公募・助成・レジデンス - 国内

国内外のアーティスト・イン・レジデンスや、助成金等の公募情報概要を掲載しています。
各情報が変更となる場合等もありますので、詳細は必ず各ホームページのリンクをご確認ください。
ご質問等は各団体にお問い合わせください。

▶ 一覧に戻る

, 大館・北秋田芸術祭2014「里に犬、山に熊。」全国公募展

大館・北秋田芸術祭2014「里に犬、山に熊。」全国公募展

【内容】恒例の「ゼロ展」に加え、「新しいひろば」「ののの…。」「野外彫刻 犬/熊」の4つの部門で公募展を開催。「ゼロ展2014」は平面、立体、インスタレーション、映像、パフォーマンスなど無審査で、ゲスト審査員の講評を受けられる。展示期間は10月11日~10月13日。
【応募締切】2014年9月26日(金)必着
【WEB】http://koubo.zero-date.org/
締め切られました

, ASIAN CREATIVE AWARDS 作品募集

ASIAN CREATIVE AWARDS 作品募集

【内容】次世代のアジアン・クリエイティブのシーンを担うクリエイターを見出し、国を超えて活躍する機会をサポートするアワード。

【募集部門】グラフィック作品(グラフィックデザイン、イラストレーション、写真ほか2Dで応募可能な作品)

【賞及び賞金】グランプリ(副賞:アジアプレゼンテーション・ツアー)ほか

【応募締切】2014年11月15日(土)

【WEB】http://www.ubies.net/award/
締め切られました

, 六甲ミーツ・アート 芸術散歩2019

六甲ミーツ・アート 芸術散歩2019

【内容】阪神電気鉄道株式会社とそのグループ会社である六甲山観光株式会社は、現代アートの展覧会「六甲ミーツ・アート 芸術散歩2019」を2019年9月13日から11月24日まで開催します。
六甲ミーツ・アート 芸術散歩は、神戸・六甲山の土地柄や景観を活かした展覧会です。現代アート作品を通じ、自然や眺望、文化や歴史といった、六甲山本来の魅力を五感で感じてもらい、これを機に新たな六甲山ファンを増やし、山上の活性化につなげていきたいという思いのもと、2010年秋から毎年開催しています。10回目となる2019年は、招待、公募をあわせ40組を超えるアーティストが、10会場を舞台に六甲山ならではの作品を制作・展示する予定です。
開催に伴い、公募部門の作品を募集します。六甲山の景観や会場となる施設の特性を活かし、六甲山エリアの魅力を一段と引き出せる作品プランをご応募ください。
【締切】2019年5月7日(火) 作品提出・応募締切、消印有効
【web】https://www.rokkosan.com/art2019/
締め切られました

, 清流の国ぎふ芸術祭 Art Award IN THE CUBE 2020 作品募集

清流の国ぎふ芸術祭 Art Award IN THE CUBE 2020 作品募集

【公募テーマ】「記憶(きおく)のゆくえ」

【内容】

古来、豊かな自然に恵まれ、森林を源とする「清流」が県内をあまねく流れる岐阜県。 里や街を潤すこの「清流」は、東濃の陶磁器、飛騨の木工芸、美濃和紙、関の刃物な ど匠の技を磨き、千有余年の歴史を誇る鵜飼などの伝統文化を育むとともに、新たな 創造の源となっています。
2017年4月、岐阜県では、想像力溢れる新たな才能の発掘と育成を目的に、企画公 募展「清流の国ぎふ芸術祭 Art Award IN THE CUBE 2017」を開催したところ、海外 を含め 790件もの応募をいただきました。15 組の入選者の皆さんは、この「AAIC2017」 をきっかけに、大きく羽ばたかれています。
「AAIC2017」から 3年、2020年4月、本県では再び 4.8m(幅)×4.8m(奥行)×3.6m(高さ) のキューブを無限の小宇宙に見立て、自由に表現していただく「AAIC2020」を開催します。

【応募締切】2019年5月13日(月)17:00必着

【WEB】https://art-award-gifu.jp
締め切られました

, 星野リゾート×avex CREATORS WALL

星野リゾート×avex CREATORS WALL

【内容】人が集い、新たなカルチャーが生まれる川崎。その土地に、星野リゾートは今年、OMOブランドで初めてのホステルタイプとなる「OMO3東京川崎」の開業を準備しています。そして今回、様々なホテルブランドを展開する星野リゾートと、クリエイターのエージェンシーを行うエイベックスにより、若手のクリエイターを募集します。テーマは「ふらっと旅、気ままに」。ペインティング、イラストレーション、グラフィック、写真など、平面作品であればジャンルは不問。入賞作品は、宿泊者の目に広く触れるホテルの壁紙に採用させていただきます。
【締切】2020年3月31日 (火)
【web】http://ha-cw.com
締切まで あと約 1 日

, 京都芸術センター 第42期 制作支援事業(制作室)/明倫ワークショップ

京都芸術センター 第42期 制作支援事業(制作室)/明倫ワークショップ

【内容】京都芸術センターでは、芸術の新たなあり方を求める芸術家の活動を支援するため、制作支援事業として12室の「制作室」を無償で提供しています。年に2回(9月、3月)募集を行い、選考を経て使用者を決定しています。制作支援事業では、自身の制作を見つめ直し、目的を据えて制作にあたる挑戦的な取り組みを歓迎します。じっくりと制作に取り組み(最長3ヵ月間)、作品を発表した後、作品や制作について振り返る(事業報告書の提出)ことで、芸術家が自身の活動をブラッシュアップすることを目指します。また、制作室使用者の活動を市民の方々に知っていただき、アートの世界を身近に感じていただく機会として、制作室使用者を講師とした明倫ワークショップを行っています。

【使用期間】2020年10月1日(木)-2021年3月31日(水)

【応募締切】2020年3月31日(火)

【WEB】https://www.kac.or.jp/27928/
締切まで あと約 1 日

, ALLOTMENT 2020年トラベルアワード募集

ALLOTMENT 2020年トラベルアワード募集

【内容】トラベルアワードの目的は、若手美術作家が活動していく中で日常生活と作家活動の両立に伴う様々な問題、または作品を継続して制作していく中での閉塞感といった問題に直面する作家に対して、新たな行動の機会を与え、前進する制作の手助けをすることです。制作旅行とは、作家が新たな作品制作をするために直接的または間接的に興味の有る場所を訪れて滞在し、その土地特有の地理的条件や歴史的背景などから自己の作品制作に必要なソースを抽出することです。国内の制作旅行を主に、またはアジア圏やアメリカ、ヨーロッパなど、トラベルアワードを使って新たな作品制作に挑む若手作家を下記の内容で募集します。助成金額20万円(一名)

【応募締切】2020年 4月6日(月)

【web】http://allotment.jp/travel-award/2020-2/
締切まで あと約 7 日

, Open Call_ TENRI ARTIST-IN-RESIDENCE in NARA 2020

Open Call_ TENRI ARTIST-IN-RESIDENCE in NARA 2020

【内容】天理市では2018年からアーティスト・イン・レジデンスプログラム「TENRI ARTIST-IN-RESIDENCE in NARA」を進めています。天理市は奈良県北部に位置し、日本最古の道「山の辺の道」や日本最古の神宮「石上神宮」があり、また「ヤマト王権」という国家誕生の舞台となった土地でもあります。そして日本有数の宗教都市でもある天理市には、多くの人々が行き来し、交流することで積み重ねてきた、歴史・風土そして文化が息づいています。本レジデンシープログラムは、天理市にアーティストが滞在し作品を制作することで、新たな創造の拠点として活動しています。

【招聘期間】2020年9月1日(火)-2021年1月31日(日)のうち90日から150日まで

【応募締切】2020年4月10日(金)

【WEB】https://tenri-tarn.tumblr.com/abouttarn
締切まで あと約 11 日

, ART LEAP 2020 展覧会プラン募集

ART LEAP 2020 展覧会プラン募集

【内容】「ART LEAP」とは、2018年より神戸アートビレッジセンター当センターが開催している30代~40代の芸術家を対象とした公募プログラムです。本企画が、自身の活動で経験を積んだ作家にとってステップアップの機会であるとともに、新たな表現の創造と意欲的な挑戦の舞台になることを期待します。
第3回となる今回は、審査員にキュレーターの服部浩之氏を迎え、選出された1名(組)の作家は、2021年2月~3月に当センターを会場に個展を開催します。
平面・立体・映像作品などの応募はもとより、シアターやスタジオのようなホワイトキューブとは異なる展示空間をポジティブに捉え、表現の可能性を広げることのできる作家、および幅広い作品・展覧会プランをお待ちしています。

【応募締切】2020年4月20日(月)※必着 持参の場合は22時まで。

【審査員】服部浩之(キュレーター/秋田公立美術大学大学院准教授、アートラボあいちディレクター)

【web】https://www.kavc.or.jp/events/5955/
締切まで あと約 21 日

, CAFAA賞2020作品募集

CAFAA賞2020作品募集

【内容】CAFAA賞(CAF・アーティスト・アワード)は、現代芸術にかかわるアーティストを対象としたアートアワードで、次なる世代の柱となる才能あるアーティストを選抜し、国際的に活躍するきっかけを提供することを目的に、2015年より実施しております。書類選考によって選ばれたファイナリスト3名には個展制作費50万円が支給され、2020年10月に都内で同時に個展を開催、グランプリを決定致します。最優秀賞受賞者には、賞金300万円に加え、ターナー賞受賞者を多数輩出した実績を持つ英・デルフィナ財団との提携により、現代アートシーンの中心であるロンドンで3ヶ月間にわたる滞在制作の機会が与えられます。

【応募期間】2020年3月1日(日)〜4月30日(木)18:00まで

【WEB】https://gendai-art.org/cafaa3/
締切まで あと約 30 日

, 第11回高知国際版画トリエンナーレ展

第11回高知国際版画トリエンナーレ展

【内容】芸術も多様化している現代において、もう一度原点に戻り、芸術を見直したい─そんな趣旨のもと、版画文化のさらなる発展を願って企画したのが「高知国際版画トリエンナーレ展」です。世界に誇る日本の伝統和紙の産地・高知で開催する意義から、出展作品の素材は紙に限定。ぬくもりあふれる紙の上で、豊かに表現される版画の世界は、トリエンナーレの名が示す通り、3年に1度開催しています。回を重ねるごとにレベルの高い作品が世界各国から集まり、国際的な作品展として注目されています。

【作品受付期間】2020年4月1日(水)~4月30日(木)

【WEB】https://kamihaku.com/triennial
締切まで あと約 31 日

, 六甲ミーツ・アート 芸術散歩2020

六甲ミーツ・アート 芸術散歩2020

【内容】「六甲ミーツ・アート 芸術散歩」は、神戸・六甲山の山上付近に展開される現代アートの展覧会です。
神戸六甲山の優れた景観や自然環境、歴史や文化を楽しみながらピクニック気分で芸術散歩を楽しんでいただく屋外展示を中心とした展覧会で、驚きや発見の場、さまざまな出逢いが生まれる場になることを目指してきました。開催に伴い、公募部門の作品を募集します。六甲山の景観や会場となる施設の特性を活かし、六甲山エリアの魅力を一段と引き出せる作品プランをご応募ください。グランプリは賞金100万円
【締切】2020年5月7日 (木) 消印有効
【web】https://www.rokkosan.com/art2020/
締切まで あと約 38 日

, ≪京都市都市計画局≫市有地を活用した文化芸術等のイベント提案募集

≪京都市都市計画局≫市有地を活用した文化芸術等のイベント提案募集

【内容】京都市では,令和5年度に予定されている京都市立芸術大学の移転を見据え,「京都駅東南部エリア活性化方針」を策定し,本エリアのまちづくりに取り組んでいます。現在,本エリアの市有地を活用し,文化芸術等を通じて地域の賑わいを生み出すイベント等を行っていただける方を募集しています。

【対象箇所】京都市南区東九条地区内の市有地

【事業期間】随時、提案募集(原則、令和2年度末まで)

【WEB】https://www.city.kyoto.lg.jp/tokei/page/0000254420.html
締切まで あと約 365 日

, 2020年参加アーティスト募集 アーティスト・イン・レジデンス「SAIKONEON」山梨、ギャラリー展示あり(東京)

2020年参加アーティスト募集 アーティスト・イン・レジデンス「SAIKONEON」山梨、ギャラリー展示あり(東京)

【内容】アーティスト・イン・レジデンス「 SAIKO NEON 」は、ジャンルの枠を超えた様々なクリエイターための研究、創作、交流の場を目指し本年4月より設立されました。
SAIKO NEONは東京より2時間たらずの距離にありながら雄大な富士の自然環境の元、山梨県西湖のほとりに施設を持ち、さらに東京の文化中心地のひとつである中目黒、代官山エリアの近くにあるギャラリースペース「月極」とも提携しています。

【対象分野】ビジュアルアート、デザイン、ミュージック、文学、漫画、パフォーマンス等

【応募締切】1年を通して応募可能

【WEB】https://saikoneon.com/
締切まで あと約 2832 日

助成: