公募・助成・レジデンス - 公募

国内外のアーティスト・イン・レジデンスや、助成金等の公募情報概要を掲載しています。
各情報が変更となる場合等もありますので、詳細は必ず各ホームページのリンクをご確認ください。
ご質問等は各団体にお問い合わせください。

▶ 一覧に戻る

, 大館・北秋田芸術祭2014「里に犬、山に熊。」全国公募展

大館・北秋田芸術祭2014「里に犬、山に熊。」全国公募展

【内容】恒例の「ゼロ展」に加え、「新しいひろば」「ののの…。」「野外彫刻 犬/熊」の4つの部門で公募展を開催。「ゼロ展2014」は平面、立体、インスタレーション、映像、パフォーマンスなど無審査で、ゲスト審査員の講評を受けられる。展示期間は10月11日~10月13日。
【応募締切】2014年9月26日(金)必着
【WEB】http://koubo.zero-date.org/
締め切られました

, ASIAN CREATIVE AWARDS 作品募集

ASIAN CREATIVE AWARDS 作品募集

【内容】次世代のアジアン・クリエイティブのシーンを担うクリエイターを見出し、国を超えて活躍する機会をサポートするアワード。

【募集部門】グラフィック作品(グラフィックデザイン、イラストレーション、写真ほか2Dで応募可能な作品)

【賞及び賞金】グランプリ(副賞:アジアプレゼンテーション・ツアー)ほか

【応募締切】2014年11月15日(土)

【WEB】http://www.ubies.net/award/
締め切られました

, The Association of Icelandic Visual Artists (SÍM)レジデンスプログラム(レイキャビック/アイスランド)

The Association of Icelandic Visual Artists (SÍM)レジデンスプログラム(レイキャビック/アイスランド)

SÍMレジデンスはアイスランドで二つの制作場所を持つインターナショナルなレジデンスプログラムです。2002年に小さなベッドルームとスタジオから始まりましたが、世界中から150以上のアーティストを迎え、羽ばたいています(現在はレイキャビックに2ヶ所、ベルリンに1ヶ所)。この主な目的は異なる国のビジュアルアーティスト同士が互いに密接な関係を築き制作することで、国内外の直接的な繋がりをつくることです。芸術的なプロセスをサポートする制作環境をアーティストに提供することで、学び、遊び、反響するよう促すことを目指しています。本プログラムは行政の助成金を得ず、NPOとして活動してきたため、レジデンスのためのサポート金はありません。フィーは部屋によるが月額455〜710ユーロ(個室やシェア)。
【滞在期間】2018年7月〜12月(最大3ヶ月)
【締切】2018年1月31日 (水)
【web】http://sim.is/seljavegur-residency/
締め切られました

, 国際芸術センター青森(ACAC)アーティスト・イン・レジデンス・プログラム2020

国際芸術センター青森(ACAC)アーティスト・イン・レジデンス・プログラム2020

【内容】今年の公募ではACACのAIRの幅を拡張することを試みます。まず、展覧会参加を必須とはしません。もちろん展覧会もできますが、展覧会に参加しない方はワークショップ、パフォーマンス、トークなど何らかのイベントを実施してください。また、期間は選択制です。最短で2週間、最長では3か月の滞在を可能とします。短期間の滞在で集中的に制作してワークショップやパフォーマンスを行うことも可能ですし、長期間の滞在で実験を繰り返して作品を深化し、発表することもできます。つまり、ここで何をするかはあなた次第。

【応募締切】2020年1月31日(金)17時

【WEB】http://www.acac-aomori.jp/public/
締切まで あと約 5 日

, 浜松市鴨江アートセンター アーティスト・イン・レジデンス アーティスト・クリエイター募集

浜松市鴨江アートセンター アーティスト・イン・レジデンス アーティスト・クリエイター募集

【内容】普段と異なる環境で制作することで新たな表現を生み出そうとするアーティストやクリエイターを支援するため、浜松市鴨江アートセンターの制作場所を無償で提供します。

【期間】前期:2020年5月1日~2020年8月31日、後期:2020年11月1日~2021年2月28日
※臨時休館などで使用できない期間があります。

【応募締切】2020年1月31日(当日必着)

【WEB】http://www.kamoeartcenter.org/information/artistinresidence2020/
締切まで あと約 5 日

, The Rijksakademie Residency レジデント募集(アムステルダム/オランダ)

The Rijksakademie Residency レジデント募集(アムステルダム/オランダ)

【内容】ライクスアアカデミーは年間50組のアーティストにリサーチ、実験、制作のためのスペースを提供する。全てのアーティストはスタジオを活用でき、奨学金(2019年実績では12,800ユーロ)、制作費(2019年度実績では1500ユーロ)が支給される。滞在場所は別途紹介をおこなう。

【対象分野】数年のキャリアのあるアーティスト。25歳から35歳でアートの教育を受けて、また卒業後3~5年間活動している方が主な対象。オランダの別の教育機関(Rijksakademieのような教育機関)に参加していたアーティストは対象外です。

【応募期間】2020年1月1日(水)~2月1日(土)

【WEB】http://www.rijksakademie.nl/ENG/residency/aanmelden/
締切まで あと約 6 日

, 第22回写真「1_WALL」

第22回写真「1_WALL」

【内容】「表現」がますます多様化してきている現在、「表現する」ということに真剣に向き合う人たちと一緒に、新しい表現を考える場にしたいと思っています。そこには、ひとつひとつ壁を乗り越えていってほしいという気持ちと、壁一面に作品を表現してもらいたいという願いをこめました。
テーマ、手法は自由。指定のスペースに展示可能な作品。 他のコンテストで受賞及びまだ結果の出ていない応募中のものについては、応募作品として受け付けられません。判明次第、審査の対象から外させていただきます。但し、これまでの活動の紹介としてはポートフォリオまたはデータに含めていただいても構いません。

【応募資格】年齢35 歳以下、個人制作であること。

【エントリー受付】2020年1月13日(月)~2月7日(金)

【WEB】http://rcc.recruit.co.jp/gg/competition/1_wall/022_photo
締切まで あと約 12 日

, SPIRAL INDEPENDENT CREATORS FESTIVAL

SPIRAL INDEPENDENT CREATORS FESTIVAL

【内容】SICF(スパイラル・インディペンデント・クリエイターズ・フェスティバル)は、東京・南青山にある複合文化施設「スパイラル」が若手作家の発掘・育成・支援を目的として2000年から開催しているアートフェスティバルです。公募によって選出された、さまざまなジャンルのクリエイターが会場に常駐し、作品や成果発表のプレゼンテーションを行ないます。会期中はアートファンをはじめ、ギャラリストやコレクター、プロデューサー、バイヤーなどクリエイティブ業界の関係者が訪れ、これまでに数多くの新しい才能が来場者との出会いを通し、活躍の舞台を拡げてきました。
会期の最後には、来場者の投票によって決まるオーディエンス賞をはじめ、各審査員賞、準グランプリ、グランプリを優秀作品に授与、作品発表の機会を提供します。既存の価値観にとらわれない意欲溢れるクリエイターを募集します。

【応募資格】(1)国籍、年齢、作品ジャンル不問。ただし、期間中、会場に常駐できること。(2)個人もしくはグループ。

【応募締切】2020年2月14日(金) ※日本時間20:00に締切

【WEB】https://www.sicf.jp/entry/
締切まで あと約 19 日

, ECHANGEUR22 OPEN CALL 2020  ARTIST IN RESIDENCE in FRANCE

ECHANGEUR22 OPEN CALL 2020 ARTIST IN RESIDENCE in FRANCE

【公募テーマ】
テーマ「モビリティ」
レジデンス期間において、参加作家は「モビリティ」を主題とした作品の制作を行います。レジデンス終了後に ECHANGEUR22主催による 巡回展示 MOBILITY プロジェクト(ブラジル・リオデジャネイロ、韓国・太田広域市、日本・東京に巡回)に参加するための作品制作も期待しています。

【内容】ECHANGEUR22 はこれからの時代を担う現代美術作家の支援を行う非営利団体であり、様々な国の異なる文化的な背景を持った作家の交流のためのアーティスト・イン・レジデンスのプログラムを行っています。レジデンスプログラムは作家たちが生活を共にすることで共通言語を探ることを目的としてします。本プログラムでは、文化横断的な環境において新しいアイデアを発展させ、それを実現するために必要な技術的・資金的な支援を行うとともに、開催地におけるワークショップや公開シンポジウムなどの様々な活動との密接な連携を通じて地域との関係構築を支援します。

【応募締切】2020年2月15日(日)

【WEB】http://www.echangeur22.com/MENUJPN_TP.html

 
締切まで あと約 20 日

, 新潟市芸術創造村・国際青少年センター(愛称 ゆいぽーと) アーティスト・イン・レジデンス事業 「自主活動プログラム2020夏季」

新潟市芸術創造村・国際青少年センター(愛称 ゆいぽーと) アーティスト・イン・レジデンス事業 「自主活動プログラム2020夏季」

【内容】新潟市芸術創造村・国際青少年センター(ゆいぽーと)では、滞在型の創作活動を行う芸術家等を国内外から募集、支援することで、創造性に富んだ人材が集まりやすい環境づくりを進め、新潟市の魅力を国内外に発信することと共に、滞在する芸術家等と市民が交流することで地域の自然や歴史、文化の魅力を再発見し、地域の誇りづくりや愛着づくりにつなげることを目的に、アーティスト・イン・レジデンス事業を実施します。滞在する芸術家等は制作過程を公開すると共に、ワークショップやリサーチなどを通し、市民や青少年との交流で関係を育み、多様な創作展開に繋げることができます。また、同時期に滞在する芸術家等が互いに交流することで、異なる分野の融合による新たな場の創出を図ります。

【滞在期間】2020年7月5日(日)から2020年8月27日(木)までの間の30日以内

【応募締切】2020年2月29日(土) 日本時間23時59分 【必着】 (当日消印無効)

【WEB】https://www.yui-port.com/activities-offering.php
締切まで あと約 34 日

, 新潟市芸術創造村・国際青少年センター(愛称 ゆいぽーと) アーティスト・イン・レジデンス事業 「招聘プログラム2020秋季」

新潟市芸術創造村・国際青少年センター(愛称 ゆいぽーと) アーティスト・イン・レジデンス事業 「招聘プログラム2020秋季」

【内容】新潟市芸術創造村・国際青少年センター(ゆいぽーと)では、滞在型の創作活動を行う芸術家等を国内外から募集、支援することで、創造性に富んだ人材が集まりやすい環境づくりを進め、新潟市の魅力を国内外に発信することと共に、滞在する芸術家等と市民が交流することで地域の自然や歴史、文化の魅力を再発見し、地域の誇りづくりや愛着づくりにつなげることを目的に、アーティスト・イン・レジデンス事業を実施します。

【滞在期間】2020年9月1日(火)から2020年11月30日(月)までの間の90日以内

【応募締切】2020年2月29日(土) 日本時間23時59分【必着】 (当日消印無効)

【WEB】https://www.yui-port.com/activities-offering.php
締切まで あと約 34 日

, 第11回高知国際版画トリエンナーレ展

第11回高知国際版画トリエンナーレ展

【内容】芸術も多様化している現代において、もう一度原点に戻り、芸術を見直したい─そんな趣旨のもと、版画文化のさらなる発展を願って企画したのが「高知国際版画トリエンナーレ展」です。世界に誇る日本の伝統和紙の産地・高知で開催する意義から、出展作品の素材は紙に限定。ぬくもりあふれる紙の上で、豊かに表現される版画の世界は、トリエンナーレの名が示す通り、3年に1度開催しています。回を重ねるごとにレベルの高い作品が世界各国から集まり、国際的な作品展として注目されています。

【作品受付期間】2020年4月1日(水)~4月30日(木)

【WEB】https://kamihaku.com/triennial
締切まで あと約 95 日

, ≪京都市都市計画局≫市有地を活用した文化芸術等のイベント提案募集

≪京都市都市計画局≫市有地を活用した文化芸術等のイベント提案募集

【内容】京都市では,令和5年度に予定されている京都市立芸術大学の移転を見据え,「京都駅東南部エリア活性化方針」を策定し,本エリアのまちづくりに取り組んでいます。現在,本エリアの市有地を活用し,文化芸術等を通じて地域の賑わいを生み出すイベント等を行っていただける方を募集しています。

【対象箇所】京都市南区東九条地区内の市有地

【事業期間】随時、提案募集(原則、令和2年度末まで)

【WEB】https://www.city.kyoto.lg.jp/tokei/page/0000254420.html
締切まで あと約 429 日

, Lakkos Artists residency(イラクリオン/ギリシャ)

Lakkos Artists residency(イラクリオン/ギリシャ)

【内容】

このレジデンスプログラムは様々なクリエイティブな活動をベストに導くフレキシブルな場所です。ミュージシャンにはミュージシャン、作家には作家、ペインターにはペインターと、それぞれ地元の方をを紹介しつなぎます。地元の歴史について研究したい考古学者も歓迎。滞在先は少し古い伝統的な家です。このプログラムはオーストラリア人のアーティスト、Mathew Halpinにより運営され、彼も滞在先に住んでいます。
滞在費は提案制、寄付として、将来的に建物の修復やアートプロジェクト等に使用します。キッチンには自炊のための道具は用意していますが、食事はつきません。同時に5組のアーティストまで受け入れ可。最低2週間滞在。

【締切】随時

【WEB】https://lakkosartistsresidency.weebly.com/residency.html
締切まで あと約 2896 日

, 2020年参加アーティスト募集 アーティスト・イン・レジデンス「SAIKONEON」山梨、ギャラリー展示あり(東京)

2020年参加アーティスト募集 アーティスト・イン・レジデンス「SAIKONEON」山梨、ギャラリー展示あり(東京)

【内容】アーティスト・イン・レジデンス「 SAIKO NEON 」は、ジャンルの枠を超えた様々なクリエイターための研究、創作、交流の場を目指し本年4月より設立されました。
SAIKO NEONは東京より2時間たらずの距離にありながら雄大な富士の自然環境の元、山梨県西湖のほとりに施設を持ち、さらに東京の文化中心地のひとつである中目黒、代官山エリアの近くにあるギャラリースペース「月極」とも提携しています。

【対象分野】ビジュアルアート、デザイン、ミュージック、文学、漫画、パフォーマンス等

【応募締切】1年を通して応募可能

【WEB】https://saikoneon.com/
締切まで あと約 2896 日

助成: