公募・助成・レジデンス(終了分)

国内外のアーティスト・イン・レジデンスや、助成金等の公募情報を掲載しています。
 
2014年7月以前終了の公募情報はこちらからご覧ください ▶

, Kyoto Art Center Open Call for Artist-in-Residence Program 2023 for Performing Arts

Kyoto Art Center Open Call for Artist-in-Residence Program 2023 for Performing Arts


【内容】
京都芸術センターのアーティスト・イン・レジデンスプログラムでは、異なる文化に触れることで新しい芸術表現を生み出そうとする新進のアーティストや芸術分野の研究者の滞在創作活動を支援します。参加者は京都芸術センターを拠点に、制作・調査・研究などに取り組みます。
本プログラムでは、パフォーミング・アーツとビジュアル・アーツの分野から参加者を隔年で募集します。2023年度はパフォーミング・アーツ分野が対象です。それぞれのジャンルの中で、あるいはジャンルを超えて、新しい表現を試み、市民に刺激を与える意欲的な芸術家を歓迎します。

【応募資格】
・パフォーミング・アーツの分野で活躍する新進のアーティストまたは研究者で、京都に滞在し、制作・調査研究などを行う理由が明確な方
・参加期間中、市民との交流事業を企画し実施できる方
・英語または日本語で意志の疎通ができる方

【応募締切】2022年10月1日(土)日本時間23:59必着

【WEB】https://www.kac.or.jp/32554/
締め切られました
, (日本語) 公益財団法人吉野石膏美術振興財団 若手美術家の在外研修に対する助成

(日本語) 公益財団法人吉野石膏美術振興財団 若手美術家の在外研修に対する助成


【内容】
将来有望と目される若手美術家が海外の優れた指導者の下で研修を行うための助成をすることにより、その創作活動を奨励しようとするものです。

【応募資格】
・絵画、彫刻、工芸等の創作に従事していること
・日本国籍、又は日本の永住資格を有すること
・2023年4月1日現在、年齢20才以上35才未満であること
・研修期間中は、常勤的な職に就かないこと
・海外で研修を行うため必要な語学力を有すること
・希望する研修が可能な健康状態であること
・海外の研修指導者の下で研修に従事し、研修受入の保証が得られること
・過去に当財団の在外研修助成を受けていないこと

【応募締切】2022年10月21日(金)

【WEB】https://www.yg-artfoundation.or.jp/training.html
締め切られました
, (日本語) 公益財団法人吉野石膏美術振興財団 若手日本画家に対する展覧会助成

(日本語) 公益財団法人吉野石膏美術振興財団 若手日本画家に対する展覧会助成


【内容】
日本画の分野で活躍する若手芸術家に対し、国内で開催する個展を助成することにより、その創作活動を奨励しようとするものです。

【応募資格】
・日本画の創作に従事していること。
・2023年4月1日現在、25才以上40才未満であること。
・2023年4月1日から2024年3月31日までの間に日本国内で単独の展覧会を開催し、かつその内容をまとめた図録ないし冊子を作成すること。
・過去に当財団の展覧会助成を受けていないこと。

【応募締切】2022年10月21日(金)

【WEB】https://www.yg-artfoundation.or.jp/training_yg.html
締め切られました
, (日本語) 公益財団法人吉野石膏美術振興財団 美術に関する国際交流の助成

(日本語) 公益財団法人吉野石膏美術振興財団 美術に関する国際交流の助成


【内容】
日本の美術家が海外において開催する個展や共同展、ならびに国内で開催される美術に関する国際会議等の活動を助成し、他国との文化交流の活性化に寄与しようとするものです。

【助成対象】
A. 海外における展覧会等
B. 国内開催の国際会議・交流活動

【応募締切】2022年10月21日(金)

【WEB】https://www.yg-artfoundation.or.jp/exchange.html
締め切られました
, (日本語) 公益財団法人野村財団 2023年度上期芸術文化助成

(日本語) 公益財団法人野村財団 2023年度上期芸術文化助成


【内容】
野村財団は若手芸術家の育成活動および公演解、展覧会、シンポジウムの開催など芸術文化の国際交流活動に対する助成を行っています。美術・音楽の2部門で募集。各部門ごとに活動助成金(国内/海外、団体/個人)、奨学助成金(個人)の5つの分類あり。
◯活動対象期間:2023年4月1日(土)〜9月30日(土)

【申請期間】2022年10月3日(月)~31日(月)

【WEB】https://www.nomurafoundation.or.jp/category/culture#bosyu
締め切られました
, (日本語) 公益財団法人窓研究所 2022年度助成事業

(日本語) 公益財団法人窓研究所 2022年度助成事業


【公募テーマ】「サスティナビリティと窓」

【内容】
当財団では、建築文化の発展に寄与することを目的として、建築⽂化に関連する領域にて、新規性、独創性が高く、学術的、社会的に広がりのある1)研究 2)出版 3)文化活動 の各分野の事業に対し助成を⾏います。従来の助成に加えて、本年度よりテーマを設けた特定研究助成事業を実施いたします。

【応募締切】2022年10月21日(金)14:59締め切り

【WEB】https://madoken.jp/announcement/13822/
締め切られました
, (日本語) SCARTS 企画公募 2023

(日本語) SCARTS 企画公募 2023


【内容】
SCARTSでは、札幌の文化芸術活動を支え、創造的で活気あふれるまちづくりを目指して企画公募を行います。
展覧会・映像上映・演奏会・演劇・パフォーマンス・ワークショップ・トークイベントなど、ジャンルや方法は自由。SCARTSの施設・機材や技術スタッフのサポートを提供します。あなたからの意欲的な企画をお待ちしています。

【応募締切】2022年10月15日(土)必着

【WEB】https://www.sapporo-community-plaza.jp/scartskoubo.html
締め切られました
, (日本語) 第10回500m美術館賞 現代アートの作品プラン及び企画プラン募集

(日本語) 第10回500m美術館賞 現代アートの作品プラン及び企画プラン募集


【内容】
500m美術館では、2022年度も現代アートの作品プランおよび企画プランのコンペティション「第10回 札幌500m美術館賞」を実施します。500m美術館のガラスケース(幅12,000mm × 高さ2,000mm × 奥行650mm)2基、全長24mの作品展示プランを募集。アーティストの個展、キュレーターによる企画展、作家同士のグループ展など、ガラスケース2基の空間を生かしたプランの中から4組を選出。二次審査を通過した入選者4組には「500m美術館賞入選展」として、500m美術館に実際に展示していただきます。

【応募資格】
1 年齢、性別、学歴、国籍、団体、個人、作家、企画者など一切問いません。
2 応募用紙への記入、面接など、日本語でのコミュニケーションがとれる方。
3 札幌での二次面接審査に出席できる方。
4 2023年1月21日(土)からの「500m美術館入選展」に出品、搬入を行なえる方。
5 2023年1月21日(土)に行われる予定の「グランプリ授賞式」に出席できる方。
6 2023年3月30日(木)31日(金)に作品の搬出・撤去を行える方。

【応募締切】2022年9月30日(金)[必着]

【WEB】http://500m.jp/news/5711.html
締め切られました
, CCA-WRI Research Fellowship 2023

CCA-WRI Research Fellowship 2023


【公募テーマ】Above/Below/Between: Light on a Damaged Planet

【概要】
窓研究所は、カナダ建築センターと共同のもと、3ヶ年の研究員等派遣プログラム「CCA-WRI Research Fellowship」をあらたに設置し、昨年度に引き続き派遣を行います。
本プログラムでは、カナダ建築センターの所蔵コレクションを通して現代社会における諸問題と建築との関係性を探る研究課題に取り組んでいただくことを目的に、研究者(博士号取得者)、建築家、学芸員など、高度な専門知識や技術、卓越した実績を有する国内外の人材を公募で選出し、最長3ヶ月間の日程で同センターへ派遣します。対象者には滞在費、渡航費等を一部支給します。

【応募締切】2022年9月25日(日)午前12時EST

【WEB】https://madoken.jp/fellowship/13933/
締め切られました
, (日本語) 京都芸術センター第47期制作室使用者募集

(日本語) 京都芸術センター第47期制作室使用者募集


【内容】
京都芸術センターでは、自身の芸術創造の成果を広く発表しようとする新進又は若手の芸術家等の活動を支援するため、制作支援事業として「制作室」を無償で提供しています。年に2回(9月、3月)募集を行い、選考を経て使用者を決定しています。
制作支援事業では、自身の制作を見つめ直し、目的を据えて制作にあたる挑戦的な取り組みを歓迎します。じっくりと制作に取り組み(最長3ヵ月間)、作品を発表した後、作品や制作について振り返る(事業報告書の提出)ことで、芸術家が自身の活動をブラッシュアップすることを目指します。実験的な活動やさらなる発展を目指す芸術家の皆さまのご応募をお待ちしております。

【対象分野】
(1)新しい芸術表現を試み、活動を継続的に展開している芸術家。表現のジャンルは問いません。
(2)京都芸術センターで制作した作品を発表する展覧会や公演(映像配信も含む)などの計画がある芸術家
(3)市民との交流に対する意欲を持った芸術家

【応募締切】2022年930日(金)23:59〆切

【WEB】https://www.kac.or.jp/32363/
締め切られました
助成: