公募・助成・レジデンス - 海外 - アジア

国内外のアーティスト・イン・レジデンスや、助成金等の公募情報概要を掲載しています。
各情報が変更となる場合等もありますので、詳細は必ず各ホームページのリンクをご確認ください。
ご質問等は各団体にお問い合わせください。

▶ 一覧に戻る

, Sigg Fellowship for Chinese Art Research(香港)

Sigg Fellowship for Chinese Art Research(香港)

【内容】このフェローシップは、中国美術に関する新しい研究を支援するために隔年で実施する新しい美術館、M +香港のプログラムです。フェローシップは、中華圏の芸術に関する調査の中で、研究と議論のための新しいプラットフォームとするM +の目的に対応しています。今回の応募テーマは「1980年代のアバンギャルドの起源について」。研究者へは3〜6か月間の滞在、旅費、生活費、保険、研究関連に対して活用できる200,000香港ドルの助成金を支給します。国や年齢は問いません。

【応募締切】2020年1月31日(金)香港時間正午12時

【WEB】https://www.westkowloon.hk/en/the-authority/newsroom/call-for-proposals-sigg-fellowship-for-chinese-art-research-2020-the-origins-of-the-1980s-avant-garde/page/1
締切まで あと約 8 日

, ComPeung(チェンマイ/タイ)

ComPeung(チェンマイ/タイ)

ComPeungはタイで初めてのインディペンデントなレジデンスプログラムで2007年から継続中。100以上のアーティストが世界中から参加している。
≪対象≫ビジュアルアート(ジャンル問わず)、建築、パフォーミングアーツ、執筆、音楽
≪期間≫最低1ヶ月2ヶ月(新作の発展のための滞在のには2ヶ月を推奨)
≪費用≫30,000タイバーツ/月(スタジオ、滞在場所、3食、チェンマイ空港からの往復交通含む)
≪締切≫いつでも可能(ただし滞在期間の2ヶ月前までにオンラインで応募すること)
≪web≫http://www.compeung.org/artist-in-residence/
締切まで あと約 121 日

助成: