公募・助成・レジデンス

国内外のアーティスト・イン・レジデンスや、助成金等の公募情報を掲載していきます。
詳細は各ホームページのリンクをご確認ください。
ご質問等は各団体にお問い合わせください。

過去の募集要項はこちらからご覧ください ▶

, アーティスト・イン・レジデンス「自主活動プログラム2020冬季」「招聘プログラム2020春季」公募

アーティスト・イン・レジデンス「自主活動プログラム2020冬季」「招聘プログラム2020春季」公募


【内容】ゆいぽーと(新潟市芸術創造村・国際青少年センター)では、滞在型の創作活動を行う芸術家等を国内外から募集、支援することで、創造性に富んだ人材が集まりやすい環境づくりを進め、新潟市の魅力を国内外に発信することと共に、滞在する芸術家等と市民が交流することで地域の自然や歴史、文化の魅力を再発見し、地域の誇りづくりや愛着づくりにつなげることを目的に、アーティスト・イン・レジデンス事業を実施します。

【応募締切】2019年9月30日(月)【必着】

【WEB】https://www.yui-port.com/information.php?q=1828
締切まで あと約 42 日
, Kavli Institute レジデンスプログラム フェローシップ公募 2020(オランダ/デルフト)

Kavli Institute レジデンスプログラム フェローシップ公募 2020(オランダ/デルフト)


【対象分野】コンセプチュアルアート、ビジュアルアート、写真、音楽、デザイン、ダンス、映画、演劇、または詩の分野で国際的に活躍する才能あるアーティストに、国際的かつ学際的なナノサイエンス・デルフト・カブリ研究所(KIND)でプロジェクトに取り組む機会を提供します。滞在者は、約3か月間KINDに滞在するよう招待されます。その間、滞在者は研究所の科学者と密接に交流し、仕事の議論に参加し、実験室での仕事などを体験します。 AIRプログラムのフェローシップにより、KINDのナノサイエンスに関連する芸術作品が生まれることが期待されています。

【応募締切】2019年9月30日(月)

【WEB】http://kavli.tudelft.nl/kavli-artist-residence/
締切まで あと約 42 日
, 京都国際映画祭 コンペティション企画「クリエイターズ・ファクトリー」【アート部門】

京都国際映画祭 コンペティション企画「クリエイターズ・ファクトリー」【アート部門】


【内容】

〝次世代を担う人材・才能〞の発掘・育成を目的としたコンペティション企画「クリエイターズ・ファクトリー」を今年も実施し、映像・アートの分野から幅広いジャンルのクリエイターの皆様の参加を募っています。本プロジェクトの実施を通して、映像、音楽、絵画、写真、アニメ、CG、ファッション、工芸など様々なジャンルのクリエイターが表現できる場を作り、才能あるクリエイターの発掘、育成を目指し、世界に発信していきたいと思っております。映像以外のアート作品としては、絵画、工芸、写真、立体造形など多岐に亘るジャンルが応募対象となります。
「アート部門」については、絵画や立体造形、映像作品も含む様々なジャンルのアーティストによる応募が可能です。アート部門優秀賞 賞金50万円

【応募締切】2019年9月20日(金) ※必着

【WEB】https://2018.kiff.kyoto.jp/cf2019.html
締切まで あと約 32 日
, 「日本財団 DIVERSITY IN THE ARTS 公募展」作品を募集

「日本財団 DIVERSITY IN THE ARTS 公募展」作品を募集


【内容】日本財団 DIVERSITY IN THE ARTS は、誰もが参加できるインクルーシブな社会の実現を目指し、障害のある方のアート活動を中心に多様性の意義と価値を広く伝え、越境や交錯、交歓の喚起を導くプロジェクトに取り組んでいます。この公募展は、2018年度より始動しており、障害のある方が制作した過去に受賞歴のない作品を募集します。昨年度は、国内外から、2,256点の応募がありました。絵画、イラスト、グラフィックデザイン、書、写真、造形など。素材やテーマは自由です。審査は、7名の美術家や美術関係者が、各々の領域の知見で作品を選定します。また、入選作品は、昨年度同様、東京・横浜のギャラリーでの公開を予定しています。既成概念や美術史に影響されない、心揺さぶるような作品のご応募をお待ちしております。
【対象分野】

国内外を問わず、障害のある方が制作したアート作品で過去に受賞歴のない作品。
応募資格:作者本人または親権者(未成年)、保護者、後見人もしくは作者から作品の使用権を移譲された法人。

【応募締切】2019年9月20日(金)

【WEB】https://www.diversity-in-the-arts.jp/news/14239
締切まで あと約 32 日
, 第23回 岡本太郎 現代芸術賞

第23回 岡本太郎 現代芸術賞


【内容】1954年、岡本太郎43歳のときに出版された『今日の芸術』。この本には、「時代を創造する者は誰か」というサブタイトルがつけられていました。1996年、岡本太郎没、享年84歳。その直後、岡本太郎記念現代芸術大賞 (2006年 岡本太郎現代芸術賞に改称) 、通称「TARO賞」が創設されました。彼の遺志を継ぎ、まさに「時代を創造する者は誰か」を問うための賞。今年は第23回をむかえます。「時代を創造する者は誰か」―この半世紀前の太郎の真摯な問いかけを胸に刻んで、創作活動に邁進する方々の、幅広い応募を呼びかけたいと思います。応募規定に沿う作品であれば、その形状、技法等はまったく自由。美術のジャンル意識を超え、審査員を驚かす「ベラボーな」(太郎がよく使った言葉です)作品の応募を期待しています。

【応募締切】2019年9月15日(日)

【WEB】http://www.taro-okamoto.or.jp/info/taroaward.html
締切まで あと約 27 日
, 2019年S-AIR アワード第1弾 中国での滞在制作プログラム参加アーティスト募集

2019年S-AIR アワード第1弾 中国での滞在制作プログラム参加アーティスト募集


【内容】NPO法人S-AIRでは、上海近隣の古都である江蘇省崑山市錦渓鎮に昨年設立されたばかりのPoints Center for Contemporary Art(崑山市)との連携により、同センターでのレジデンスプログラムへの参加アーティストを募集します。現代美術の文脈であればどんな分野のアーティストでも対象となります。全国からのご応募をお待ちしています。Points Center for Contemporary Art(PCCA)は、2017年に設立され、国際的なレジデンスプログラム、アーカイブプロジェクト、展覧会、現代アートの教育普及活動を軸にした活動を行っています。PCCAがある崑山市錦渓鎮は、上海から車で約1時間のところに位置する千年以上の歴史を持つ古い町。橋、運河、建築が密集し、その景色は何百年も変わっていません。同センターは「芸術の中の生活」を提唱し、世界中からの招へいアーティストの創造活動と生活をサポートしながら地域の芸術文化とつなげ、市民が現代アートと交流するための環境とプラットフォームづくりに貢献します。このエクスチェンジプログラムは、中国上海を拠点とするoffice339の協力を得て、実施するものです。

【応募締切】2019年9月1日(土)

【WEB】https://sairblog.wordpress.com/2019/08/10/pcca_opencall/
締切まで あと約 12 日
, シェル美術賞2019

シェル美術賞2019


【内容】シェル美術賞は、美術界に大きな影響を与えたシェル美術賞(1956年~1981年)、および昭和シェル現代美術賞(1996年~2001年)の合計31回の実績を経て、2003年に再開し、本年48回目の開催となる現代美術の公募展です。次世代を担う若手作家のための美術賞であり、創設当初より完全な公募制で実施しています。現在では「若手作家の登竜門」として、美術界で高い評価を頂いています。2019年は創設63年目を迎え、新任2名を含む計5名の審査員による多彩な視点からの審査、学生支援企画、また、昨年からスタートした「レジデンス支援プログラム」を本年も実施します。当社は、次世代育成を軸としたメセナ活動である「シェル美術賞」を通じて、若手作家の活躍を継続的に支援し、美術界の発展に貢献したいと考えています。今後も、無限の可能性を秘めた若手作家の応募と、受賞作家の方々の更なる飛躍を期待しています。

【応募締切】2019年8月30日(金)

【WEB】https://www.idss.co.jp/enjoy/culture_art/art/about.html
締切まで あと約 11 日
, ゲンビ『広島ブランド』デザイン公募

ゲンビ『広島ブランド』デザイン公募


【内容】「ゲンビ『広島ブランド』デザイン公募」は広島にちなんだモノ・コトにまつわるデザイン案を募集し、すぐれた作品を展覧会として紹介するオープン・プログラムです。広島の名産品や風土、文化をテーマとし、デザインの観点から発展させた新たな「広島ブランド」のアイデアを募集します。

【対象分野】広島が誇る名産、風土、文化がもたらす暮らしの豊かさを、よりいっそう高めるデザインアイデアとそのプレゼンテーションとしての展示プランを募集します。建築、プロダクト、グラフィック、ファッションなど、デザインのジャンルは問いません。

【応募締切】2019年11月12日(火)(必着)

【WEB】https://www.hiroshima-moca.jp/h-brand/application.html
締切まで あと約 85 日
, 川村文化芸術振興財団 2020年度ソーシャリー・エンゲイジド・アート支援助成

川村文化芸術振興財団 2020年度ソーシャリー・エンゲイジド・アート支援助成


【目的】「ソーシャリー・エンゲイジド・アート支援助成」は、コミュニティや社会にコミットし、地域社会や住民とともに制作や活動を実施し、より良い社会モデルの提示や構築を目指す日本国内で実施されるソーシャリー・エンゲイジド・アートプロジェクトに対して助成します。これにより芸術文化と社会との関係性をさらに深化させ、日本における文化の発展向上に寄与することを目的とします。

【助成内容】

採択件数:1件〜複数件 助成額:上限450万円 ※助成金は数回に分けて支給いたします。

助成期間:2020年4月1日〜2021年3月31日

【応募締切】2019年10月27日(日) 18時まで(※日本時間)

【WEB】http://www.kacf.jp/guideline.html
締切まで あと約 68 日
, THEATRE E9 KYOTO 第1期アソシエイトアーティスト募集

THEATRE E9 KYOTO 第1期アソシエイトアーティスト募集


【内容】THEATRE E9 KYOTOは、舞台芸術作品を共に創造するアソシエイトアーティストを募集いたします。契約期間は3年間とし、THEATRE E9 KYOTOとstudio seedboxを稽古及び上演にご活用いただきます。また今後、毎年度毎に1名の追加募集をしていく予定です。2020年代における舞台芸術作品とは何か、私たちが求める創造環境とは何か?とりわけ民間劇場における公共性について共に考えていきたいと思います。皆様よりのご応募をお待ちしております。

【募集内容】

・THEATRE E9 KYOTOの1週間の劇場使用料無料
・studio seedboxの3週間の使用料無料
但し、いずれも電気代は実費をご負担いただきます。

・広報やプロモーションの協力
クレジットは「共催」となります。独自のファンドレイズを推奨します。

【応募締切】2019年9月9日

【WEB】https://askyoto.or.jp/info/1296?fbclid=IwAR1nEJy_rdlMMD7STxWw65WuQQTs2aAXwmq4C_pAAML5ZgvUu4B4NwA_QY8
締切まで あと約 21 日
助成: