公募・助成・レジデンス - 海外 - アジア

国内外のアーティスト・イン・レジデンスや、助成金等の公募情報概要を掲載しています。
各情報が変更となる場合等もありますので、詳細は必ず各ホームページのリンクをご確認ください。
ご質問等は各団体にお問い合わせください。

▶ 一覧に戻る

, R.E. Award 2023 募集

R.E. Award 2023 募集

【公募テーマ】3点観測

【内容】
アーティストの活動支援を目的に、ASPとhaziが協働するアートアワードです。
現在あなたがいる場所、そして異なる2箇所を観測点として世界の境界線を引き直すように、これまでの関係や経験上の枠を超えて、新たな表現が立ち上がるきっかけとなる機会を提供します。滞在と展示(Residence & Exhibition)の賞(Award)です。今回はアーティストの北澤潤と寺田健人の2名を迎え、作家による作家のための選考を行います。
受賞者はASP(ジョグジャカルタ/インドネシア)またはhazi(岩倉/日本)に滞在でき、リサーチや実験、作品制作を行うための拠点を得ます。そして滞在後には、何らかの形で成果発表を行う機会があります。また、滞在および展覧会実施に際して、最大10万円の制作支援金が与えられます。

【応募締切】2023年1月31日(火)

【WEB】https://aspparangtritis.weebly.com/open-call-air-2023.html
締切まで あと約 4 日

, Asia Culture Center 2023 レジデンシー公募(韓国)

Asia Culture Center 2023 レジデンシー公募(韓国)

【公募テーマ】Future of Listening

【内容】ACCレジデンシーは、毎年、最もタイムリーな現実の問題を検討し、研究テーマを選定しています。再編成された2023年のレジデンスプログラムも、ACCサウンドアートラボと連携して実施されています。レジデンスの創作支援プログラムの一つとして、中長期のラボプロジェクト「Futures of Listening」が発表されます。サウンドスケープに初めて挑戦する研究者、アーティスト、クリエーター、技術者など、あらゆる分野のクリエーターが参加できるプログラムです。聴く未来」に参加し、クリエイティブな思考とオープンマインドを持った参加者は、新しいアイデアを表現し、実験するプロセスを経て、ショーケースイベントでその内容を発表することができます。

【対象分野】視覚芸術、デザイン、メディアアート、学際芸術、テクノロジー、人文科学関連の技術者、研究者、アーティストなど。

【応募締切】2023年2月5日(韓国時間午後6時まで)

【WEB】https://www.acc.go.kr/en/board/board.do?PID=1001&boardID=NOTICE&action=Read&idx=185
締切まで あと約 29 日

助成: