公募・助成・レジデンス – 国内 – 京都市内

国内外のアーティスト・イン・レジデンスや、助成金等の公募情報を掲載していきます。
詳細は各ホームページのリンクをご確認ください。
ご質問等は各団体にお問い合わせください。
▶ 一覧に戻る

, 京都造形芸術大学 舞台芸術研究センター<舞台芸術作品の創造・受容のための領域横断的・実践的研究拠点>共同研究プロジェクトの公募

京都造形芸術大学 舞台芸術研究センター<舞台芸術作品の創造・受容のための領域横断的・実践的研究拠点>共同研究プロジェクトの公募


「ラボラトリー機能」(将来的な作品の創造や、劇場の新たな社会機能の発見に寄与するような研究・実験)に関わる研究プロジェクトを、広く学外から募集します。1)研究者と芸術家・舞台技術者等が協働で研究チームを組み、2)京都芸術劇場を活用した「劇場実験」を研究プロセスの中心に据えたプロジェクトであれば、さまざまなアプローチからの応募が可能です。
【公募のテーマ】本事業の主旨に即した以下のいずれか一つ、または複数のテーマに沿ったプロジェクトであることが必要です。
(1) 作品の創作に向けたアーティストと研究者による劇場実験
(2) 研究者を中心とする劇場を利用した研究プロジェクト
(3) 舞台技術者を中心とした劇場機構の可能性を探究する研究プロジェクト
なお、本研究が想定するプロジェクトは、舞台芸術(演劇、ダンス、伝統芸能、領域横断的パフォーミング・アーツ等)に関連したものであること、また、その過程で、京都造形芸術大学の劇場舞台設備(京都芸術劇場)を活用して行われることを原則とします。
【研究費】1プロジェクトにつき、年間100万円~250万円を目安
【応募期限】2017年7月24日(月)必着
【web】http://www.k-pac.org/kyoten/public/
24時間以内に締切
, 京都市芸術文化特別奨励制度(奨励金300万円)平成30年度奨励者の募集

京都市芸術文化特別奨励制度(奨励金300万円)平成30年度奨励者の募集

京都市では、新たな芸術文化の創造を促進し、京都の芸術文化の振興を図ることを目的に、これから大きくはばたこうとする若い芸術家の方々を奨励しています。この度、平成30年度に行う活動を支援する奨励者(平成29年度中に決定)を次のとおり募集します。
【奨励の内容】将来に向けて、積極的な芸術文化活動を行うための奨励金を交付します。奨励金の金額は、1個人又は1グループにつき300万円です(課税対象所得となります)。
平成30年2月頃に奨励者を決定し、4月頃に奨励金を交付します(予定)。
【受付期間】2017年5月1日(月)~平成29年7月31日(月)(必着)
【web】<a href="http://www.kac.or.jp/21064/" title="http://www.kac.or.jp/21064/">http://www.kac.or.jp/21064/</a>
締切まで あと約 7 日
, 京都芸術センター アーティスト・イン・レジデンス プログラム 2016 パフォーミング・アーツ部門 レジデント募集

京都芸術センター アーティスト・イン・レジデンス プログラム 2016 パフォーミング・アーツ部門 レジデント募集


【内容】異なる文化に触れることで新しい芸術表現を生み出そうとする新進のアーティストや芸術分野の研究者の滞在創作活動を支援する。本年度はパフォーミング・アーツの分野(音楽、ダンス、演劇など)で活躍する新進アーティスト又は研究者を募集する。宿泊場所、スタジオ、制作費の一部を提供。滞在期間は2016年度の3ヶ月以内。

【応募締切】2015年6月30日(火)必着

【WEB】http://www.kac.or.jp/15456/
締め切られました
, 第4期 HAPSスタジオ使用者募集

第4期 HAPSスタジオ使用者募集

, 京都市芸術文化特別奨励制度 平成27年度奨励者 募集

京都市芸術文化特別奨励制度 平成27年度奨励者 募集


【内容】新たな芸術文化の創造を促進し、京都の芸術文化の振興を図ることを目的に、これから大きくはばたこうとする若い芸術家を奨励する。
人材育成を目的として奨励金300万円を交付する。
2014年6月21日に申請者相談会を実施(於:京都芸術センター)
【応募資格】住所地、活動拠点又は予定する発表場所が京都市内であること。
京都の芸術文化の振興や発信に貢献する可能性のある活動(創作、発表、企画、研究など)を行っていること。
【受付期間】2014年5月1日(木)~2014年7月31日(木)(必着)
【WEB】http://www.kac.or.jp/12639/
締め切られました