公募・助成・レジデンス(終了分)

国内外のアーティスト・イン・レジデンスや、助成金等の公募情報を掲載しています。
 
2014年7月以前終了の公募情報はこちらからご覧ください ▶

, (日本語) 秋田のクリエイトスタジオで試したいプランを募集「SPACE LABO」

(日本語) 秋田のクリエイトスタジオで試したいプランを募集「SPACE LABO」


【内容】秋田市は文化創造交流館(仮称)の開館を見据えたプレ事業の一つとして、秋田駅前に立地する3つの商業施設内にある空きスペースを“クリエイトスタジオ”と見立てて展開するプランを募集します!名づけて、「SPACE LABO」。展示やリサーチ、ワークショップ、試演会、ビデオ上映など様々な挑戦を受け入れる3つのクリエイトスタジオを結ぶことで、秋田の今を見つめ、秋田のこれからを思考する場を創造します。失敗を恐れずにやってみること、試してみること、その試行錯誤や実験性は、完成された成果物と同様に豊かな時間を生み出すかもしれません。

【対象分野】

○下記の条件を全て満たすこと。
・秋田で発表することに強い目的意識を持っていること。
・秋田市在住者。または、応募時点で満29歳以下かつ北日本(東北や北海道)にゆかりがあること。
※国籍は問いません。

【応募締切】2019年9月9日(月)

【WEB】https://www.artscenter-akita.jp/archives/5559
締め切られました
, (日本語) アーツサポート関⻄ 2019年度「日本電通メディアアート支援寄金助成」募集

(日本語) アーツサポート関⻄ 2019年度「日本電通メディアアート支援寄金助成」募集


【内容】1947年に大阪市阿倍野区で創業した日本電通株式会社の創設70周年を記念して設けられた「日本電通メディアアート支援寄金」より、総額100万円を新たな価値観やイノベーションを予感させる萌芽性をはらんだメディアート作品の制作費として助成いたします。

【対象分野】関西に拠点に置く個人や団体による、新たな価値観やイノベーションを予感させる萌芽性をはらんだメディアート作品の制作にかかる費用を支援します。作品は原則、2020年3月末までに完成することができるものとします。

【応募締切】2019年8月31日(当日消印有効)

【WEB】http://artssupport-kansai.or.jp/grant_guidelines.html?fbclid=IwAR2c9oQzT3evLwK9Zmzs9NWBRutHvFkDg0pYvmo5K-ZLT_dZ5AtLjBLhIak
締め切られました
, SHELL ART AWARD 2019

SHELL ART AWARD 2019


【内容】シェル美術賞は、美術界に大きな影響を与えたシェル美術賞(1956年~1981年)、および昭和シェル現代美術賞(1996年~2001年)の合計31回の実績を経て、2003年に再開し、本年48回目の開催となる現代美術の公募展です。次世代を担う若手作家のための美術賞であり、創設当初より完全な公募制で実施しています。現在では「若手作家の登竜門」として、美術界で高い評価を頂いています。2019年は創設63年目を迎え、新任2名を含む計5名の審査員による多彩な視点からの審査、学生支援企画、また、昨年からスタートした「レジデンス支援プログラム」を本年も実施します。当社は、次世代育成を軸としたメセナ活動である「シェル美術賞」を通じて、若手作家の活躍を継続的に支援し、美術界の発展に貢献したいと考えています。今後も、無限の可能性を秘めた若手作家の応募と、受賞作家の方々の更なる飛躍を期待しています。

【応募締切】2019年8月30日(金)

【WEB】https://www.idss.co.jp/enjoy/culture_art/art/about.html
締め切られました
, The San Jose Museum of Quilts & Textiles’ Artist in Residence

The San Jose Museum of Quilts & Textiles’ Artist in Residence


【内容】当美術館は、テキスタイルに重きを置き制作するアーティストのためのレジデンスプログラムを実施しています。アーティストは、美術館の訪問者と交流する機会があり、新しいファンを獲得できるかもしれません。Maker Space Studioは、一部がプライベートなレジデンスプログラムで、アーティストと地域の方との間で会話し、創造性のためのインキュベーターとなります。滞在は3ヶ月間。現地で宿泊できる場所や交通手段等は各自用意。

【応募締切】2019年8月30日(金)

【WEB】https://www.sjquiltmuseum.org/artist-residency
締め切られました
, The Creative Knowledge Project | Artist in Residence

The Creative Knowledge Project | Artist in Residence


【内容】Creative Knowledge Projectは、新しいLakeside Centerを拠点に、12か月間アーティストが滞在するプロジェクトです。本年の長期滞在プログラム(宿泊施設とスタジオスペース)は、アーティストが1960年代を象徴するブルータリズムの水辺の建築で、生活し制作するためのエキサイティングな機会です。これはBexleyのLondon Boroughへの助成金を通してArts Council Englandから支援していただいています。

本プロジェクトは、21世紀に図書館が何をすることができるか、という課題に取り組みます。過去に図書館がこれまでに多くの人々に与えた影響と、図書館が今日直面している課題を探ります。
滞在やスタジオ利用料は無料。アーティストフィーとして10000ポンド、6000ポンドの制作費等が用意される。

【応募締切】2019年8月27日(火)10:00

【WEB】https://bowarts.org/whats-on/exhibitions-and-events/the-creative-knowledge-project-artist-in-residence
締め切られました
, grunt gallery Application 2019

grunt gallery Application 2019


【対象分野】grunt galleryは、1984年にバンクーバーでオープンし、現代美術をメインに活動するアーティストが運営するアートセンターとして国際的に知られています。ビジュアル・アートやメディア・アートの展示、インスタレーション、上映、公演や、印刷物やWeb出版等も行います。この公募では、キュレーター、運営スタッフ、理事会メンバー、アーティストからなる5〜9名のキュレーター委員会が、毎年8月5日、アーティストやキュレーターからの応募を審査。個展では2500カナダドル等が用意される。開催日程は通常5週間行われ、木曜日または金曜日の夜にはレセプションが開かれます。

【応募締切】2019年7月15日(月)

【WEB】https://grunt.ca/submissions/?fbclid=IwAR04C3H3Yhl2YH75nCy38fOxjSZyg2Rmy6p_54RWDUl_C-JuAljrHgQdjuU
締め切られました
, The Arts Territory Exchange (aTE)

The Arts Territory Exchange (aTE)


【内容】アーツ・テリトリー・エクスチェンジ(aTE)は、島、砂​​漠、難民キャンプ、小さなコミュニティなどの離れた場所でのアーティスト同士のコラボレーションを実施します。常に必要とされるネットワークから遮断し、アーティストは、領土、地域、場所についてのアイデアを探求していただきます。アーティストによる手紙やデジタル上で交換されたテキストは、アーカイブの一部となり、世界中でこれを見た人が使用し発展することができるリソースとなります。また、aTEはイベントを実施し、参加者を集めて、展示会、レクチャー、出版、「対面」および仮想レジデンスの形でアーティストたちのコラボレーションを実現していきます。今回、場所についての考え(地元/自然または国内)を持つアーティスト、作家および演奏者を募集します。生態学と気候変動、地図作成とナビゲーション、植物学または他の自然分類学、ウォーキングと一時的な習慣、植民地時代の歴史に対する批判、その場所の政治、境界と「領土」、そして仮想的な地理。私たちは現在、サフォーク英国、アイスランド、モハーベ砂漠、そしてアラスカと多様な場所にメンバーがいます。誰でも申し込むことができますが、私たちは遠く離れた場所や荒野にいる人たちの間で連絡を取り合うことに特に興味を持っています。

【応募締切】2019年7月15日(月)

【WEB】https://www.artsterritoryexchange.com/apply
締め切られました
, TOKAS International Creator Residency Program 2020

TOKAS International Creator Residency Program 2020


【内容】「海外クリエーター招聘プログラム」はヴィジュアル・アート、デザイン、建築、キュレーション、アドミニストレーション 等の分野のクリエーターを対象に、TOKASレジデンシーでの滞在制作の機会を提供するレジデンス・プログラムです。

2020年5月~7月に実施する「テーマ・プロジェクト」では、「都市の祝祭性」のテーマのもと滞在制作を行う海外クリエーター2名を募集します。この2名は、同期間に同じテーマで制作活動をする、「国内クリエーター制作交流プログラム」参加クリエーター2名と、対話や議論の場を持ちながらそれぞれ個別に制作活動を行い、その成果をオープン・スタジオや成果発表展などで発表します。なお、「国内クリエーター制作交流プログラム」の公募は2019年9月下旬を予定しています。

【応募締切】2019年6月28日(金)18:00(日本時間)

【WEB】https://www.tokyoartsandspace.jp/archive/application/2019/20190517-206.html
締め切られました
, Call for Art Proposals JAPAN ALPS ART FESTIVAL 2020

Call for Art Proposals JAPAN ALPS ART FESTIVAL 2020


【内容】2020年5月に開幕する「北アルプス国際芸術祭2020」の参加作品としてのプロジェクトを公募します。北アルプス山麓(長野県大町市)の歴史、文化、自然を活かしたアート作品や、豊かな地域資源を活用した創造的なプロジェクト(パフォーマンス、食プロジェクトなど)を募集します。

【応募資格】北アルプス国際芸術祭の趣旨を理解していること。

【応募締切】2019年7月19日(金) 17時必着。持ち込み不可。

【WEB】https://shinano-omachi.jp/news/11718/
締め切られました
, 2019 Art Action UK Residency Award Residency Programme in the UK

2019 Art Action UK Residency Award Residency Programme in the UK


【内容】「3.11」の津波や放射能の災害後。地元のアーティストからの願いに応え、我々は災害に関する複雑な問題に向き合うアーティストのための時間と場所をつくるためにイギリスでレジデンスプログラムを設立。若い新進気鋭のアーティストをの表現の場を設けることによって、我々はより広い環境/政治問題を強調し、そしてイギリスと日本ののより密接な関係を発展させることを望む。今回で8回目の募集となる。日本の福島の状況について焦点を当てて活動を行うアーティスト、キュレーター、研究者等を対象とする。

【滞在期間】2019年10月〜11月(3、4週間)

【応募締切】2019年6月30日 (日)

【WEB】http://www.artactionuk.org/residency.html
締め切られました
助成: