公募・助成・レジデンス - 海外 - アメリカ

国内外のアーティスト・イン・レジデンスや、助成金等の公募情報概要を掲載しています。
各情報が変更となる場合等もありますので、詳細は必ず各ホームページのリンクをご確認ください。
ご質問等は各団体にお問い合わせください。

▶ 一覧に戻る

, MOCA Tucson Artist-in-Residence Program(アリゾナ/アメリカ)

MOCA Tucson Artist-in-Residence Program(アリゾナ/アメリカ)

MOCAはツーソンで唯一の国際的なコンテンポラリーアートに特化したアーティストによりつくられた美術館です。全てのメディア、キャリアを持つアーティストからの応募が可能。滞在期間は3週間〜3ヶ月(2017年10月1日〜12月31日の中から選択)。アーティストには400スクエアフィートのスタジオと宿泊が可能なスペースを提供。パートナーや子供、子犬等の滞在も歓迎。1000ドルの制作費を提供。旅費等ほかの費用はアーティストが負担。MOCAは滞在中のドキュメント映像を制作予定。
【応募締め切り】8月1日(火)
【web】https://www.moca-tucson.org/artist-residence-program/
締切まで あと約 7 日

, International Program at ISCP(ニューヨーク/アメリカ)

International Program at ISCP(ニューヨーク/アメリカ)

世界中のアーティスト、キュレーターが応募できるレジデンスプログラム。24時間利用可能な家具付きのスタジオを提供(住居は別)。滞在アーティストは批評家訪問、フィールドトリップ、サロンへの参加、オープンスタジオの機会がコアなプログラムとして与えられる。
3つの応募方法:
1)パートナーを見つけてそこから応募する 2)ISCPによる公募 3)直接応募
1の場合、レジデンス希望者は一般的に3〜12ヶ月の間で政府や、団体等からの助成を得て参加します。
2はほとんどNYのアーティスト対象。
3の場合は、直接メール等でやりとり。ファンドやビザ等の目処をしっかり立てておくこと。文化庁やポーラ等の締め切りは随時。
【web】http://iscp-nyc.org/apply
締切まで あと約 249 日