公募・助成・レジデンス

国内外のアーティスト・イン・レジデンスや、助成金等の公募情報を掲載していきます。
詳細は各ホームページのリンクをご確認ください。
ご質問等は各団体にお問い合わせください。

過去の募集要項はこちらからご覧ください ▶

, 月刊美術 Presents 美術新人賞「デビュー2018」

月刊美術 Presents 美術新人賞「デビュー2018」


美術新人賞「デビュー」は、美術雑誌「月刊美術」が主催するコンクールです。将来プロとして活躍する画家を育てたいという思いから2013年にスタートしました。美術雑誌だからこそできる若手支援とは何かを考え、賞金を授与するだけでなく、雑誌上で継続的に紹介したり、画廊や美術関係者との橋渡しをすることで、みなさんの画家としての活躍を後押ししていきます。
【賞】グランプリ(1名) 賞金30万円、銀座の企画画廊にて個展開催 ほか
【締切】2017年10月20日 (金) 作品提出・応募締切、必着
【web】http://www.gekkanbijutsu.co.jp/debut/美術新人賞%E3%80%88デビュー2018〉%E3%80%809月1日エントリー開始/
締切まで あと約 1 日
, ポーラ美術振興財団 平成30年度 若手芸術家の在外研修助成

ポーラ美術振興財団 平成30年度 若手芸術家の在外研修助成


若手美術家の海外での研修を援助、助成し、更に活発な創作活動を奨励しようとするものです。研修指導者のもとで研修に専念するものとします。
【応募資格】絵画、彫刻、工芸等の創作に従事している者、平成30年4月1日現在で年齢20才以上35才以下であること、ほか
【助成額】1名あたり12ヶ月で340万円以内
【応募期間】2017年10月2日(月)〜11月10日(金) 必着
【web】http://www.pola-art-foundation.jp/grants/zaigai.html
締切まで あと約 22 日
, ThalieLab レジデンス公募(ベルギー/ブリュッセル)

ThalieLab レジデンス公募(ベルギー/ブリュッセル)


「Thalieアート財団」はブリュッセルを拠点にした財団です。社会的影響やイノベーションを推進するための実践を行い、政治的な領域と日々の生活両方について検討し、介入し、実践するアーティストを招聘。彼らによるソーシャリー・エンゲイジド・アートをサポートすることをミッションとしています。
今回は、食の生産の新しい形や職人の実践による考察に基づき、過度な消費社会を減速するためのシェアリング・エコノミー(リサイクル、テキスタイル、立体、食等)についての、社会的影響を与えるプロジェクトを探求するアーティスト、キュレーター、デザイナーやシェフ等を募集します。2人の参加者を選び、10000ユーロの制作費の支給、ブリュッセル内のThalieLabのワークスペース、滞在場所を提供します。

【応募期間】2017年8月10日〜10月31日(火)
【web】http://www.thalielab.org/en/call-for-proposal/de-la-transition-ecologique-a-la-decroissance-du-bon-usage-de-lart#.WX9BaMbANE4
締切まで あと約 12 日

一般財団法人 川村文化芸術振興財団 平成30年度ソーシャリー・エンゲイジド・アート支援助成


一般財団法人川村文化芸術振興財団は、文化芸術により人々の創造性や表現力を育み、よりよき社会の構築を目指すために 2017年2月15日に設立されました。当財団は優れた能力を有する芸術家に対し活動を支援し、これまで培われてき...

Read More
, FACE 2018 損保ジャパン日本興亜美術賞

FACE 2018 損保ジャパン日本興亜美術賞


第6回目となる「FACE 2018(損保ジャパン日本興亜美術賞)」では、「年齢・所属を問わず、真に力がある作品」を公募します。美術評論家を中心とした審査員の厳正な審査により、「将来国際的にも通用する可能性を秘めた」作品約70点を入選作品とし、その中から合議制でグランプリ、優秀賞、読売新聞社賞を選出。各審査員が審査員特別賞を決定します。
【賞】グランプリ(1点)賞金300万円、ほか
【応募期間】2017年9月18日〜10月22日 (日)
【web】http://www.sjnk-museum.org/face
締切まで あと約 3 日
, 第21回 岡本太郎現代芸術賞(TARO賞)

第21回 岡本太郎現代芸術賞(TARO賞)


時代を創造する者は誰か!
1954年、岡本太郎43歳のときに出版された『今日の芸術』。この本には、「時代を創造する者は誰か」というサブタイトルがつけられていました。1996年、岡本太郎没、享年84歳。その直後、岡本太郎記念現代芸術大賞 (2006年 岡本太郎現代芸術賞に改称) 、通称「TARO賞」が創設されました。彼の遺志を継ぎ、まさに「時代を創造する者は誰か」を問うための賞。今年は第21回をむかえます。「時代を創造する者は誰か」―この半世紀前の太郎の真摯な問いかけを胸に刻んで、創作活動に邁進する方々の、幅広い応募を呼びかけたいと思います。
応募規定に沿う作品であれば、その形状、技法等はまったく自由。
美術のジャンル意識を超え、審査員を驚かす「ベラボーな」(太郎がよく使った言葉です)作品の応募を期待しています。
【賞及び賞金】岡本太郎賞(1名)200万円、ほか
【応募期間】2017年7月15日~9月15日
【web】http://www.taro-okamoto.or.jp/info/taroaward.html
締め切られました
, LUMINE meets ART AWARD 2017

LUMINE meets ART AWARD 2017


「ルミネを飾るアート作品/以下の4部門で作品を募集
(1)ウィンドウ部門(1名)(2)インスタレーション部門(2名)(3)映像部門(1名)(4)ウォール部門(1名)
【各賞】全部門の中から各賞を選出。グランプリ(1名)/賞金100万円ほか
【審査員】尾形 真理子(コピーライター 、クリエイティブディレクター)、小池 博史(イメージソース代表)
小山 登美夫(小山登美夫ギャラリー代表)、堀 元彰(東京オペラシティアートギャラリーチーフ・キュレーター)
【展示時期】2018年1月
【締切】2017年8月31日(木)
【web】http://www.lumine.ne.jp/lma/award/?utm_source=touryumon&utm_medium=2017
締め切られました
, Arc/WALK & TALK/4日間のレジデンス(スイス/ロマンモティエ=アンヴィー)

Arc/WALK & TALK/4日間のレジデンス(スイス/ロマンモティエ=アンヴィー)


Arcはリサーチと対話のためのレジデンスです。素晴らしい風景に囲まれ、その美しい緑の中でのウォーキングは議論に資するでしょう。WALK & TALKは、ある問題について別の分野の専門家と議論したいアーティストや文化実践者のためのプログラムです。電車の旅費、滞在場所と食事、スタジオを提供します。
【締切】レジデンス希望日の2ヶ月前まで
【web】http://www.arc-artistresidency.ch/en/residencies/walk-talk
締切まで あと約 163 日
, International Program at ISCP(ニューヨーク/アメリカ)

International Program at ISCP(ニューヨーク/アメリカ)


世界中のアーティスト、キュレーターが応募できるレジデンスプログラム。24時間利用可能な家具付きのスタジオを提供(住居は別)。滞在アーティストは批評家訪問、フィールドトリップ、サロンへの参加、オープンスタジオの機会がコアなプログラムとして与えられる。
3つの応募方法:
1)パートナーを見つけてそこから応募する 2)ISCPによる公募 3)直接応募
1の場合、レジデンス希望者は一般的に3〜12ヶ月の間で政府や、団体等からの助成を得て参加します。
2はほとんどNYのアーティスト対象。
3の場合は、直接メール等でやりとり。ファンドやビザ等の目処をしっかり立てておくこと。文化庁やポーラ等の締め切りは随時。
【web】http://iscp-nyc.org/apply
締切まで あと約 163 日
, ComPeung(チェンマイ/タイ)

ComPeung(チェンマイ/タイ)


ComPeungはタイで初めてのインディペンデントなレジデンスプログラムで2007年から継続中。100以上のアーティストが世界中から参加している。
≪対象≫ビジュアルアート(ジャンル問わず)、建築、パフォーミングアーツ、執筆、音楽
≪期間≫最低1ヶ月2ヶ月(新作の発展のための滞在のには2ヶ月を推奨)
≪費用≫30,000タイバーツ/月(スタジオ、滞在場所、3食、チェンマイ空港からの往復交通含む)
≪締切≫いつでも可能(ただし滞在期間の2ヶ月前までにオンラインで応募すること)
≪web≫http://www.compeung.org/artist-in-residence/
締切まで あと約 946 日