【協力イベント】Theater SCOPE #01, #02(上映会+トーク)


HAPSで協力しているイベントのお知らせです。
キュレーターを交え、映像作品をじっくり鑑賞するプログラム、Theater SCOPE Projectがスタートします。

概要

Theater SCOPE #01:
アルゴス・コレクションの精髄:ベルギーの実験映画

Treasures from the Argos collection:Experimental Belgian Films

Theater SCOPE Projectは、記念すべき第1回目として、横浜市民ギャラリーあざみ野とベルギー、ブリュッセルにあるアルゴス・センター・フォー・アート・アンド・メディアと共同で、同センター所蔵の映像作品の中から厳選した作品の上映会(スクリーニング)を開催します。
本作品には、第2回横浜トリエンナーレ(2005)で、山下公園にコンテナによる彫刻作品を展示したリュック・デルーの貴重な映像作品も含まれています。ベルギーは、小国ながら、ヤン・ファン・アイク、ペトルス・パウルス・ルーベンスからルネ・マグリット、パナマレンコまで中世から現代までの美術史上重要な作家を輩出してきたことで我が国でも知られていますが、今回はこれまであまり焦点が当てられなかったベルギーの映像作品をまとまった形で鑑賞出来る貴重な機会となります。
また今回の上映は、国内では、横浜市民ギャラリーあざみ野と、京都芸術センターへの巡回のみの、貴重な機会となります。

日 時:2015年9月20日(日) 15:00~17:30 (アフタートーク込/逐次通訳あり)

会 場:京都芸術センター(講堂)
 京都市中京区室町通蛸薬師下る山伏山町546-2
入場料:全席自由 1,000円

主 催:Theater SCOPE project

共 催:京都芸術センター

協 賛:公益財団法人フランダースセンター

協 力:ARGOS centre for art & media、東山 アーティスツ・プレイスメント・サービス(HAPS)
、横浜市民ギャラリーあざみ野

後 援:京都市

【 イーヴェ・ステーヴェンヘイデンス / Ive Stevenheydensによる精選 】
ヨーロッパで活躍するキュレーター、イーヴェ・ステーヴェンヘイデンスのコーディネートにより、ベルギーの短編実験映画を紹介します。彼による作家と作品の選択は、意識的に折衷的であり、”アルゴス・センター・フォー・アート・アンド・メディア(ARGOS centre for art & media) ” の過去と現在を代表するものです。また今回の上映会には、上映後に「アフタートーク(日本語通訳あり)」の時間が設けられており、キュレーターへの質疑応答の機会もあります。
ベルギー・ブリュッセルにある”アルゴス・センター・フォー・アート・アンド・メディア”は、視聴覚メディアと視覚芸術を扱う、ベルギーで最も重要な現代美術の拠点です。創立以来 26年間で 4,500の映画とビデオを収集しており、その制作年代は45年間にわたっています。そしてその多くは単一チャンネルのデジタル映像です。このコレクションは、”アルゴス”の芸術的・象徴的資産をなすだけでなく、このセンターの活動にとって理論的基盤として重要な役割を担っています。
アーティストと人々の仲介役として、また出会いと対話と交流の場として、その活動は多様であり、展覧会、メディア・ライブラリー、映画・ビデオ上映会、講演、パフォーマンス、映画の国際的な配給、マルチメディアのインスタレーションなどにわたる。また、”アルゴス”では、最新の国際的ネットワークと協力しつつ、撮影そのものや、撮影後の作業の場を提供したり、特定のグループを対象とした教育プログラムが企画されています。
ベルギーのビデオ・アートは、前衛的で折衷的、複数の方法論を用いてクロスオーバー的であるという国際的な評価をすでに得ているだけでなく、その活用についても、長い間パイオニアであり続けているのです。

詳細 http://theaterscope.tumblr.com/post/128171983648/01


Theater SCOPE #02

今年ヴェネチアビエンナーレの日本館のキュレーターであり、
神奈川芸術文化財団で学芸員を務める中野仁詞氏をゲストにお招きし、彼が神奈川県民ホールギャラリーで企画してきた数々の展覧会からよりすぐりの映像作品、当時のパフォーマンスの記録映像を上映します。

上映するアーティスト:
泉太郎、小金沢健人、さわひらき、塩田千春(展覧会開催時のパフォーマンスの上映)、八木良太

日 時:2015年9月23日(水/祝)15:00~17:30(アフタートーク込)
場 所:trace
    京都市下京区和気町4
入場料:全席自由 1,000円
主 催:Theater SCOPE project

協 力:東山 アーティスツ・プレイスメント・サービス(HAPS)

後 援:京都市

詳細 http://theaterscope.tumblr.com/post/128545696513/02

予約・問い合わせ

Theater SCOPE Project
theaterscope@gmail.com
お名前、連絡先、人数を記載の上、お知らせ下さい。

チラシダウンロード

theaterscope#01
theaterscope#02