公募・助成・レジデンス - 国内

国内外のアーティスト・イン・レジデンスや、助成金等の公募情報概要を掲載しています。
各情報が変更となる場合等もありますので、詳細は必ず各ホームページのリンクをご確認ください。
ご質問等は各団体にお問い合わせください。

▶ 一覧に戻る

, 大館・北秋田芸術祭2014「里に犬、山に熊。」全国公募展

大館・北秋田芸術祭2014「里に犬、山に熊。」全国公募展

【内容】恒例の「ゼロ展」に加え、「新しいひろば」「ののの…。」「野外彫刻 犬/熊」の4つの部門で公募展を開催。「ゼロ展2014」は平面、立体、インスタレーション、映像、パフォーマンスなど無審査で、ゲスト審査員の講評を受けられる。展示期間は10月11日~10月13日。
【応募締切】2014年9月26日(金)必着
【WEB】http://koubo.zero-date.org/
締め切られました

, ASIAN CREATIVE AWARDS 作品募集

ASIAN CREATIVE AWARDS 作品募集

【内容】次世代のアジアン・クリエイティブのシーンを担うクリエイターを見出し、国を超えて活躍する機会をサポートするアワード。

【募集部門】グラフィック作品(グラフィックデザイン、イラストレーション、写真ほか2Dで応募可能な作品)

【賞及び賞金】グランプリ(副賞:アジアプレゼンテーション・ツアー)ほか

【応募締切】2014年11月15日(土)

【WEB】http://www.ubies.net/award/
締め切られました

, 秋吉台国際芸術村レジデンス・サポート・プログラム・アーティスト募集

秋吉台国際芸術村レジデンス・サポート・プログラム・アーティスト募集

レジデンス・サポート・プログラムは、アーティストたちにとってその後の活動のための実験の場であり、新しい体験の場となります。作家たちは滞在する場所の文化、環境、そしてそこに生活する人々からアイデアを受け取り、創作活動を通じて新しい発想や視点を地域にもたらします。私たちは、秋吉台国際芸術村レジデンス事業が、様々な思想や文化の枠を越え、人々が行き交い、ふれ合う場となることを期待します。また、アーティストには意欲的に様々なプロジェクトに取り組むことが望まれ、創作活動とともに、その成果発表やアウトリーチなど地域交流プログラムを積極的に行っていただきます。
【テーマ】この土地の未来
【レジデンス期間】2018年 1月14日(日)- 3月9日(金)[55日間]
【締切】2017年7月31日(月)
【web】http://aiav.jp/event/5280.html
締切まで あと約 6 日

, 京都市芸術文化特別奨励制度(奨励金300万円)平成30年度奨励者の募集

京都市芸術文化特別奨励制度(奨励金300万円)平成30年度奨励者の募集

京都市では、新たな芸術文化の創造を促進し、京都の芸術文化の振興を図ることを目的に、これから大きくはばたこうとする若い芸術家の方々を奨励しています。この度、平成30年度に行う活動を支援する奨励者(平成29年度中に決定)を次のとおり募集します。
【奨励の内容】将来に向けて、積極的な芸術文化活動を行うための奨励金を交付します。奨励金の金額は、1個人又は1グループにつき300万円です(課税対象所得となります)。
平成30年2月頃に奨励者を決定し、4月頃に奨励金を交付します(予定)。
【受付期間】2017年5月1日(月)~平成29年7月31日(月)(必着)
【web】<a href="http://www.kac.or.jp/21064/" title="http://www.kac.or.jp/21064/">http://www.kac.or.jp/21064/</a>
締切まで あと約 6 日

, ゲンビどこでも企画公募2017 公募

ゲンビどこでも企画公募2017 公募

「ゲンビどこでも企画公募」は、広島市現代美術館の無料パブリックスペースをアーティストに開放して開催するオープン・プログラムです。美術館の展示室以外の空間に着目し、それらの空間的特徴をいかした作品プランを国内外から募集します。空間と作品が互いに魅力を引き出し合うことが審査の重要なポイントです。絵画、立体、インスタレーション、パフォーマンス等、作品ジャンルは問いません。
【特別審査員】島 敦彦(金沢21世紀美術館館長)、高嶺 格(美術作家、秋田公立美術大学准教授)、難波 祐子(現代美術キュレーション)
【募集期間】2017年6月28日~8月26日
【web】https://www.hiroshima-moca.jp/dokodemo/
締切まで あと約 32 日

, シェル美術賞 2017

シェル美術賞 2017

昭和シェル石油が「シェル美術賞 2017」を実施します。同賞は、次世代を担う若手作家のための美術賞であり、設設当初より完全な公募制で実施を続けています。2017年は創設61年を迎え、新たな取り組みにも挑戦し、新しいステージへと進んでゆきます。また多様な視点からの審査を行い、受賞・入選作品については選考の上、12月に展示公開します。世界に先駆ける可能性を秘めた、才能あふれる意欲的な作品をご応募ください。
【締切】2017年9月1日 (金) 事前申込締切、必着
【賞】グランプリ(1点)賞金100万円、審査員賞(5点)賞金各30万円
【審査員】島 敦彦(金沢21世紀美術館 館長)、新藤 淳(国立西洋美術館 研究員)、能勢陽子(豊田市美術館 学芸員)、橋爪 彩(アーティスト)、藪前知子(東京都現代美術館 学芸員)
【web】http://www.showa-shell.co.jp/enjoy/art/
締切まで あと約 38 日