公募・助成・レジデンス

国内外のアーティスト・イン・レジデンスや、助成金等の公募情報を掲載していきます。
詳細は各ホームページのリンクをご確認ください。
ご質問等は各団体にお問い合わせください。

過去の募集要項はこちらからご覧ください ▶

, Gallery PARC Art Competiton 2020

Gallery PARC Art Competiton 2020


【内容】Gallery PARC[ グランマーブル ギャラリー・パルク ]では、ジャンル・形式を問わず幅広いクリエイターから展覧会プランを公募し、採択されたプランを展覧会として実施する「 Gallery PARC Art Competition 2020 」を開催いたします。

【対象分野】個展・グループ展などの展覧会形式、作品ジャンル・応募者の年齢・居住地・国籍など不問。アーティスト、グループ、キュレーターからの応募も可能。

【応募締切】2020年1月25日(土)必着

【WEB】http://www.galleryparc.com/competition/competition_2020/PAC2020_1.html
締切まで あと約 45 日
, sanwacompany Art Award / Art in The House 2020

sanwacompany Art Award / Art in The House 2020


【内容】現代アートの分野で活躍する新進気鋭のアーティストをサポートすると共に、より良い LIFE スタイル「アートのある暮らし」を提案する作品展示プランを公募します。作品は外苑前駅すぐの、サンワカンパニー東京ショールーム内、23.6㎡の空間に展示し、さらに今年は大阪ショールームへ巡回します。平面や彫刻、インスタレーションなど作品形態は問いません。より良い LIFE スタイルを想起出来るような作品展示プランをお待ちしております。

【展示作品】1プラン(作品形態、数は自由)※ファイナリストの作品もショールーム内に展示

【応募締切】2020年1月10日 (金) 23:59迄必着

【WEB】https://www.artlogue.org/node/8563
締切まで あと約 30 日
, The Rijksakademie Residency レジデント募集(アムステルダム/オランダ)

The Rijksakademie Residency レジデント募集(アムステルダム/オランダ)


【内容】ライクスアアカデミーは年間50組のアーティストにリサーチ、実験、制作のためのスペースを提供する。全てのアーティストはスタジオを活用でき、奨学金(2019年実績では12,800ユーロ)、制作費(2019年度実績では1500ユーロ)が支給される。滞在場所は別途紹介をおこなう。

【対象分野】数年のキャリアのあるアーティスト。25歳から35歳でアートの教育を受けて、また卒業後3~5年間活動している方が主な対象。オランダの別の教育機関(Rijksakademieのような教育機関)に参加していたアーティストは対象外です。

【応募期間】2020年1月1日(水)~2月1日(土)

【WEB】http://www.rijksakademie.nl/ENG/residency/aanmelden/
締切まで あと約 52 日
, 浜松市鴨江アートセンター アーティスト・イン・レジデンス アーティスト・クリエイター募集

浜松市鴨江アートセンター アーティスト・イン・レジデンス アーティスト・クリエイター募集


【内容】普段と異なる環境で制作することで新たな表現を生み出そうとするアーティストやクリエイターを支援するため、浜松市鴨江アートセンターの制作場所を無償で提供します。

【期間】前期:2020年5月1日~2020年8月31日、後期:2020年11月1日~2021年2月28日
※臨時休館などで使用できない期間があります。

【応募締切】2020年1月31日(当日必着)

【WEB】http://www.kamoeartcenter.org/information/artistinresidence2020/
締切まで あと約 51 日
, Rijksmuseum アムステルダム国立美術館 フェローシップ募集(アムステルダム/オランダ)

Rijksmuseum アムステルダム国立美術館 フェローシップ募集(アムステルダム/オランダ)


【内容】アムステルダム国立美術館のフェローシッププログラムは、次世代の博物館専門家、すなわち将来のオランダの芸術、歴史、博物館学の理解をさらに深める、探究心ある専門家を募集します。各種旅費等に活用できるフェローシップは調査ジャンルにより異なる。要確認。

【応募締切】2020年1月19日(日)

【WEB】https://www.rijksmuseum.nl/en/fellowships?&utm_campaign=uitnodiging&utm_medium=email&utm_source=20191024_PR_Rijksmuseum_Fellowship_Programme_exten
締切まで あと約 39 日
, Towner International 2020 参加アーティスト公募(イーストボーン/UK)

Towner International 2020 参加アーティスト公募(イーストボーン/UK)


【内容】

Towner Internationalは、2020年にTownerアートギャラリーで開催される現代美術の2年に1回開催される展覧会。英国および国際的なアーティストを募集しています。展示アーティストの1人に£10,000の大賞が授与されます。ペインティング、ドローイング、プリント、彫刻、サウンド、パフォーマンス、写真、フィルム、インスタレーションを含む、これらに限定されないすべてのメディアの領域で活動するプロのアーティストからの応募をお待ちします。参加費は無し。制作費として250ポンド支給。

【応募締切】2020年1月17日(金)

【WEB】https://www.townereastbourne.org.uk/exhibition/towner-international-2020/
締切まで あと約 37 日
, FILE 2020 参加作家公募(サンパウロ/ブラジル)

FILE 2020 参加作家公募(サンパウロ/ブラジル)


【内容】FILEは非営利団体として、2000年より展示会、ワークショップ等のイベントを実施しています。毎年、国内および国際的なイベントへの参加に加えて、FILEをサンパウロでラテンアメリカ最大の電子アートイベントとして開催しています。2020年に向けて、アーティストやリサーチャーによる、インタラクティブアート、デジタル言語、電子ソノリティ、ワークショップ、シンポジウム、Led Show 等の分野で公募します。

【応募締切】2020年1月14日(火)

【WEB】https://file.org.br/highlight/opencall_file2020/
締切まで あと約 34 日
, 第15回 タグボートアワード

第15回 タグボートアワード


【内容】アーティストの作品を見せる機会とキャリアアップの機会を提供するために、タグボートがこれまで定期的に開催してきたTAGBOAT AWARD。今年は15回目となります。今年も昨年に引き続き、著名なギャラリスト、アーティスト、コレクターなどに審査員としてご参加いただきます。また、一次審査を通過した入選者によるグループ展を開催するだけでなく、グランプリ、準グランプリ受賞者および審査員特別賞の6名は台北での展覧会開催も予定しているなど、海外でのキャリアを築ける機会となっています。プロのアーティストを目指している皆様の、活気溢れる作品をお待ちしています。参加費7700円

【応募締切】2020年01月13日 (月) 作品提出・応募締切

【WEB】http://www.tagboat.com/artevent/tagboataward15th.php
締切まで あと約 33 日
, 第12回 国際陶磁器展 美濃 公募

第12回 国際陶磁器展 美濃 公募


【内容】「第12回 国際陶磁器展 美濃」は、陶磁器のデザイン・文化の国際的な交流を通じて、陶磁器産業の発展と文化の高揚に寄与することを目的に開催される国際的なコンペティションです。コンペティションにて選ばれた約180点の優れた作品は、2020年の9月から10月にかけて、岐阜県多治見市のセラミックパークMINOで展示し、国内はもとより海外からも多くのお客様をお迎えしたいと考えています。近年、陶磁器の分野にも、新素材、新技術、領域のボーダーレス化などによる新たな発展が期待されています。従来にも増した斬新な提案、そしてやきものの未来を切り拓く作品を奮ってご応募ください。

【テーマ】やきもののゆくえ

【応募締切】2020年01月10日 (金) 作品提出・応募締切 17:00まで

【WEB】https://www.icfmino.com/icc/
締切まで あと約 29 日
, Arteles レジデンスプログラム「Back to Basics」公募(ハメーンキュロ/フィンランド)

Arteles レジデンスプログラム「Back to Basics」公募(ハメーンキュロ/フィンランド)


【内容】夏の美しい自然に囲まれた施設に滞在し、インターネットや携帯電話の使用が制限されるオフラインの環境の下で行われるレジデンスプログラム。このプログラム「Back to Basics」では、参加者は事前に何を行うのか計画を立てずに、滞在中に同様の志向をもつアーティストと共にリサーチ、会話、自己反省と発展のために集中して過ごすレジデンス期間を経験できます。住宅とスタジオスペースが提供される。

【対象分野】ヴィジュアルアート、ニューメディア、サウンド&音楽、舞台芸術、デザイン、建築、文学、研究、哲学

【応募締切】2020年1月9日(木)

【WEB】https://www.arteles.org/back_to_basics_residency.html
締切まで あと約 29 日
助成: