公募・助成・レジデンス - 国内

国内外のアーティスト・イン・レジデンスや、助成金等の公募情報概要を掲載しています。
各情報が変更となる場合等もありますので、詳細は必ず各ホームページのリンクをご確認ください。
ご質問等は各団体にお問い合わせください。

▶ 一覧に戻る

, 大館・北秋田芸術祭2014「里に犬、山に熊。」全国公募展

大館・北秋田芸術祭2014「里に犬、山に熊。」全国公募展

【内容】恒例の「ゼロ展」に加え、「新しいひろば」「ののの…。」「野外彫刻 犬/熊」の4つの部門で公募展を開催。「ゼロ展2014」は平面、立体、インスタレーション、映像、パフォーマンスなど無審査で、ゲスト審査員の講評を受けられる。展示期間は10月11日~10月13日。
【応募締切】2014年9月26日(金)必着
【WEB】http://koubo.zero-date.org/
締め切られました

, ASIAN CREATIVE AWARDS 作品募集

ASIAN CREATIVE AWARDS 作品募集

【内容】次世代のアジアン・クリエイティブのシーンを担うクリエイターを見出し、国を超えて活躍する機会をサポートするアワード。

【募集部門】グラフィック作品(グラフィックデザイン、イラストレーション、写真ほか2Dで応募可能な作品)

【賞及び賞金】グランプリ(副賞:アジアプレゼンテーション・ツアー)ほか

【応募締切】2014年11月15日(土)

【WEB】http://www.ubies.net/award/
締め切られました

, 六甲ミーツ・アート 芸術散歩2019

六甲ミーツ・アート 芸術散歩2019

【内容】阪神電気鉄道株式会社とそのグループ会社である六甲山観光株式会社は、現代アートの展覧会「六甲ミーツ・アート 芸術散歩2019」を2019年9月13日から11月24日まで開催します。
六甲ミーツ・アート 芸術散歩は、神戸・六甲山の土地柄や景観を活かした展覧会です。現代アート作品を通じ、自然や眺望、文化や歴史といった、六甲山本来の魅力を五感で感じてもらい、これを機に新たな六甲山ファンを増やし、山上の活性化につなげていきたいという思いのもと、2010年秋から毎年開催しています。10回目となる2019年は、招待、公募をあわせ40組を超えるアーティストが、10会場を舞台に六甲山ならではの作品を制作・展示する予定です。
開催に伴い、公募部門の作品を募集します。六甲山の景観や会場となる施設の特性を活かし、六甲山エリアの魅力を一段と引き出せる作品プランをご応募ください。
【締切】2019年5月7日(火) 作品提出・応募締切、消印有効
【web】https://www.rokkosan.com/art2019/
締め切られました

, 清流の国ぎふ芸術祭 Art Award IN THE CUBE 2020 作品募集

清流の国ぎふ芸術祭 Art Award IN THE CUBE 2020 作品募集

【公募テーマ】「記憶(きおく)のゆくえ」

【内容】

古来、豊かな自然に恵まれ、森林を源とする「清流」が県内をあまねく流れる岐阜県。 里や街を潤すこの「清流」は、東濃の陶磁器、飛騨の木工芸、美濃和紙、関の刃物な ど匠の技を磨き、千有余年の歴史を誇る鵜飼などの伝統文化を育むとともに、新たな 創造の源となっています。
2017年4月、岐阜県では、想像力溢れる新たな才能の発掘と育成を目的に、企画公 募展「清流の国ぎふ芸術祭 Art Award IN THE CUBE 2017」を開催したところ、海外 を含め 790件もの応募をいただきました。15 組の入選者の皆さんは、この「AAIC2017」 をきっかけに、大きく羽ばたかれています。
「AAIC2017」から 3年、2020年4月、本県では再び 4.8m(幅)×4.8m(奥行)×3.6m(高さ) のキューブを無限の小宇宙に見立て、自由に表現していただく「AAIC2020」を開催します。

【応募締切】2019年5月13日(月)17:00必着

【WEB】https://art-award-gifu.jp
締め切られました

, 水郡線 奥久慈アートフィールド 2022

水郡線 奥久慈アートフィールド 2022

【内容】
「水郡線 奥久慈アートフィールド」は、大子町とJR水郡線が連動し2021年に実施した「水郡線駅舎アートコンペティション」を発展させ、奥久慈エリア、大子町、そこに繋がるJR水郡線から広がる壮大なフィールドに更なる眼差しを向けたプロジェクトを目指しています。
当プロジェクトでは大子町にある大子アーティスト・イン・レジデンスに滞在していただき、創作活動やリサーチ活動を行っていただき、その過程で生まれた表現を「水郡線 奥久慈アートフィールドWEEK」(仮)で発表していただきます。

【対象分野】
・芸術表現に関わる活動を行なっている個人・グループ
・ジャンル不問
・大子町で滞在創作活動を行う
・「水郡線 奥久慈アートフィールド WEEK」(仮)の期間に、創作物や活動の発表ができる
・本プロジェクトに関するインタビュー、PR活動等にご協力いただける
・期間中、他のアーティスト等との共同生活が可能である
・健康状態が良好である
・日本語でコミュニケーションができる

【応募期間】2022年4月8日 〜 2022年5月20日

【WEB】https://okukujiartfield.com/opencall/
締切まで あと約 3 日

, 第16回shiseido art egg

第16回shiseido art egg

【内容】
1919年のオープン以来、「新しい美の発見と創造」という理念のもと活動を続けてきた資生堂ギャラリーは、アートによるイノベーションを目指し、「新しい美」との出会いの場として、新進アーティストの活動を応援する公募展「第16回shiseido art egg」を開催します。

応募の際に提出いただくのは、これまでの活動をまとめた応募用紙と資生堂ギャラリーでの展覧会プランです。本年度もオンラインのみでの応募受付となります。作品の制作テーマ、クオリティー、そして「資生堂ギャラリーの空間でなにをどのように表現しようとしているのか」の3点を評価のポイントとして審査を行い、3人(組)のアーティストを選出します。入選された方には、資生堂ギャラリーで開催される通常の企画展と同様に、担当キュレーター、専門スタッフと話し合いを重ね、それぞれの個展をつくりあげていただきます。

【対象分野】
(1)作品ジャンル不問。
(2)国籍、年齢不問。ただし日本国内在住者に限ります。
(3)ユニットやグループなど、複数名での申し込みも可。
ただしメンバー全員が応募条件を満たしていること。

【応募期間】2022年5月10日〜5月24日 17:00まで

【WEB】https://gallery.shiseido.com/jp/artegg/application/
締切まで あと約 6 日

, TOKYO MIDTOWN AWARD 2022 アートコンペ

TOKYO MIDTOWN AWARD 2022 アートコンペ

【内容】
東京ミッドタウンは、「JAPAN VALUE(新しい日本の価値・感性・才能)」を創造・結集し、世界に発信し続ける街をコンセプトに誕生しました。
21世紀の日本を元気にするキーワード、「デザイン」と「アート」。才能あるデザイナーやアーティストとの出会い、応援、コラボレーションを目指し、今年で15回目となる「TOKYO MIDTOWN AWARD」をデザインコンペ、アートコンペの2部門で開催。東京ミッドタウンという場所を活かしたサイトスペシフィックな作品を募集します。テーマを自由に設定し、都市のまん中から世の中に、そして、世界に向けて発信したいメッセージをアートで表現してください。

【応募期間】 2022年5月9日(月)から5月30日 (月) 24:00まで

【WEB】https://www.tokyo-midtown.com/jp/award/art/
締切まで あと約 13 日

, 金沢アートグミ第7回企画公募|OPEN CALL

金沢アートグミ第7回企画公募|OPEN CALL

【内容】
金沢アートグミは金沢の文化芸術を下支えするNPO法人です。2009年より、建築家村野藤吾設計による北國銀行武蔵ヶ辻支店3階を拠点に、展覧会やワークショップ等のイベント企画・運営、アートプロジェクトのコーディネート、作家支援にまつわる活動を行っています。
「企画公募」は同法人への寄付金を活用したプログラムで、20万円の予算と金沢アートグミの空間を活かした企画を公募し、毎年12月に開催しています。
今年の企画公募は例年の条件に加え、希望者には最大3ヶ月程度の滞在制作のプログラムも新たに利用頂けます。まちと空間を観察した、実験的な企画の応募をお待ちしています。

【対象分野】
・ジャンル不問。個人、グループ不問。
・同時代の文化の創造に関わる活動を行なっていること。
・金沢アートグミは暖炉のオブジェや舞台、金庫の扉等があり癖が強い空間です。その魅力や可能性を引き出す企画であること。
・2次審査(6/18 18時~)に参加できること。
・金沢アートグミが提案するスケジュールや意向に柔軟に対応できること。

【応募締切】2022年5月31日(火)消印有効

【WEB】https://www.artgummi.com/all-archives/10370/7thopen-call/
締切まで あと約 14 日

, なら歴史芸術文化村 滞在アーティスト誘致交流事業 滞在アーティスト募集

なら歴史芸術文化村 滞在アーティスト誘致交流事業 滞在アーティスト募集

【内容】
なら歴史芸術文化村の滞在アーティスト誘致交流事業では、奈良の豊かな歴史・芸術・文化を体験し、新しい視点と切り口で表現する作品を生み出そうとする、国内在住アーティスト2名(組)を募集します。
今春、新たにオープンしたなら歴史芸術文化村は、歴史、芸術、食と農など、奈良が誇る文化に触れることができる複合文化施設です。制作の拠点となる芸術文化体験棟のすぐ隣には、仏像や歴史的建造物など貴重な文化財の修復工房を備える文化財修復・展示棟があり、近隣は山辺の道や杣之内古墳群など壮大な歴史を物語る自然環境に恵まれています。なら歴史芸術文化村での制作活動を通して、来村者や地域の人々と交流を図り、自然や歴史など地域の文化資源を掘り起こし、ジャンルを超えて歴史と現代を繋ぐ新しい芸術表現を試みようとする、意欲あるアーティストを歓迎します。

【応募締切】2022年5月31日(火)〔必着〕

【WEB】https://www3.pref.nara.jp/bunkamura/item/1676.htm#itemid1676
締切まで あと約 14 日

, 第49回現代美術-茨木2022展

第49回現代美術-茨木2022展

【公募テーマ】「メタコンセプチュアル」

【内容】
現代における、新しい表現を模索する作品をアンデパンダン(無審査)形式で募集します。
本展は、「公募部門」と「特集作家部門」で構成されています。 特集作家は、出品者または実行委員による推薦者の中から、会期中に行われる投票の結果を参考に実行委員会で決定します。

【出品規定】

分野:平面・立体・インスタレーション・映像等、表現形式を問いません。 点数1点(組作品可)。

大きさ:パネル使用(壁面展示)の場合は横2000×縦2400(mm)以内、立体等の場合は、他の作品に著しく迷惑をかけないもの。

出品料:1,000円(搬入時にお支払いください)

【応募締切】6月5日(日)午後1時~午後5時 会場に直接搬入・展示(事前申込不要)

【WEB】https://www.city.ibaraki.osaka.jp/kikou/shimin/bunka/event/genbi.html
締切まで あと約 18 日

, Center line art festival Tokyo 中央線芸術祭【ClafT】スペースシェアリングプログラム 2022 参加アーティスト募集

Center line art festival Tokyo 中央線芸術祭【ClafT】スペースシェアリングプログラム 2022 参加アーティスト募集

【内容】
Center line art festival Tokyo 中央線芸術祭【ClafT】は、中央線沿線で開催される様々なプログラムを鑑賞者自らの発想で自由に移動しながら体験する、回遊型アートフェスティバルです。
2022年のCenter line art festival Tokyo 中央線芸術祭【ClafT】は10月1日から30日間の会期で、JR中央線の中野駅〜武蔵小金井駅区間を跨いで開催され、会期中は各会場にて絵画、造形、映像、インスタレーション、トーク、ワークショップ、パフォーマンスなど多彩なプログラムが催されます。開催プログラムの一つである、公募作家複数名による展示空間の共有をテーマとした「スペースシェアリングプログラム」に参加するアーティストを募集しています。
作品を創り、作品を介して空間と時間を共有する。作品発表の場としてはもとより、創作の新たな発想へと繋がる「スペースシェアリングプログラム」に是非ご参加ください。

【応募締切】2022年6月6日(月)

【WEB】https://artfes-claft.wixsite.com/ssp2022/募集要項
締切まで あと約 20 日

, 第25回 写真「1_WALL」 公募

第25回 写真「1_WALL」 公募

【内容】
株式会社リクルートホールディングスが運営するコンペティションギャラリーのガーディアン・ガーデンが、「第25回 写真『1_WALL』」を開催します。テーマや手法は自由。カメラを介して写し撮ったあらゆる写真または映像作品をご応募ください。
グランプリ受賞者には、約1年後のガーディアン・ガーデンでの個展開催の権利と、個展制作費30万円の支給が約束されます。

【募集内容】カメラを介して写し撮ったあらゆる写真または映像作品

【応募締切】 2022年6月10日 (金)

【WEB】http://rcc.recruit.co.jp/gg/competition/1_wall/025_photo
締切まで あと約 23 日

, 信濃大町あさひAIR 2022年度 滞在アーティスト公募

信濃大町あさひAIR 2022年度 滞在アーティスト公募

【内容】信濃大町アーティスト・イン・レジデンスでは、2022年8月22日から10月15日までの約2ヶ月間、事業の拠点でもある「あさひAIR」に滞在し、大町市の歴史、文化、自然をはじめとする豊かな地域資源を活用した創造的なプロジェクト(現代アート、パフォーマンス、食プロジェクトなど)を展示・発表するアーティストを募集します。

【滞在期間】2022年8月22日(月)〜10月15日(土)〈55日間:うち成果発表(10月1日〜10月10日)10日間含む〉
*ただし、パフォーミングアーツに関しては30〜40日程度の滞在でも可

【応募締切】2022年6月10日(金)

【WEB】https://shinano-omachi.jp/asahi-air/2826
締切まで あと約 24 日

, 「八戸ポータルミュージアム はっち」2022年度 レジデンスアーティスト募集

「八戸ポータルミュージアム はっち」2022年度 レジデンスアーティスト募集

【募集テーマ】八戸の地域資源をもとにした以下のテーマから選んで市民との交流を重視したコミュニティアートやアートプログラムを実施する。

①中心街について
②食について
③風習、昔話について

【実施期間】2022年7月15日(金)~2023年3月15日(水)※10/1~10/10、11/16~11/21の期間はレジデンス不可、最大80日間

【支援内容】
制作費:50万円 ※1名/1グループにつき(交通費含む)
滞在費:1人/1グループに対して1日あたり3,000円支給(最大80日分。24万円上限)

【応募締切】2022年6月19日(日)

【WEB】https://hacchi.jp/programs2/air2022/application.html
締切まで あと約 33 日

, 令和4年度「伝統芸能文化復元・活性化共同プログラム」募集

令和4年度「伝統芸能文化復元・活性化共同プログラム」募集

【内容】
伝統芸能文化の保存・継承・普及を目的とした活動を支援し、伝統芸能文化を現代に適合した形で復活させることを目指します。研究者及びコーディネーター、実演家、職人、地域の文化を保存する方々などが応募できます。個人の活動も申請できます。

【対象分野】

・伝統芸能文化の保存、継承、普及、活用のために必要な取組
・継承に関して緊急性・必要性が高く、関係機関の協力が必要な取組

【応募締切】2022年6月30日(木)まで(17時必着)

【WEB】http://traditional-arts.org/2022/04/01/1094/
締切まで あと約 43 日

, 学生対象アートコンペ CAF賞2022

学生対象アートコンペ CAF賞2022

<strong>【内容】</strong>
「CAF賞」は、日本全国の高校・大学・大学院・専門学校の学生、および日本国籍を有し海外の教育機関に在籍する学生の作品を対象とする、学生の創作活動の支援と日本の現代芸術の振興を目的とした国内最大級のアートアワードです。最優秀賞1 名には賞金100万円と、さらに副賞に個展開催の機会が提供されます。また、優秀賞1名には賞金50万円、審査員賞4名には各30万円を授与いたします。

<strong>【応募資格】</strong>
・応募時点で全国の高校・大学・大学院・専門学校に所属する学生、または2022年3月時点で学生であったもの
・日本国籍を有するもの、あるいは日本在住のもの
・ユニットやコレクティブなど複数名での応募も可。ただし、全員が参加資格を満たしていること
・応募作品は1人1点とし、サイズや形式は問わない。ただし、審査や展覧会に際し展示方法が相談可能であること
・応募作品が東京まで輸送可能であること(送料は原則当財団負担、一部相談地域あり)
・受賞時にプロフィールや氏名、肖像画像の発表が可能であること
<
strong>【応募締切】</strong>2022年6月30日(木)18:00

<strong>【WEB】</strong><a href="https://gendai-art.org/caf_single/caf2022/
締切まで あと約 43 日

, 第1回 MIMOCA EYE/ミモカアイ 募集

第1回 MIMOCA EYE/ミモカアイ 募集

【内容】
2022年、丸亀市猪熊弦一郎現代美術館(MIMOCA)は現代美術の新たな公募展「MIMOCA EYE / ミモカアイ」を創設し、35歳以下のアーティストを対象として現代美術の作品を公募します。ジャンル1次審査で選考された入選作による展覧会「MIMOCA EYE / ミモカアイ」を開催し、さらに入選作の中から大賞、準大賞を選出します。大賞には賞金のほか、副賞として丸亀市猪熊弦一郎現代美術館での個展開催の機会を提供し、受賞後の更なる飛躍を後押しします。

【対象分野】
以下の全てに該当する方。個人またはグループでの応募が可能です。グループの場合、1、4は全員が該当すること。2は、うち1人が該当すれば可、3はグループとしての活動とします。また、グループでの活動を今後も継続していくことが前提です。

・35歳以下(2022年4月1日時点)
・国籍不問、ただし日本語によるコミュニケーションが可能な方
・概ね3年以上の活動歴のある方
・美術館での個展経験のない方

【応募締切】
郵送:2022年5月1日(日) 〜 6月30日(木) 必着
E-mail:2022年5月1日(日) 10:00 〜 6月30日(木) 18:00

【WEB】https://www.mimoca.org/ja/mimoca-eye/
締切まで あと約 43 日

, KYOBASHI ART WALL  2022

KYOBASHI ART WALL 2022

【公募テーマ】
「ここから未来をはじめよう」
KYOBASHI ART WALLは、戸田建設株式会社による新進アーティストの活動支援プロジェクトです。2024年、新たな芸術文化の拠点として生まれ変わる「(仮称)TODA BUILDING」(以下、「TODAビル」)のオープンに先駆けて、建設現場で発表する新進アーティストの作品を募集します。
優秀作家には、TODAビル建設中の仮囲いでの受賞作品ビジュアルの掲出に加え、京橋エリアでの個展開催の機会を提供します。そして2024年11月以降にはTODAビルでの歴代の入選作家の展示を行います。

【応募締切】2022年7月28日(木)15:00

【WEB】https://www.toda.co.jp/kyobashi-art-wall/
締切まで あと約 71 日

, FACE 2023 公募

FACE 2023 公募

【内容】
11回目となる公募コンクール「FACE 2023」は、「年齢・所属を問わず、真に力がある作品」を公募します。
美術評論家を中心とした審査員の厳正な審査により、「将来国際的にも通用する可能性を秘めた」作品約80点を入選作品とし、その中から合議制でグランプリ・優秀賞・読売新聞社賞を選出。各審査員が審査員特別賞を決定します。さらに、観覧者投票によりオーディエンス賞を授与します。
グランプリ受賞作品はSOMPO美術館で収蔵し、次回のFACE展開催時に展示。グランプリ・優秀賞の受賞作家4名には、3年毎に開催予定の12名の受賞者によるグループ展「絵画のゆくえ」にご出品いただきます。

【作品規程】油彩、アクリル、岩絵具、水彩、版画、染色、写真、ミクストメディアなどの平面作品。出品時からさかのぼって1年以内に制作された作品で、公募展などで未発表の作品1点。壁かけ可能作品で、作品は200x170cm以内、厚さ10cm以内。重量は30Kg程度まで。規格目安:F(M.P)で130号以下、Sで100号以下。

【応募期間】2022年9月12日〜10月16日 (日)

【WEB】https://www.sompo-museum.org/news/2022/face2023/
締切まで あと約 152 日

助成: