公募・助成・レジデンス

国内外のアーティスト・イン・レジデンスや、助成金等の公募情報概要を掲載しています。
各情報が変更となる場合等もありますので、詳細は必ず各ホームページのリンクをご確認ください。
ご質問等は各団体にお問い合わせください。

過去の募集要項はこちらからご覧ください ▶

, Joya: arte + ecología / AiR(アンダルシア/スペイン)

Joya: arte + ecología / AiR(アンダルシア/スペイン)

【内容】
Joya:arte +ecología/ AiRは、アート、エコロジー、持続可能な生活習慣に根ざした「オフグリッド」の学際的なレジデンスプログラムです。アンダルシア州アルメリア県の北部にあるロス・ベレスの自然公園シエラ・マリアの中心部に位置しています。Joya:AiRは、レジデンス参加者が周囲から創造、思考、探索、学習するための豊富な時間とスペースを提供します。
対象はビジュアルアート、ライティング、音楽、ダンス、キュレーター、映画などのさまざまな分野です。SimonaとDonna Beckmannによって2009年に設立された本プログラムは、ダイナミックで持続可能な創造活動が過去50年間に放棄された土地を再生するためにあるという基盤に基づいています。2009年以来、Joya:AiRは、600を超えるアーティスト等を迎えて活動し、年間3000時間以上の日光を浴びるヨーロッパで最も日当たりの良い地域の1つです。参加者はスタジオスペースと20ヘクタールの土地にアクセスできます。参加費には宿泊施設(バスルーム付きの個室)と食事が含まれており、収集や最寄りの公共交通機関への旅費も含まれています。

【応募締切】2019年11月17日(日)

【WEB】https://joya-air.org/apply/
24時間以内に締切

, Booooooom x Capture Photography フェスティバル:パブリックアート公募(バンクーバー/カナダ)

Booooooom x Capture Photography フェスティバル:パブリックアート公募(バンクーバー/カナダ)

【内容】

カナダ西部最大の写真関係のアートフェスティバルである「Capture Photography Festival」と提携し、バンクーバーのキングエドワードカナダライン駅の正面でパブリックアート展をキュレーションします。写真家またはレンズを使用した作品を制作するアーティストにとって大きなチャンスかもしれません。
選ばれたアーティストは、2020年のフェスティバルに参加し、彼らの作品はCapture Webサイトと2020 Captureカタログ(6,000部作成予定)で紹介されます。このアーティストはウェブサイト「Booooooom」でも紹介され、600カナダドルの料金が支払われます。

【応募締切】2019年11月25日(月)

【WEB】https://capturephotofest.com/public-art-open-call-capture-x-booooooom/
締切まで あと約 8 日

, 第14回 ARTE LAGUNA PRIZE 公募(イタリア)

第14回 ARTE LAGUNA PRIZE 公募(イタリア)

【内容】Arte Laguna srlは、MoCAと提携して、現代美術の普及促進を目的とした第14回 国際Arte Laguna賞を開催します。この賞は、外務省、文化財省、ヴェネト州、ヴェネツィア市等から支援を受け、イタリアの大統領からも勲章を得ています。受賞者は、賞金のほか、ヴェネツィアのアルセナーレ会場での主要な展覧会企画、国際的なアートギャラリーでの展示、企業とのコラボレーション、レジデンスプログラムへの参加、Webサイト artelaguna.worldへの参加、カタログの発行などを受けることができます。

【応募締切】2019年11月27日

【WEB】https://artelaguna.world/en/arte-laguna-prize-2019/
締切まで あと約 10 日

, Hafnarborgレジデンスプログラム公募(アイスランド/ハフナルフィヨルズゥル)

Hafnarborgレジデンスプログラム公募(アイスランド/ハフナルフィヨルズゥル)

【内容】Hafnarborgはハフナルフィヨルズゥル市のコレクションを行うために1983年に設立されたアートセンターです。市内中心部に位置する美術館の最上階にあるスタジオと滞在施設でアーティストインレジデンスプログラムを運営しています。海外からのアーティストによる研修も歓迎します。月の最初の日から最終日まで1か月を利用期限とします。参加費として500ユーロ。

【応募締切】2019年11月30日(土)

【WEB】https://hafnarborg.is/en/residency/
締切まで あと約 13 日

, 京都造形芸術大学 舞台芸術研究センター 2020年度共同研究(劇場実験型・リサーチ支援型)公募事業の募集

京都造形芸術大学 舞台芸術研究センター 2020年度共同研究(劇場実験型・リサーチ支援型)公募事業の募集

【内容】〈舞台芸術作品の創造・受容のための領域横断的・実践的研究拠点〉では、本拠点の研究理念である「ラボラトリー機能」に係る研究プロジェクトとして、2種類の研究事業を公募いたします。

【応募締切】2019年8月20日(火)23:59、2019年12月10日(火)23:59

【WEB】http://www.k-pac.org/kyoten/public/
締切まで あと約 23 日

, ヨコハマ創造産業振興助成 事務所開設奨励部門 募集

ヨコハマ創造産業振興助成 事務所開設奨励部門 募集

【内容】アーツコミッション・ヨコハマ(略称:ACY、公益財団法人横浜市芸術文化振興財団運営)は、“つなぐ、ふやす、アートの現場”を標語に、横浜市文化観光局が掲げる「文化芸術創造都市・横浜」施策に基づき、横浜都心臨海部にクリエイターを多数迎え、様々な担い手と協働し、実験的な取組を行い、横浜ならではの魅力を生み出すことに寄与しています。この一環として、本年度より創造産業振興のための助成を行います。本助成プログラムを通じて、革新的、創造的な取組を支援し、創造産業へ積極的に行動する街・横浜を目指します。事務所開設奨励部門は、革新的な取組を行うクリエイティブ企業が関内・関外地区に拠点を構えることに対する支援です。横浜から国内外に新たな取組を発信する挑戦をお待ちしております。

【対象分野】助成趣旨に合致し、下記要件を満たすクリエイティブ企業、但し3名以上の推薦人を必要とする。①法人格を有すること(従業者数3名以上)②国内外で顕著な業務実績がある、または業務実績があるクリエイターを有すること③申請時点において横浜市外に事務所があり、新たに図1にある対象区域内の建物に事務所を開設すること

【応募締切】2019月12月27日(金)まで随時 ※本制度は都度審査のため交付額が予算上限を超えた時点で受付は終了

【WEB】http://acy.yafjp.org/grants/raise/sozosangyo-jimusyo2019.html
締切まで あと約 40 日

, KAGANHOTEL 入居アーティスト募集

KAGANHOTEL 入居アーティスト募集

【公募テーマ】若手アーティストが住みながら創作活動ができる滞在型複合施設・河岸ホテルでは現在、3階の住居フロアに入居する若手アーティストを募集しています。スタッフ一同、ここにしか無い環境を準備して入居希望作家からのお問い合わせをお待ちしています。

【募集対象】原則入居時に38歳以下の現代アート作家

【入居家賃】残り1室45000円/月、残り3室55,000円/月(3階住居、地下階スタジオ利用料金を含む)

【共益費】8,000円/月 (水道、ガス、電気、インターネット、使用量や光熱費の値上げによる変動あり)

【応募締切】家賃の安い部屋は、お申し込み先着順

【WEB】https://kaganhotel.com/apply
締切まで あと約 44 日

, Unlisted Projects(UP) and The Museum of Human Achievement(MoHA)(テキサス/USA)

Unlisted Projects(UP) and The Museum of Human Achievement(MoHA)(テキサス/USA)

【内容】UPとMoHAはアーティスト等によるコミュニティ、およびアーティストが自由に利用できる便利なツールや施設を数多く運営しています。建物内には、暗室、コワーキングスペース、1000平方フィートのギャラリースペース、PAが設置された会場、旋盤機、VRヘッドセットなど、さまざまなオーディオ/ビジュアル機器が備わっています。ギャラリーと会場の両方で、月ごとの展覧会、週ごとのパフォーマンスイベント、エデュケーションプログラムも開催されます。UPのレジデンシーは、さまざまなメディアで制作を行う北米および国際的なアーティストのためのものです。社会活動家、学者、そして創造的で冒険心があり、喜んでオースティンに来て、ここでの経験が新しい活動に影響を与えることができる人なら誰でも、分野を問わず歓迎します。特に、社会に関わる活動かつ/または新しいメディアアートの実践をしているアーティストに関心があります。レジデンス滞在先は、1970年代の専用庭付きのエアコン付きトレーラーです。

【応募締切】2019年12月31日(火)滞在期間は2020年7月1日から9月30日 *年4回〆切あり。

【WEB】https://www.unlistedprojects.com/
締切まで あと約 44 日

, LUMINE meets ART AWARD 2019-2020

LUMINE meets ART AWARD 2019-2020

【内容】いつものルミネでちょっとした感動や非日常と出会う、LUMINE meets ARTも10年目を迎えました。「わたしらしくをあたらしく」に賛同してくれるアーティストたちが活躍する未来を目指して、ルミネのアート公募+展示企画「LUMINE meets ART AWARD 2019-2020」が始まります。

一般公募によりアート作品を募り、受賞作品はルミネ館内に展示します。奮ってご応募ください。

【応募締切】2020年01月05日 (日) 作品提出・応募締切

【WEB】https://www.lumine.ne.jp/lmap/post/LMAA/20191010/award2019-2020/
締切まで あと約 49 日

, おおさか創造千島財団 創造活動助成 for U30

おおさか創造千島財団 創造活動助成 for U30

【内容】大阪における創造活動を活発化するため、また大阪で活動する若手アーティスト、クリエイターを支援するため、活動資金の一部を助成金として交付します。ジャンルや活動の形態は問いません。社会に新たな視点や価値観を提示し、「創造活動」の定義をも問い直すような意欲的な活動を重点的にサポートします。

【対象者】創造的な活動を行う30歳以下(※)の個人または団体(法人格の有無、法人形態は問わない)

【助成金額】1件あたり30万円

【応募締切】2020年1月13日(月・祝)

【WEB】http://www.chishimatochi.info/found/for-u30/
締切まで あと約 57 日

, おおさか創造千島財団 スペース助成

おおさか創造千島財団 スペース助成

【内容】造船所跡地を改装した創造スペース「クリエイティブセンター大阪(CCO)」の中の象徴的なスペースを、創造活動の舞台として無償(※)で提供します。産業遺産という特殊なポテンシャルを持つ当施設の新たな魅力を引き出すような活動を募集します。活動資金の一部も助成金として交付します。
※特殊な技術・機器を使用する場合の追加費用は助成対象者の自己負担となります。

【対象】創造的な活動を行う個人または団体(法人格の有無、法人形態は問わない)

【助成金額】50万円

【応募締切】2020年1月13日(月・祝) 23:59まで メール申請のみ

【WEB】http://www.chishimatochi.info/found/space/
締切まで あと約 57 日

, 第22回写真「1_WALL」

第22回写真「1_WALL」

【内容】「表現」がますます多様化してきている現在、「表現する」ということに真剣に向き合う人たちと一緒に、新しい表現を考える場にしたいと思っています。そこには、ひとつひとつ壁を乗り越えていってほしいという気持ちと、壁一面に作品を表現してもらいたいという願いをこめました。
テーマ、手法は自由。指定のスペースに展示可能な作品。 他のコンテストで受賞及びまだ結果の出ていない応募中のものについては、応募作品として受け付けられません。判明次第、審査の対象から外させていただきます。但し、これまでの活動の紹介としてはポートフォリオまたはデータに含めていただいても構いません。

【応募資格】年齢35 歳以下、個人制作であること。

【エントリー受付】2020年1月13日(月)~2月7日(金)

【WEB】http://rcc.recruit.co.jp/gg/competition/1_wall/022_photo
締切まで あと約 82 日

, 「フィンランドセンターTelepART」助成プログラム

「フィンランドセンターTelepART」助成プログラム

【内容】フィンランドセンターではパフォーミングアーツのアーティストに対し「フィンランドセンターTelepART」助成プログラムを開始します。アーティストやパフォーマーの渡航費、生活費を補助します(上限1000ユーロ)。フィンランドセンターは、フィンランドと日本の芸術プロジェクトを促進しており、TelepARTの助成制度は、海外で活躍するパフォーミングアーティストをサポートしていきます。分野はパフォーミングアーツ、サーカス、音楽、コンテンポラリーダンス。本助成は迅速に支給され、プロジェクトが確定している主催者、演奏家、アーティスト、その代理人により申請できます。応募者は質の高い作品制作をおこない、少なくとも2カ国間のコラボレーションであること。高い芸術価値を発揮できなければなりません。生産は少なくとも2カ国の間のコラボレーションでなければなりません。TelepARTの申請申し込みは年間を通して募集しています。

【WEB】http://www.finstitute.jp/ja/2018/05/14/フィンランドセンターtelepart助成プログラム/
締切まで あと約 183 日

, ComPeung(チェンマイ/タイ)

ComPeung(チェンマイ/タイ)

ComPeungはタイで初めてのインディペンデントなレジデンスプログラムで2007年から継続中。100以上のアーティストが世界中から参加している。
≪対象≫ビジュアルアート(ジャンル問わず)、建築、パフォーミングアーツ、執筆、音楽
≪期間≫最低1ヶ月2ヶ月(新作の発展のための滞在のには2ヶ月を推奨)
≪費用≫30,000タイバーツ/月(スタジオ、滞在場所、3食、チェンマイ空港からの往復交通含む)
≪締切≫いつでも可能(ただし滞在期間の2ヶ月前までにオンラインで応募すること)
≪web≫http://www.compeung.org/artist-in-residence/
締切まで あと約 187 日

, Lakkos Artists residency(イラクリオン/ギリシャ)

Lakkos Artists residency(イラクリオン/ギリシャ)

【内容】

このレジデンスプログラムは様々なクリエイティブな活動をベストに導くフレキシブルな場所です。ミュージシャンにはミュージシャン、作家には作家、ペインターにはペインターと、それぞれ地元の方をを紹介しつなぎます。地元の歴史について研究したい考古学者も歓迎。滞在先は少し古い伝統的な家です。このプログラムはオーストラリア人のアーティスト、Mathew Halpinにより運営され、彼も滞在先に住んでいます。
滞在費は提案制、寄付として、将来的に建物の修復やアートプロジェクト等に使用します。キッチンには自炊のための道具は用意していますが、食事はつきません。同時に5組のアーティストまで受け入れ可。最低2週間滞在。

【締切】随時

【WEB】https://lakkosartistsresidency.weebly.com/residency.html
締切まで あと約 2099 日

助成: