公募・助成・レジデンス - 海外

国内外のアーティスト・イン・レジデンスや、助成金等の公募情報を掲載していきます。
詳細は各ホームページのリンクをご確認ください。
ご質問等は各団体にお問い合わせください。

▶ 一覧に戻る

, Unit 1ギャラリー|ワークショップ/レジデンス(イギリス/ロンドン)

Unit 1ギャラリー|ワークショップ/レジデンス(イギリス/ロンドン)

Unit1は1人のアーティストに、700平方フィート(約65平方メートル)のスタジオを3ヶ月間無償で提供します。スタジオはギャラリーの上に位置し、アーティストやキュレーター、コレクター等と出会う機会に恵まれます。ギャラリーディレクターからの助言に加え、滞在期間の終わりに個展をスタジオスペースで開催します。本プログラムは全ての年代の様々なバックグラウンドを持つアーティストに開かれています。住む場所は提供しませんが、探すための協力は惜しみません。
【締切】2017年7月31日(月)/2017年9月1日〜12月7日の利用の場合 *2018年1月1日以降にも応募可能。詳しくはweb参照
【web】http://unit1gallery-workshop.com/residencies/
締切まで あと約 4 日

, MOCA Tucson Artist-in-Residence Program(アリゾナ/アメリカ)

MOCA Tucson Artist-in-Residence Program(アリゾナ/アメリカ)

MOCAはツーソンで唯一の国際的なコンテンポラリーアートに特化したアーティストによりつくられた美術館です。全てのメディア、キャリアを持つアーティストからの応募が可能。滞在期間は3週間〜3ヶ月(2017年10月1日〜12月31日の中から選択)。アーティストには400スクエアフィートのスタジオと宿泊が可能なスペースを提供。パートナーや子供、子犬等の滞在も歓迎。1000ドルの制作費を提供。旅費等ほかの費用はアーティストが負担。MOCAは滞在中のドキュメント映像を制作予定。
【応募締め切り】8月1日(火)
【web】https://www.moca-tucson.org/artist-residence-program/
締切まで あと約 5 日

, prix Presque Rien 2017公募

prix Presque Rien 2017公募

フランスの作曲家リュック・フェラーリのテープ・アーカイブを用いて創作された芸術作品を公募。
本賞に関する情報は当協会ウェブサイト lucferrari.org 内で確認することができます。応募者は、サイト lucferrari.org 内でトラック・リストを閲覧したり、使用可能なファイルを聴いたりすることができます。トップページから英語・フランス語どちらかを選択し、「prix Presque Rien 2017」(Presque Rien prize 2017)と書かれたテープリールのアイコンをクリックして「プレスク・リヤン賞特設ページ」にお入りください。
【応募締め切り】9月30日(当日消印有効)
【web】http://www.lucferrari.org/download/proposal/avis_jp.pdf
締切まで あと約 65 日

, Arc/WALK & TALK/4日間のレジデンス(スイス/ロマンモティエ=アンヴィー)

Arc/WALK & TALK/4日間のレジデンス(スイス/ロマンモティエ=アンヴィー)

Arcはリサーチと対話のためのレジデンスです。素晴らしい風景に囲まれ、その美しい緑の中でのウォーキングは議論に資するでしょう。WALK & TALKは、ある問題について別の分野の専門家と議論したいアーティストや文化実践者のためのプログラムです。電車の旅費、滞在場所と食事、スタジオを提供します。
【締切】レジデンス希望日の2ヶ月前まで
【web】http://www.arc-artistresidency.ch/en/residencies/walk-talk
締切まで あと約 247 日

, International Program at ISCP(ニューヨーク/アメリカ)

International Program at ISCP(ニューヨーク/アメリカ)

世界中のアーティスト、キュレーターが応募できるレジデンスプログラム。24時間利用可能な家具付きのスタジオを提供(住居は別)。滞在アーティストは批評家訪問、フィールドトリップ、サロンへの参加、オープンスタジオの機会がコアなプログラムとして与えられる。
3つの応募方法:
1)パートナーを見つけてそこから応募する 2)ISCPによる公募 3)直接応募
1の場合、レジデンス希望者は一般的に3〜12ヶ月の間で政府や、団体等からの助成を得て参加します。
2はほとんどNYのアーティスト対象。
3の場合は、直接メール等でやりとり。ファンドやビザ等の目処をしっかり立てておくこと。文化庁やポーラ等の締め切りは随時。
【web】http://iscp-nyc.org/apply
締切まで あと約 247 日

, ComPeung(チェンマイ/タイ)

ComPeung(チェンマイ/タイ)

ComPeungはタイで初めてのインディペンデントなレジデンスプログラムで2007年から継続中。100以上のアーティストが世界中から参加している。
≪対象≫ビジュアルアート(ジャンル問わず)、建築、パフォーミングアーツ、執筆、音楽
≪期間≫最低1ヶ月2ヶ月(新作の発展のための滞在のには2ヶ月を推奨)
≪費用≫30,000タイバーツ/月(スタジオ、滞在場所、3食、チェンマイ空港からの往復交通含む)
≪締切≫いつでも可能(ただし滞在期間の2ヶ月前までにオンラインで応募すること)
≪web≫http://www.compeung.org/artist-in-residence/
締切まで あと約 1030 日