公募・助成・レジデンス - 国内

国内外のアーティスト・イン・レジデンスや、助成金等の公募情報概要を掲載しています。
各情報が変更となる場合等もありますので、詳細は必ず各ホームページのリンクをご確認ください。
ご質問等は各団体にお問い合わせください。

▶ 一覧に戻る

, 大館・北秋田芸術祭2014「里に犬、山に熊。」全国公募展

大館・北秋田芸術祭2014「里に犬、山に熊。」全国公募展

【内容】恒例の「ゼロ展」に加え、「新しいひろば」「ののの…。」「野外彫刻 犬/熊」の4つの部門で公募展を開催。「ゼロ展2014」は平面、立体、インスタレーション、映像、パフォーマンスなど無審査で、ゲスト審査員の講評を受けられる。展示期間は10月11日~10月13日。
【応募締切】2014年9月26日(金)必着
【WEB】http://koubo.zero-date.org/
締め切られました

, ASIAN CREATIVE AWARDS 作品募集

ASIAN CREATIVE AWARDS 作品募集

【内容】次世代のアジアン・クリエイティブのシーンを担うクリエイターを見出し、国を超えて活躍する機会をサポートするアワード。

【募集部門】グラフィック作品(グラフィックデザイン、イラストレーション、写真ほか2Dで応募可能な作品)

【賞及び賞金】グランプリ(副賞:アジアプレゼンテーション・ツアー)ほか

【応募締切】2014年11月15日(土)

【WEB】http://www.ubies.net/award/
締め切られました

, 六甲ミーツ・アート 芸術散歩2019

六甲ミーツ・アート 芸術散歩2019

【内容】阪神電気鉄道株式会社とそのグループ会社である六甲山観光株式会社は、現代アートの展覧会「六甲ミーツ・アート 芸術散歩2019」を2019年9月13日から11月24日まで開催します。
六甲ミーツ・アート 芸術散歩は、神戸・六甲山の土地柄や景観を活かした展覧会です。現代アート作品を通じ、自然や眺望、文化や歴史といった、六甲山本来の魅力を五感で感じてもらい、これを機に新たな六甲山ファンを増やし、山上の活性化につなげていきたいという思いのもと、2010年秋から毎年開催しています。10回目となる2019年は、招待、公募をあわせ40組を超えるアーティストが、10会場を舞台に六甲山ならではの作品を制作・展示する予定です。
開催に伴い、公募部門の作品を募集します。六甲山の景観や会場となる施設の特性を活かし、六甲山エリアの魅力を一段と引き出せる作品プランをご応募ください。
【締切】2019年5月7日(火) 作品提出・応募締切、消印有効
【web】https://www.rokkosan.com/art2019/
締め切られました

, 清流の国ぎふ芸術祭 Art Award IN THE CUBE 2020 作品募集

清流の国ぎふ芸術祭 Art Award IN THE CUBE 2020 作品募集

【公募テーマ】「記憶(きおく)のゆくえ」

【内容】

古来、豊かな自然に恵まれ、森林を源とする「清流」が県内をあまねく流れる岐阜県。 里や街を潤すこの「清流」は、東濃の陶磁器、飛騨の木工芸、美濃和紙、関の刃物な ど匠の技を磨き、千有余年の歴史を誇る鵜飼などの伝統文化を育むとともに、新たな 創造の源となっています。
2017年4月、岐阜県では、想像力溢れる新たな才能の発掘と育成を目的に、企画公 募展「清流の国ぎふ芸術祭 Art Award IN THE CUBE 2017」を開催したところ、海外 を含め 790件もの応募をいただきました。15 組の入選者の皆さんは、この「AAIC2017」 をきっかけに、大きく羽ばたかれています。
「AAIC2017」から 3年、2020年4月、本県では再び 4.8m(幅)×4.8m(奥行)×3.6m(高さ) のキューブを無限の小宇宙に見立て、自由に表現していただく「AAIC2020」を開催します。

【応募締切】2019年5月13日(月)17:00必着

【WEB】https://art-award-gifu.jp
締め切られました

, 第4回 “Artist Support”若手アーティスト支援事業 出展作家募集

第4回 “Artist Support”若手アーティスト支援事業 出展作家募集

【内容】若手アーテイストの作家活動を支援するために、東大阪市民美術センターにおいて作品発表を行う展覧会関催の機会を提供します。

【対象分野】主に作品制作活動を大阪府周辺にて行い発表を続けている個人およびグループ

【応募締切】2019年8月20日(火)

【WEB】https://higashiosaka-art.org/exhibition/img/ex1911_wakateartist01.pdf
24時間以内に締切

, 広島市現代美術館「ゲンビどこでも企画公募2019」

広島市現代美術館「ゲンビどこでも企画公募2019」

【内容】美術館の無料パブリックスペース(アプローチプラザ、エントランスホール、回廊、ホワイエ、ミュージアムスタジオ、階段まわり等)を活用した作品プランを募集します。空間の特徴をいかす、視点の独自性、作品の独創性を重視して審査します。開催期間を通して展示可能な作品であること(パフォーマンスや演奏の場合は1日でも可)。実現可能である作品であれば、作品のジャンルは問いません。

【特別審査員】池水慶一(現代美術作家)、木村絵理子(横浜美術館主任学芸員・ヨコハマトリエンナーレ2020企画統括)、森本アリ(音楽家・旧グッゲンハイム邸運営・シオヤプロジェクト主宰)

【応募締切】2019年8月23日(金)

【WEB】https://www.hiroshima-moca.jp/dokodemo/?fbclid=IwAR2b0daX49NjZ9tPdO9vpsbh-PaMBZ4zI6fQGx2nbVf0YzppTR9qHtq-NnM
締切まで あと約 3 日

, 第2回尼崎市文化未来奨励賞

第2回尼崎市文化未来奨励賞

【内容】芸術性の高い優秀な作品などを創作し、全国規模の活動を展開しようとしている若手芸術家を選考し、顕彰するとともに、市内で発表する機会を持てるよう支援を行います。奨励賞受賞者には、奨励賞副賞10万円に加え、発表等奨励金として100万円を上限に支援します。

【対象分野】芸術文化に関わる活動を行い、次のすべての条件に該当する者

(1)  出身、在住、活動拠点いずれかが尼崎市もしくは尼崎市内での活動が顕著である
(2)  令和2年4月1日現在で40歳以下である
(3)  尼崎市の芸術文化の振興や発信に貢献する活動を行っている
(4)  文学、音楽、美術、写真、演劇、舞踊、メディア芸術、その他の芸術で活動している

【応募締切】2019年8月30日(金曜日)(当日消印有効)

【WEB】http://www.city.amagasaki.hyogo.jp/manabu/art/1011784/1016825.html
締切まで あと約 10 日

, シェル美術賞2019

シェル美術賞2019

【内容】シェル美術賞は、美術界に大きな影響を与えたシェル美術賞(1956年~1981年)、および昭和シェル現代美術賞(1996年~2001年)の合計31回の実績を経て、2003年に再開し、本年48回目の開催となる現代美術の公募展です。次世代を担う若手作家のための美術賞であり、創設当初より完全な公募制で実施しています。現在では「若手作家の登竜門」として、美術界で高い評価を頂いています。2019年は創設63年目を迎え、新任2名を含む計5名の審査員による多彩な視点からの審査、学生支援企画、また、昨年からスタートした「レジデンス支援プログラム」を本年も実施します。当社は、次世代育成を軸としたメセナ活動である「シェル美術賞」を通じて、若手作家の活躍を継続的に支援し、美術界の発展に貢献したいと考えています。今後も、無限の可能性を秘めた若手作家の応募と、受賞作家の方々の更なる飛躍を期待しています。

【応募締切】2019年8月30日(金)

【WEB】https://www.idss.co.jp/enjoy/culture_art/art/about.html
締切まで あと約 10 日

, SHIBUYA ART AWARDS 2019

SHIBUYA ART AWARDS 2019

【内容】6回目となる『SHIBUYA ART AWARDS 2019』では、皆様から広くアート作品を募集いたします。 入選作品は、入選作品展(第11回渋谷芸術祭2019内)にて一般展示をし、最終審査を行います。 受賞作品は、渋谷芸術祭後、巡回展示へご招待。

【賞・入選】大賞1 作品 /賞状、副賞:賞金30 万円、巡回展示へのご招待、他

【応募締切】2019年9月6日(金) 23:59

【WEB】https://shibuyaawards.com
締切まで あと約 17 日

, THEATRE E9 KYOTO 第1期アソシエイトアーティスト募集

THEATRE E9 KYOTO 第1期アソシエイトアーティスト募集

【内容】THEATRE E9 KYOTOは、舞台芸術作品を共に創造するアソシエイトアーティストを募集いたします。契約期間は3年間とし、THEATRE E9 KYOTOとstudio seedboxを稽古及び上演にご活用いただきます。また今後、毎年度毎に1名の追加募集をしていく予定です。2020年代における舞台芸術作品とは何か、私たちが求める創造環境とは何か?とりわけ民間劇場における公共性について共に考えていきたいと思います。皆様よりのご応募をお待ちしております。

【募集内容】

・THEATRE E9 KYOTOの1週間の劇場使用料無料
・studio seedboxの3週間の使用料無料
但し、いずれも電気代は実費をご負担いただきます。

・広報やプロモーションの協力
クレジットは「共催」となります。独自のファンドレイズを推奨します。

【応募締切】2019年9月9日

【WEB】https://askyoto.or.jp/info/1296?fbclid=IwAR1nEJy_rdlMMD7STxWw65WuQQTs2aAXwmq4C_pAAML5ZgvUu4B4NwA_QY8
締切まで あと約 20 日

, 星乃珈琲店絵画コンテスト

星乃珈琲店絵画コンテスト

【内容】星乃珈琲店は、新しい才能を発掘するため、星乃珈琲店絵画コンテストを実施しています。クリエーターに活躍の場を提供するため、受賞作品は副賞金による買上げとし、作者名と共に全国の星乃珈琲店で「旅する絵画」として巡回展示させていただきます。蔵造りの店内を飾る、時代に捉われない力強い作品を期待します。全国に約220店舗を展開する星乃珈琲店のうち、110店ほどある蔵造りの店内に作者名、作品名、作品コンセプト文、作者PRを記載したパネルと共に3ヶ月に一度のペースで全国の店舗を旅します。

【応募締切】2019年9月15日(日)

【WEB】https://artcontest.hoshinocoffee.com
締切まで あと約 26 日

, 第23回 岡本太郎 現代芸術賞

第23回 岡本太郎 現代芸術賞

【内容】1954年、岡本太郎43歳のときに出版された『今日の芸術』。この本には、「時代を創造する者は誰か」というサブタイトルがつけられていました。1996年、岡本太郎没、享年84歳。その直後、岡本太郎記念現代芸術大賞 (2006年 岡本太郎現代芸術賞に改称) 、通称「TARO賞」が創設されました。彼の遺志を継ぎ、まさに「時代を創造する者は誰か」を問うための賞。今年は第23回をむかえます。「時代を創造する者は誰か」―この半世紀前の太郎の真摯な問いかけを胸に刻んで、創作活動に邁進する方々の、幅広い応募を呼びかけたいと思います。応募規定に沿う作品であれば、その形状、技法等はまったく自由。美術のジャンル意識を超え、審査員を驚かす「ベラボーな」(太郎がよく使った言葉です)作品の応募を期待しています。

【応募締切】2019年9月15日(日)

【WEB】http://www.taro-okamoto.or.jp/info/taroaward.html
締切まで あと約 26 日

, 「日本財団 DIVERSITY IN THE ARTS 公募展」作品を募集

「日本財団 DIVERSITY IN THE ARTS 公募展」作品を募集

【内容】日本財団 DIVERSITY IN THE ARTS は、誰もが参加できるインクルーシブな社会の実現を目指し、障害のある方のアート活動を中心に多様性の意義と価値を広く伝え、越境や交錯、交歓の喚起を導くプロジェクトに取り組んでいます。この公募展は、2018年度より始動しており、障害のある方が制作した過去に受賞歴のない作品を募集します。昨年度は、国内外から、2,256点の応募がありました。絵画、イラスト、グラフィックデザイン、書、写真、造形など。素材やテーマは自由です。審査は、7名の美術家や美術関係者が、各々の領域の知見で作品を選定します。また、入選作品は、昨年度同様、東京・横浜のギャラリーでの公開を予定しています。既成概念や美術史に影響されない、心揺さぶるような作品のご応募をお待ちしております。
【対象分野】

国内外を問わず、障害のある方が制作したアート作品で過去に受賞歴のない作品。
応募資格:作者本人または親権者(未成年)、保護者、後見人もしくは作者から作品の使用権を移譲された法人。

【応募締切】2019年9月20日(金)

【WEB】https://www.diversity-in-the-arts.jp/news/14239
締切まで あと約 31 日

, 京都国際映画祭 コンペティション企画「クリエイターズ・ファクトリー」【アート部門】

京都国際映画祭 コンペティション企画「クリエイターズ・ファクトリー」【アート部門】

【内容】

〝次世代を担う人材・才能〞の発掘・育成を目的としたコンペティション企画「クリエイターズ・ファクトリー」を今年も実施し、映像・アートの分野から幅広いジャンルのクリエイターの皆様の参加を募っています。本プロジェクトの実施を通して、映像、音楽、絵画、写真、アニメ、CG、ファッション、工芸など様々なジャンルのクリエイターが表現できる場を作り、才能あるクリエイターの発掘、育成を目指し、世界に発信していきたいと思っております。映像以外のアート作品としては、絵画、工芸、写真、立体造形など多岐に亘るジャンルが応募対象となります。
「アート部門」については、絵画や立体造形、映像作品も含む様々なジャンルのアーティストによる応募が可能です。アート部門優秀賞 賞金50万円

【応募締切】2019年9月20日(金) ※必着

【WEB】https://2018.kiff.kyoto.jp/cf2019.html
締切まで あと約 31 日

, アーティスト・イン・レジデンス「自主活動プログラム2020冬季」「招聘プログラム2020春季」公募

アーティスト・イン・レジデンス「自主活動プログラム2020冬季」「招聘プログラム2020春季」公募

【内容】ゆいぽーと(新潟市芸術創造村・国際青少年センター)では、滞在型の創作活動を行う芸術家等を国内外から募集、支援することで、創造性に富んだ人材が集まりやすい環境づくりを進め、新潟市の魅力を国内外に発信することと共に、滞在する芸術家等と市民が交流することで地域の自然や歴史、文化の魅力を再発見し、地域の誇りづくりや愛着づくりにつなげることを目的に、アーティスト・イン・レジデンス事業を実施します。

【応募締切】2019年9月30日(月)【必着】

【WEB】https://www.yui-port.com/information.php?q=1828
締切まで あと約 41 日

, FACE 損保ジャパン日本興亜美術賞

FACE 損保ジャパン日本興亜美術賞

【内容】第8回目となる公募コンクールFACE 2020(損保ジャパン日本興亜美術賞)では、「年齢・所属を問わず、真に力がある作品」を公募いたします。美術評論家を中心とした審査員の厳正な審査により、「将来国際的にも通用する可能性を秘めた」作品約70点を入選作品とし、その中から合議制でグランプリ、優秀賞、読売新聞社賞を選出し、各審査員が審査員特別賞を決定いたします。さらに、観覧者投票によりオーディエンス賞を授与いたします。 グランプリ受賞作品は当館で収蔵し、次回のFACE展開催時に展示され、各回のグランプリ、優秀賞の受賞作家4名には、3年毎に開催予定の12名グループ展『絵画ゆくえ』にご出品いただきます。 「新進作家の登竜門」となるべく、本美術賞では、時代の感覚を捉えた輝く作品のご出品を期待いたします。

【応募期間】2019年9月16日(月)~10月20日(日)

【WEB】https://www.sjnk-museum.org/face
締切まで あと約 61 日

, 川村文化芸術振興財団 2020年度ソーシャリー・エンゲイジド・アート支援助成

川村文化芸術振興財団 2020年度ソーシャリー・エンゲイジド・アート支援助成

【目的】「ソーシャリー・エンゲイジド・アート支援助成」は、コミュニティや社会にコミットし、地域社会や住民とともに制作や活動を実施し、より良い社会モデルの提示や構築を目指す日本国内で実施されるソーシャリー・エンゲイジド・アートプロジェクトに対して助成します。これにより芸術文化と社会との関係性をさらに深化させ、日本における文化の発展向上に寄与することを目的とします。

【助成内容】

採択件数:1件〜複数件 助成額:上限450万円 ※助成金は数回に分けて支給いたします。

助成期間:2020年4月1日〜2021年3月31日

【応募締切】2019年10月27日(日) 18時まで(※日本時間)

【WEB】http://www.kacf.jp/guideline.html
締切まで あと約 68 日

, ゲンビ『広島ブランド』デザイン公募

ゲンビ『広島ブランド』デザイン公募

【内容】「ゲンビ『広島ブランド』デザイン公募」は広島にちなんだモノ・コトにまつわるデザイン案を募集し、すぐれた作品を展覧会として紹介するオープン・プログラムです。広島の名産品や風土、文化をテーマとし、デザインの観点から発展させた新たな「広島ブランド」のアイデアを募集します。

【対象分野】広島が誇る名産、風土、文化がもたらす暮らしの豊かさを、よりいっそう高めるデザインアイデアとそのプレゼンテーションとしての展示プランを募集します。建築、プロダクト、グラフィック、ファッションなど、デザインのジャンルは問いません。

【応募締切】2019年11月12日(火)(必着)

【WEB】https://www.hiroshima-moca.jp/h-brand/application.html
締切まで あと約 84 日

, 京都造形芸術大学 舞台芸術研究センター 2020年度共同研究(劇場実験型・リサーチ支援型)公募事業の募集

京都造形芸術大学 舞台芸術研究センター 2020年度共同研究(劇場実験型・リサーチ支援型)公募事業の募集

【内容】〈舞台芸術作品の創造・受容のための領域横断的・実践的研究拠点〉では、本拠点の研究理念である「ラボラトリー機能」に係る研究プロジェクトとして、2種類の研究事業を公募いたします。

【応募締切】2019年8月20日(火)23:59、2019年12月10日(火)23:59

【WEB】http://www.k-pac.org/kyoten/public/
締切まで あと約 112 日

, ヨコハマ創造産業振興助成 事務所開設奨励部門 募集

ヨコハマ創造産業振興助成 事務所開設奨励部門 募集

【内容】アーツコミッション・ヨコハマ(略称:ACY、公益財団法人横浜市芸術文化振興財団運営)は、“つなぐ、ふやす、アートの現場”を標語に、横浜市文化観光局が掲げる「文化芸術創造都市・横浜」施策に基づき、横浜都心臨海部にクリエイターを多数迎え、様々な担い手と協働し、実験的な取組を行い、横浜ならではの魅力を生み出すことに寄与しています。この一環として、本年度より創造産業振興のための助成を行います。本助成プログラムを通じて、革新的、創造的な取組を支援し、創造産業へ積極的に行動する街・横浜を目指します。事務所開設奨励部門は、革新的な取組を行うクリエイティブ企業が関内・関外地区に拠点を構えることに対する支援です。横浜から国内外に新たな取組を発信する挑戦をお待ちしております。

【対象分野】助成趣旨に合致し、下記要件を満たすクリエイティブ企業、但し3名以上の推薦人を必要とする。①法人格を有すること(従業者数3名以上)②国内外で顕著な業務実績がある、または業務実績があるクリエイターを有すること③申請時点において横浜市外に事務所があり、新たに図1にある対象区域内の建物に事務所を開設すること

【応募締切】2019月12月27日(金)まで随時 ※本制度は都度審査のため交付額が予算上限を超えた時点で受付は終了

【WEB】http://acy.yafjp.org/grants/raise/sozosangyo-jimusyo2019.html
締切まで あと約 129 日

助成: