公募・助成・レジデンス - レジデンス

国内外のアーティスト・イン・レジデンスや、助成金等の公募情報概要を掲載しています。
各情報が変更となる場合等もありますので、詳細は必ず各ホームページのリンクをご確認ください。
ご質問等は各団体にお問い合わせください。

▶ 一覧に戻る

, ARKO 大原美術館レジデンスプログラム公募

ARKO 大原美術館レジデンスプログラム公募

【内容】ARKO(Artist in Residence Kurashiki, Ohara)は、大原美術館によるアーティストのレジデンス・プログラムです。「若手作家の支援」「大原美術館の礎を築いた洋画家児島虎次郎の旧アトリエ:無為村荘の活用」「倉敷からの発信」の3点をコンセプトとして、倉敷での滞在制作と、当館での完成作品の公開を行います。

【招聘期間】2019年4月1日~2020年3月31日の間の最長3ヶ月

【応募締切】2018年10月29日(月)午前0時から11月6日(火)午後1時の間 *e-mailで発信

【WEB】http://www.ohara.or.jp/201001/jp/D/arko_p_19.html
締切まで あと約 14 日

, Arteles Creative Center レジデンスプログラム公募(タンペレ/フィンランド)

Arteles Creative Center レジデンスプログラム公募(タンペレ/フィンランド)

【内容】

この新しい募集コースは、アーティスト、パフォーマー、様々な専門家の個人的な成長を促すガイド付きプログラムです。インストラクターからの1対1のサポートを含む、新しいコラボレーション方法と専門家の指導を通じて、プログラムはアーティストのクリエイティブな実践、日常的なやり方を広げ、強化するように設計されています。このプログラムは、この困難な時代に遭遇しているアーティストが活力と喜びある生活を生み出す方法を研究している本プログラムのインストラクター、Margi氏の10年もの研究から生まれました。滞在者は24時間使用可能のスタジオ、豊富な機材等を活用できます。また、個室の滞在部屋や朝食、瞑想のためのヨガスペース等も活用可能。利用料として1人2100ユーロ。

【滞在期間】2019年4月、5月(1ヶ月間)

【応募締切】2018年11月8日(木)

【WEB】https://www.arteles.org/new_course.html
締切まで あと約 16 日

, 公益財団法人 ポーラ美術振興財団 平成31年度 若手芸術家の在外研修助成

公益財団法人 ポーラ美術振興財団 平成31年度 若手芸術家の在外研修助成

【応募資格】

(1) 絵画、彫刻、工芸等の創作に従事している者
(2) 平成31年4月1日現在で年齢20才以上35才以下であること
(3) 日本国籍を有する者、又は日本の永住資格を有する者
(4) 研修指導者のもとで研修に従事し、研修受入の保証が得られること
(5) 研修期間は1年間程度であり、この間常勤的な職に就かないこと
(6) 海外で研修を行うために必要な語学力を有すること
(7) 研修に耐えうる健康状態であること
(8) 過去にこの在外研修助成を受けていない者

【応募期間】2018年10月1日(月)〜11月12日(月) 必着

【WEB】http://www.pola-art-foundation.jp/grants/zaigai.html
締切まで あと約 20 日

, 【TOKAS】平成31年度二国間交流事業プログラム派遣クリエーター公募

【TOKAS】平成31年度二国間交流事業プログラム派遣クリエーター公募

【内容】トーキョーアーツアンドスペースでは、海外の都市や芸術文化機関と提携し、各分野で活躍するクリエーターの育成・支援ならびに各都市と東京間の国際文化交流を促進するため、相互にクリエーターを派遣・招聘するレジデンス事業を行なっています。この度、世界各都市で約3ヶ月の滞在制作を行う派遣クリエーターを募集します。平成31年度は、7都市への派遣クリエーターを募集します。

【派遣都市】1) バーゼル/2a) ベルリン(助成あり)/2b) ベルリン(助成なし)/3) 台北/4) ヘルシンキ/5) ケベック/6) ソウル/7) ウィーン

【応募締切】2018年11月15日(木)日本時間18時まで

【WEB】http://www.tokyoartsandspace.jp/application/2018/10/r1005.shtml
締切まで あと約 23 日

, Unit 1ギャラリー|ワークショップ レジデンスプログラム、展示公募(イギリス/ロンドン)

Unit 1ギャラリー|ワークショップ レジデンスプログラム、展示公募(イギリス/ロンドン)

【内容】Unit1は1人のアーティストに、350スクエアフット(約32平方メートル)のスタジオを3ヶ月提供します。スタジオはギャラリーの上に位置し、アーティストやキュレーター、コレクター等と出会う機会に恵まれます。また最後にギャラリーのキュレーター主催による個展をスタジオスペースで開催します。このプログラムはイギリス以外に住む様々なバックグラウンドを持つアーティストにも機会が開かれています。住居は提供しませんが、場所を見つけるようサポートします。

【滞在期間】2019年2月11日〜5月6日(3ヶ月ごとに募集あり)

【応募締切】2018年12月21日(金)

【応募費用】35ポンド

【WEB】http://unit1gallery-workshop.com/residencies/
締切まで あと約 59 日

, Lakkos Artists residency(イラクリオン/ギリシャ)

Lakkos Artists residency(イラクリオン/ギリシャ)

【内容】

このレジデンスプログラムは様々なクリエイティブな活動をベストに導くフレキシブルな場所です。ミュージシャンにはミュージシャン、作家には作家、ペインターにはペインターと、それぞれ地元の方をを紹介しつなぎます。地元の歴史について研究したい考古学者も歓迎。滞在先は少し古い伝統的な家です。このプログラムはオーストラリア人のアーティスト、Mathew Halpinにより運営され、彼も滞在先に住んでいます。
滞在費は提案制、寄付として、将来的に建物の修復やアートプロジェクト等に使用します。キッチンには自炊のための道具は用意していますが、食事はつきません。同時に5組のアーティストまで受け入れ可。最低2週間滞在。

【締切】随時

【WEB】https://lakkosartistsresidency.weebly.com/residency.html
締切まで あと約 2488 日

助成: