しており、TelepARTの助成制度は、海外で活躍するパフォーミングアーティストをサポートしていきます。分野はパフォーミングアーツ、サーカス、音楽、コンテンポラリーダンス。本助成は迅速に支給され、プロジェクトが確定している主催者、演奏家、アーティスト、その代理人により申請できます。応募者は質の高い作品制作をおこない、少なくとも2カ国間のコラボレーションであること。高い芸術価値を発揮できなければなりません。生産は少なくとも2カ国の間のコラボレーションでなければなりません。TelepARTの申請申し込みは年間を通して募集しています。

【WEB】http://www.finstitute.jp/ja/2018/05/14/フィンランドセンターtelepart助成プログラム/
締切まで あと約 300 日

, ComPeung(チェンマイ/タイ)

ComPeung(チェンマイ/タイ)

ComPeungはタイで初めてのインディペンデントなレジデンスプログラムで2007年から継続中。100以上のアーティストが世界中から参加している。
≪対象≫ビジュアルアート(ジャンル問わず)、建築、パフォーミングアーツ、執筆、音楽
≪期間≫最低1ヶ月2ヶ月(新作の発展のための滞在のには2ヶ月を推奨)
≪費用≫30,000タイバーツ/月(スタジオ、滞在場所、3食、チェンマイ空港からの往復交通含む)
≪締切≫いつでも可能(ただし滞在期間の2ヶ月前までにオンラインで応募すること)
≪web≫http://www.compeung.org/artist-in-residence/
締切まで あと約 304 日

, Lakkos Artists residency(イラクリオン/ギリシャ)

Lakkos Artists residency(イラクリオン/ギリシャ)

【内容】

このレジデンスプログラムは様々なクリエイティブな活動をベストに導くフレキシブルな場所です。ミュージシャンにはミュージシャン、作家には作家、ペインターにはペインターと、それぞれ地元の方をを紹介しつなぎます。地元の歴史について研究したい考古学者も歓迎。滞在先は少し古い伝統的な家です。このプログラムはオーストラリア人のアーティスト、Mathew Halpinにより運営され、彼も滞在先に住んでいます。
滞在費は提案制、寄付として、将来的に建物の修復やアートプロジェクト等に使用します。キッチンには自炊のための道具は用意していますが、食事はつきません。同時に5組のアーティストまで受け入れ可。最低2週間滞在。

【締切】随時

【WEB】https://lakkosartistsresidency.weebly.com/residency.html
締切まで あと約 2215 日

助成: