公募・助成・レジデンス - 公募

国内外のアーティスト・イン・レジデンスや、助成金等の公募情報概要を掲載しています。
各情報が変更となる場合等もありますので、詳細は必ず各ホームページのリンクをご確認ください。
ご質問等は各団体にお問い合わせください。

▶ 一覧に戻る

, 大館・北秋田芸術祭2014「里に犬、山に熊。」全国公募展

大館・北秋田芸術祭2014「里に犬、山に熊。」全国公募展

【内容】恒例の「ゼロ展」に加え、「新しいひろば」「ののの…。」「野外彫刻 犬/熊」の4つの部門で公募展を開催。「ゼロ展2014」は平面、立体、インスタレーション、映像、パフォーマンスなど無審査で、ゲスト審査員の講評を受けられる。展示期間は10月11日~10月13日。
【応募締切】2014年9月26日(金)必着
【WEB】http://koubo.zero-date.org/
締め切られました

, ASIAN CREATIVE AWARDS 作品募集

ASIAN CREATIVE AWARDS 作品募集

【内容】次世代のアジアン・クリエイティブのシーンを担うクリエイターを見出し、国を超えて活躍する機会をサポートするアワード。

【募集部門】グラフィック作品(グラフィックデザイン、イラストレーション、写真ほか2Dで応募可能な作品)

【賞及び賞金】グランプリ(副賞:アジアプレゼンテーション・ツアー)ほか

【応募締切】2014年11月15日(土)

【WEB】http://www.ubies.net/award/
締め切られました

, The Association of Icelandic Visual Artists (SÍM)レジデンスプログラム(レイキャビック/アイスランド)

The Association of Icelandic Visual Artists (SÍM)レジデンスプログラム(レイキャビック/アイスランド)

SÍMレジデンスはアイスランドで二つの制作場所を持つインターナショナルなレジデンスプログラムです。2002年に小さなベッドルームとスタジオから始まりましたが、世界中から150以上のアーティストを迎え、羽ばたいています(現在はレイキャビックに2ヶ所、ベルリンに1ヶ所)。この主な目的は異なる国のビジュアルアーティスト同士が互いに密接な関係を築き制作することで、国内外の直接的な繋がりをつくることです。芸術的なプロセスをサポートする制作環境をアーティストに提供することで、学び、遊び、反響するよう促すことを目指しています。本プログラムは行政の助成金を得ず、NPOとして活動してきたため、レジデンスのためのサポート金はありません。フィーは部屋によるが月額455〜710ユーロ(個室やシェア)。
【滞在期間】2018年7月〜12月(最大3ヶ月)
【締切】2018年1月31日 (水)
【web】http://sim.is/seljavegur-residency/
締め切られました

, 「Tokyo Contemporary Art Award 2019-2021」募集

「Tokyo Contemporary Art Award 2019-2021」募集

【内容】

東京都とトーキョーアーツアンドスペースは、海外での活動に意欲をもつ中堅アーティストを対象とした新たな現代美術の賞を創設します。本賞の受賞者には賞金のほか、翌年度内の海外での活動支援および翌々年度の東京都現代美術館での成果/受賞展の開催など、継続的な活動支援を行います。また、本賞は選考委員による推薦と公募を併用し、選考委員によるリサーチや書類審査、インタビューなどを経て2名の受賞者を決定します。

【対象分野】アーティスト

【応募期間】2018年8月23日(木)18:00(日本時間)まで

【WEB】http://haps-kyoto.com/en/?p=34934&preview=true
締切まで あと約 6 日

, シェル美術賞2018 作品募集

シェル美術賞2018 作品募集

若手作家を応援し、進化を続けるシェル美術賞。 描き続けるあなただけにしか生み出せない、多彩な可能性を秘めた意欲的な作品をお待ちしています。
【賞】グランプリ1点:100万円ほか
【審査員】島 敦彦(金沢21世紀美術館館長)/新藤 淳(国立西洋美術館研究員)/中井康之(国立国際美術館副館長)/藪前知子(東京都現代美術館学芸員)/大坂秩加(アーティスト)
【申込期間】2018年7月1日(日)~8月31日(金)
【web】http://www.showa-shell.co.jp/enjoy/art/index.html
締切まで あと約 14 日

, 広島市現代美術館「ゲンビどこでも企画公募2018」公募

広島市現代美術館「ゲンビどこでも企画公募2018」公募

【内容】「ゲンビどこでも企画公募」は、広島市現代美術館の無料パブリックスペースをアーティストに開放して開催するオープン・プログラムです。美術館の展示室以外の空間に着目し、それらの空間的特徴をいかした作品プランを国内外から募集します。

【対象分野】開催期間を通して展示可能な作品であること。(パフォーマンスや演奏の場合は1日でも可)実現可能である作品であれば、作品のジャンルは問いません。

【応募期間】2018年7月1日(日)~8月31日(金)必着

【WEB】https://www.hiroshima-moca.jp/dokodemo/index.html
締切まで あと約 14 日

, Aesthetica Art Prize Now Open for Entries

Aesthetica Art Prize Now Open for Entries

 

【内容】

Aesthetica Art Prize Now Open for Entries
イギリスのアート雑誌「Aesthetica」が主催するこの賞は、世界中の卓越した才能に与えられます。若手アーティストや中堅アーティストともに、幅広い鑑賞者に対して作品を展示し、さらに国際的なアートの世界と関わりを持つ機会を提供します。審査員は主要な美術館等の専門家によって構成されています。新人賞もあり(卒業2年以内まで)。

【賞】グランプリ 5000ポンドほか

【応募期間】2018年8月31日(日)締切

【WEB】http://www.aestheticamagazine.com/art-prize/
締切まで あと約 14 日

, House Of Third Swish (HOTS)(西ジャワ/インドネシア)

House Of Third Swish (HOTS)(西ジャワ/インドネシア)

【内容】

この募集はASEAN諸国と日本、オランダを拠点にするキュレーター、研究者、科学者、アーティスト等に向けています。滞在期間は6ヶ月間(2019年2月1日から7月31日)。OTSは滞在費、スタジオ、月ごとの経費(3500000 IDR)、旅費(最寄りの空港からスカルノ・ハッタ国際空港までの航空チケット)、制作費(10000000 IDR)を提供し、このプログラムを実現することをサポートします。6ヶ月間の滞在ビザを取得すること。

【対象分野】キュレーター、研究者、科学者、アーティスト

【応募期間】2018年9月1日(土)

【WEB】https://shibuyaawards.com
締切まで あと約 15 日

, SHIBUYA AWARDS 2018

SHIBUYA AWARDS 2018

【内容】

渋谷芸術祭はより多くの参加者へ価値を提供できる機関への進化を目指し、2014年に「SHIBUYA AWARDS」を創設しました。同アワードは、国際的な文化発信都市渋谷という場所に集まる多種多様なアート作品の中から入選作品を決定。入選作品は渋谷芸術祭にて一般展示を行い、受賞作品を決定します。受賞作品は渋谷芸術祭後、巡回展示を開催。Shibuya for SNBA賞受賞作品は、「Salon des National Beaux Arts 2018 Exhibition in Paris」へ出品し、世界へと発表します。

【賞】大賞(1点) 賞金30万円、巡回展示へ招待、賞状 ほか

【応募期間】2018年09月07日 (金) 作品提出・応募締切

【WEB】https://shibuyaawards.com
締切まで あと約 21 日

, 第7回 札幌500m美術館賞

第7回 札幌500m美術館賞

【内容】

500m美術館では、2018年度も現代アートの作品プランおよび企画プランのコンペティション「第7回 札幌500m美術館賞」を実施します。500m美術館のガラスケース(幅12,000mm × 高さ2,000mm × 奥行650mm)2基、全長24mの作品展示プランを募集。アーティストの個展、キュレーターによる企画展、作家同士のグループ展など、ガラスケース2基の空間を生かしたプランの中から4組を選出。二次審査通過者4組には「500m美術館賞グランプリ展」で実際に展示してもらい、その中から1組をグランプリに選出します。たくさんのご応募をお待ちしております。
【ゲスト審査員】服部浩之(キュレーター/秋田公立美術大学大学院准教授/アートラボあいちディレクター)

【応募期間】2018年9月15日(土)[必着]

【WEB】http://500m.jp/news/4470.html
締切まで あと約 28 日

, 京都文化力プロジェクト 野外インスタレーション公募展 作品プラン募集

京都文化力プロジェクト 野外インスタレーション公募展 作品プラン募集

京都文化力プロジェクト 野外インスタレーション公募展 作品プラン募集
本プロジェクトの2018(平成30)年度のリーディング事業として、国内外のアーティスト、クリエイター、建築家等から、野外に一時的に創出されるインスタレーション作品のプランを公募し、その中から選出したプランを実現します。応募内容は旧京都府立総合資料館を会場に、京都の景観や文化を活かし、都市における空間を大胆かつ想像力豊かに活用し、日常に楽しみと刺激を与える作品プラン。
【募集期間】2018年6月25日(月)~9月23日(日)必着
【賞】大賞(1点)制作補助費500万円。プランを元に作品を実現し展示。ほか
【web】http://culture-project.kyoto/news/detail/59
締切まで あと約 37 日

, Van Eyck Academie 2019レジデンス公募(マーストリヒト/オランダ)

Van Eyck Academie 2019レジデンス公募(マーストリヒト/オランダ)

【内容】

アーティスト、デザイナー、キュレーター、写真家、建築家、作家、評論家等、Jan van Eyckアカデミーで6〜12ヶ月間のレジデンスの参加者を公募します。マーストリヒトのVan Eyckは参加者の才能を進化させるための、国際的で総合的な学術機関であり、多角的な環境で参加者のプロジェクトを進化させるための時間と場所を提供します。
参加者は基本的に22〜41歳。過去にRijksアカデミーやDe アトリエのレジデンスプログラムに参加した方は応募できません。申請費として70ユーロ。入学金として2750ユーロ。滞在費として月に900ユーロ、年間2000ユーロの制作費を支給。

【応募期間】2018年10月1日(月)締切

【WEB】https://www.janvaneyck.nl/en/news/residencies-2019/
締切まで あと約 45 日

, JAMCA PRIZE 2018 フォトコンテスト 絵画/イラストコンテスト

JAMCA PRIZE 2018 フォトコンテスト 絵画/イラストコンテスト

【内容】

JAMCA(全国自動車大学校・整備専門学校協会)が、「JAMCA PRIZE 2018」を開催します。若者たちの青春のワンシーンや身近なクルマをテーマにした写真、理想のクルマや未来のクルマをテーマにした絵画・イラスト等をご応募ください。素晴らしい作品、面白い作品をお待ちしています。

【賞】グランプリ(1点) 賞金30万円、賞状 ほか

【応募期間】2018年10月13日 (土) 作品提出・応募締切

【WEB】http://www.photo-con.jp
締切まで あと約 57 日

, 月刊美術 Presents 美術新人賞「デビュー2019」

月刊美術 Presents 美術新人賞「デビュー2019」

【内容】

美術新人賞「デビュー」は、美術雑誌「月刊美術」が主催するコンクールです。将来プロとして活躍する画家を育てたいという思いから2013年にスタートし、今年で7回を数えます。
美術雑誌だからこそできる若手支援とは何かを考え、賞金を授与するだけでなく、誌面で継続的に紹介し、画廊や美術関係者との橋渡しをすることで、皆さんの活躍を後押ししていきます。

【参加資格】日本在住で18歳以上45歳以下の方(2018年9月3日時点)

【応募期間】2018年9月3日(月)~10月25日(木)必着

【WEB】http://www.gekkanbijutsu.co.jp/debut/debut2019/
締切まで あと約 59 日

, 京畿世界陶磁ビエンナーレ2019 KOREA

京畿世界陶磁ビエンナーレ2019 KOREA

【内容】京畿世界陶磁ビエンナーレ2019 KOREA 国際コンペ展

【対象分野】陶芸(アートワーク含む)

【応募期間】2018年10月1日〜10月31日

【WEB】http://ic.gicb.kr/eng/sub/guide_2019.asp

締切まで あと約 75 日

, ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2019

ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2019

【内容】

初開催の1999年、ラフォーレ原宿で上映した作品は30作品(開催期間は3日間)でした。それから20年がたったいま、世界から約1万本のショートフィルムが集まる国際短編映画祭へと成長しました。この20年はショートフィルムの文化が日本に根付き、芽吹いた歳月だったと言えるでしょう。次の20年とその先へ。これからもショートショートが日本と世界をつなぐ窓となり、新時代を切り開くクリエイターと共に歩み続ける映画祭であるために、ショートショートが大切にしてきたことを改めて見つめます。

【応募期間】各部門による(多くの部門で2019年1月31日締切)

【WEB】http://www.shortshorts.org/2019_call_for_entry/guide.html
締切まで あと約 167 日

, Lakkos Artists residency(イラクリオン/ギリシャ)

Lakkos Artists residency(イラクリオン/ギリシャ)

【内容】

このレジデンスプログラムは様々なクリエイティブな活動をベストに導くフレキシブルな場所です。ミュージシャンにはミュージシャン、作家には作家、ペインターにはペインターと、それぞれ地元の方をを紹介しつなぎます。地元の歴史について研究したい考古学者も歓迎。滞在先は少し古い伝統的な家です。このプログラムはオーストラリア人のアーティスト、Mathew Halpinにより運営され、彼も滞在先に住んでいます。
滞在費は提案制、寄付として、将来的に建物の修復やアートプロジェクト等に使用します。キッチンには自炊のための道具は用意していますが、食事はつきません。同時に5組のアーティストまで受け入れ可。最低2週間滞在。

【締切】随時

【WEB】https://lakkosartistsresidency.weebly.com/residency.html
締切まで あと約 2556 日

助成: