ALLNIGHT HAPS 2015「逆流」・「DEMO」開催



東山 アーティスツ・プレイスメント・サービス(HAPS)では、2013年より毎年「ALLNIGHT HAPS」を開催し、今年で3年目となります。本企画は、HAPSオフィスの1階スペースにて終夜展示を行い、道路からウィンドー越しに観覧いただく独自の構成となっております。また同時に、若手アーティスト・若手キュレーターの養成を目的としております。
2015年度前期は、美術家、金氏徹平の企画による「逆流」、後期は、音楽家であり、数々のイベント企画運営を行ってきた山崎伸吾による「DEMO」を開催いたします。
第一期と第二期の間には両企画者によるフェスティバルの開催を予定しています。

▶チラシダウンロード(pdfデータ)
 


概要

▶第一期「逆流」


会期    2015年7月1日(水)~10月31日(土) 会期中無休
企画    金氏徹平
出展作家  TV Moore森千裕カワイオカムラ小金沢健人藤澤信輔京都市立芸術大学彫刻専攻ゼミ1金氏徹平(会期順)


▶第二期「DEMO」


会期    2015年11月7日(土)~2016年2月29日(月) 会期中無休
企画    山崎伸吾
出展作家  荒木優光金氏徹平小松千倫松見拓也梅田哲也(会期順)


展示時間  19:00〜10:00(翌日朝)
会場    HAPSオフィス1F(京都市東山区大和大路五条上る山崎町339)
主催    東山 アーティスツ・プレイスメント・サービス(HAPS)
支援    平成 27 年度文化庁文化芸術による地域活性化・国際発信推進事業
助成    公益財団法人 朝日新聞文化財団


FESTIVAL OMOIDE(OMO_FES)
日時    2015年10月31日(土)-11月1日(日)
      12:00 – 20:00
場所    HAPSオフィス
出演    ALLNIGHT HAPS参加アーティストたち(未定)、その他ゲスト大勢

チケット
1日券:1,500円
2日券:2,000円

本キュレーターである金氏徹平と山崎伸吾、そして参加アーティストによるフェスティバルを開催いたします。詳細は追ってお知らせします。乞うご期待!
http://haps-kyoto.com/omofes/


第一期「逆流」



【企画者:金氏徹平】
1978 年京都府生まれ。個展「溶け出す都市、空白の森」(2009、横浜美術館)など国内での発表のほか、海外での個展や企画展も多数。近年では、シンガポールビエンナーレ2011、北京での個展「Towering Something(2013、ユーレンス現代美術センター)」、「ザ・コンテンポラリー1われらの時代:ポスト工業化社会の美術(金沢21世紀美術館)」など。また、2011 年「家電のように解り合えない」(作・演出:岡田利規、出演:森山開次)、2013 年、ARICA+ 金氏徹平「しあわせな日々」(あいちトリエンナーレ2013 にて初演)にて舞台美術を手がける。teppeikaneuji.com

【企画に当たって】
「上と下、過去と未来、現実と幻想、明と暗、静と動などの逆流がおこる場所と時間がテーマ。」



出展作家/展示期間


TV Moore
7月1日(水)~ 13日(月)
シドニー大学(ビジュアルアーツ専攻)卒業、カリフォルニア芸術大学修了。世界中の美術館・ギャラリーなどで展覧会多数。絵画、ビデオ、フィルム、写真、演劇など複数のメディウムで制作を行っている。心理的空間、パフォーマンス、ナラティブ(物語叙述的)もしくは非-ナラティブな構造を用いながら、物語の中に物語、あるいは歴史の中にある歴史があるような無数の世界を表現している。主なグループ展に、韓国・釜山ビエンナーレ、第1回トリノトリエンナーレ(イタリア)、第16回シドニー・ビエンナーレなど。シドニー・ビエンナーレでの新作「エスケープ カーニバル」は、現在シドニーのコッカトゥー島に常設されている。また、ニューヨークで複数の重要なプロジェクトが進行中である。





森 千裕
7月14日(火)〜27日(月)
1978年大阪府生まれ、東京在住。2005年京都市立芸術大学大学院修士課程修了。都市社会で、さまざまなことが同時に起こっている、この世の中の現象を作品にしている。日常品で構成した立体作品、水彩や墨などを用いて描かれた平面作品、膨大なドローイングや言葉や写真などを収録した「森ブック」の刊行など、さまざまな表現形態で作品を発表している。
今回展示予定の映像作品では音楽をOORUTAICHIが担当している。
主なグループ展に「ALLLOOKSAME ?/ TUTTTUGUALE ?: Arte Cina Giappone Corea Art」(2006年、サンドレット・レ・レバウデンゴ財団、トリノ、イタリア)、「夏への扉- マイクロポップの時代」(2007年、水戸現代芸術館)、「絵画の庭─ゼ ロ年代日本の地平から」(2010年、国立国際美術館)、「MOTコレクション第2部 残像から-afterimages of tomorrow」(2013年、東京都現代美術館)、「六本木クロッシング2013」(2013年、森美術館)がある。chihiromori.com





カワイオカムラ
7月28日(火)〜8月6日(木)
京都市立芸術大大学院在学中の1993年にアートユニット「カワイオカムラ」結成。94年同大学院美術研究科修了。97年以降、アニメーションを主とする映像作品を制作するようになる。98年、国際展「どないやねん~現代日本の創造力」(パリ国立高等美術学校)に出品。2000年、テレビ東京「バミリオン・プレジャー・ナイト」の制作に参加。05年、短編映画祭「第1回Under 10 minutes Digital Cinema Festival」グランプリ受賞。主な個展に「カワイオカムラマ?サマータイムブルースアニメーション?」(07年、京都芸術センター)、個展「クリテリオム71」(07年、水戸芸術館)。2011年、映画祭「現代日本映画番外編〝関西からの声〟」(パリ日本文化会館)、2012年には「第65回ロカルノ国際映画祭」短編部門特別プログラムに正式招待された。





小金沢健人
8月7日(金)〜21日(金)
1974年東京都生まれ、ベルリン(ドイツ)在住。武蔵野美術大学映像学科卒業後ドイツに渡り、以来ベルリンを拠点に活動を続ける。映像、ドローイング、インスタレーションなど多様な表現メディアを用いた作品群を国内外で発表している。国内では、主な個展に「あれとこれのあいだ」(2008年、神奈川県民ホールギャラリー)、「Dancing in your head」(2004年、資生堂ギャラリー)。主なグループ展に「横浜トリエンナーレ2008」(新港ピア)、「六本木クロッシング2010展:芸術は可能か?」(森美術館)、「ザ・コンテンポラリー1われらの時代:ポスト工業化社会の美術」(金沢21世紀美術館)など。





藤澤信輔
8月26日(水)〜9月24日(木)
2004年京都市立芸術大学美術学部美術科彫刻専攻卒業。イメージと造形行為全般との関係から生じる自由意志について思考し、実践している。個展「イメージすること映像について歩きながら考える。」(2010年、同時代ギャラリー)、グループ展「境谷小学校作品展」(2013年)

*以下の時間のみ、鑑賞者が会場内に自由に入ることができます。
・8月29日、9月5日、12日、19日(土)12:00〜19:00(9月12日のみ夜間21時まで開場)





京都市立芸術大学彫刻専攻ゼミ1(川瀬鮎美、君嶋紗帆、楠井沙耶、辻村知夏、御厨阿未、宮木亜菜)
9月26日(土)〜10月12日(月)
「池の中でロクロール」
池に波が立つ。寄せては返す池の波は形を変え、どこまでも波紋を広げていく。
私たちはこの場所をいくつかの視点から眺めた。その視点によって絶えることなく変化し続けるそれぞれの場所は決して鳴り止まない。
いくつもの場所が提示され、間を繋ぎとめるひとつの波があったとき、それは大きくうねり出す。
一つの空間・一つのユニットを共有し、視点がずれていくようにリレー形式で行われる5つの展示と、それをつなぐ展示替えパフォーマンス。
断絶されることなく行われる“見る・見られる”の提示と変換によって生まれる新しい視点の獲得を目指します






撮影:守屋友樹

金氏徹平
10月16日(金)〜30日(金)
プロフィール





第二期:「DEMO」



【企画者:山崎伸吾】
1978年倉敷市水島生まれ。音楽家/ディレクター。
京都を拠点に、音楽・美術・工芸・デザインなどを行う人たちと共同し企画を行う。
京都精華大学卒業後から環境や社会・アート・ライフスタイルをテーマにしたトークイベント、
先鋭的なアーティストを集め開催したフェス型音楽イベント、ショップ/ギャラリーが併設されたスペースの運営など、数多くのプロジェクトを行う。
現在は、地域に根ざしたものづくりに強い関心を持ち、主に伝統産業の分野で作り手に寄り添ったプロジェクトを行う。伝統工芸を中心とした若手工芸家のための育成プログラム「京都職人工房」、京都のデザインカルチャーWEBマガジン「Refsign Magazine Kyoto」、21世紀の公民館をコンセプトにしたスペース「Social Kitchen」のディレクターを担当。
その他、音楽家として双子の未亡人、モノクロームサーカス、高嶺格などのダンス/パフォーマンス作品に参加。バンドGTSVLではドラムを担当している。

【企画に当たって】
「集団での示威運動としてのデモンストレーションと、試聴盤としてのデモテープの2つの意味を持つ「DEMO」。また、[democratic]など制度または概念としての「民主主義」にまつわる言葉群にもつながる。今後、アーティストが放つアイデア(作品)が既成の制度に向けた試験的な運動へと変容していくと面白いだろうなという願いのような出会いのような。」



出展作家/展示期間


荒木優光
11月7日(土)〜23日(月)
1981 年山形県生まれ。京都造形芸術大学 映像・舞台芸術学科卒業。音に関する作品 を作る。主な作品に 2015 年「sunroof〈代理シャウトのオーディオシステム〉」、2014 年「ダイアローグ no.1~no.6」、2013 年「パブリックアドレス-音場 2」「Public Address/パブリックアドレス」、2012 年「横断の調べ – 福島の海岸へ釣りに行った 男」「煙にまかれたジュークボックス」、2011 年「@アッチ&コッチ~N 市からの呼び声」、記録音源 「HIROSHIMA-HAPCHEON」など。他、舞台作品や映像作品における音響多数。2014 年、記録にまつわる作業集団「archives pay」発足。バンドNEW MANUKE のメンバー。





金氏徹平
11月28日(土)〜12月14日(月)
プロフィール





小松千倫
12月19日(土)〜2016年1月18日(月)
1992年高知県生まれ、2015年京都市立芸術大学大学院修士課程絵画専攻構想設計在籍中。16歳の頃よりReaperを使用したサンプリングコラージュ、フィールドレコーディング、プロセッシングされたノイズ・音響作品を制作、高校時代よりmix CDの制作、ネット上での公開を開始。Madeggとしては、2012年 flauより1st 『Tempera』をTシャツにDLリンクという形式でリリースし、英MixmagのBest Album of Monthに選出されるなど欧米を中心に高い評価を得る。Sonar Sound 2013 Osaka/Tokyo 両公演に20歳の最年少記録で出演。2015年より、IdleMomenstと共同主催で『INTEL』をオーガナイズし、D/P/IやTCF等のアーティストを招聘。自身のレーベル『NOCREDIT』の運営をスタートした。また、知覚領域の内外における『音』をテーマにしたインスタレーション作品、映像作品、平面作品の発表、グラフィックデザイン、リトルプレスの制作も行う。
http://kazumichi-komastu.tumblr.com/





松見拓也
1月23日(土)〜2月8日(月)
1986年生まれ。京都精華大学デザイン学部卒業。
2010年よりパフォーマンスグループcontact Gonzoに加入。同年、NAZEと共に犯罪ボーイズ、鏡世界社を結成。フリーランスのデザイナー、フォトグラファーとして活動している。現在HAPSスタジオを活用中。






HOTEL NEW OSOREZAN 2013/Ota Fine Arts SINGAPORE

梅田哲也
2月13日(土)〜2月29日(月)
1980年熊本県生まれ、大阪を拠点に活動中。展覧会やライブパフォーマンス、即興演奏など、様々な形態で活動を展開。ミュージシャンや美術家とのコラボレーションも多数実践している。音や光などシンプルな物理現象を拡張するように、独自のライブ空間を築くアーティスト。近年の主な個展に、「クリテリオム」(2008年、水戸芸術館)、「大きなことを小さくみせる」(2011年、神戸アートビレッジセンター)など。主なグループ展では、「あいちトリエンナーレ2010」(二葉ビル、名古屋)、「Double Vision: Contempoary Art From Japan」(2012年、モスクワ市近代美術館)などにも参加し、近年では「十和田奥入瀬芸術祭」(2013年)でも注目を集めた。