公募・助成・レジデンス - 海外

国内外のアーティスト・イン・レジデンスや、助成金等の公募情報を掲載していきます。
詳細は各ホームページのリンクをご確認ください。
ご質問等は各団体にお問い合わせください。

▶ 一覧に戻る

, WIELS 2018年レジデンス募集(ブリュッセル/ベルギー)

WIELS 2018年レジデンス募集(ブリュッセル/ベルギー)

WIELSは2007年にオープンしたアートセンター。そのレジデンスプログラムは世界中の若手アーティストが集まる国際的なラボ。特徴として、作品についてのディベートや現代美術についてのリサーチを行うこと。スタジオは個別に約45平米のスペースがあり、24時間毎日使用可能。滞在期間は1年間。
〈締切〉2017年5月31日(消印有効、eメールでもデータを送ること)
〈web〉http://www.wiels.org/en/74/Application
締切まで あと約 1 日

, 【公募】日本人アーティスト台湾派遣(台北國際藝術村)

【公募】日本人アーティスト台湾派遣(台北國際藝術村)

秋吉台国際芸術村レジデンス・サポート・プログラム trans_2017-2018
日本人アーティスト海外派遣枠 公募
【派遣先機関】台北國際藝術村(台湾)
【レジデンス実施期間】2017年 10月11日(水)- 12月29日(金)[80日間]
【募集対象・人数】40歳以下の若手日本人アーティスト1名。(1977年4月2日以降生まれ)
台湾にて制作意思を有する者
【応募締切】2017年5月31日(水)24:00(日本時間)[必着]
【web】http://aiav.jp/event/5234.html
締切まで あと約 1 日

, AiR Ateljé Stundars 2018公募(コルスホルム/フィンランド)

AiR Ateljé Stundars 2018公募(コルスホルム/フィンランド)

Ateljé Stundarsは1998年に設立された国際的なレジデンスプログラムです。毎年、2〜6組のアーティストが2〜6ヶ月間、クリエイティブな仕事に集中できるような素晴らしい自然溢れる環境の中で滞在します。
スタジオ、滞在場所、レジデンス費用は共に無料。作家への作品材料費として1日当たり11ユーロを支給(滞在費や渡航費等は含まない)。レジデンス終了時にはコレクションとして制作した作品を寄付すること。
【締切】2017年5月31日(水)
【web】<a href="http://www.kulturosterbotten.fi/index.php/atelje/in-english" title="http://www.kulturosterbotten.fi/index.php/atelje/in-english">http://www.kulturosterbotten.fi/index.php/atelje/in-english</a>
締切まで あと約 1 日

, 2018 AIR Taipei公募(台湾/台北)

2018 AIR Taipei公募(台湾/台北)

台湾の首都台北にある台北国際芸術村では、世界中から集まる様々な文化背景を持ったアーティストがジャンルを超えて対話し、コラボレーションを行うAIR Taipeiプログラムを実施しています。本プログラムではTaipei Artist Village(TAV)とTreasure Hill Artist Village(THAV)という2つのレジデンスを提供。TAVは台北市の中心部で、アーティストが都市の文化的ネットワークにアクセスすることの出来る都市型レジデンス。そして、THAVは郊外の歴史的集落でのレジデンスで、アーティストの創造性を刺激し制作に集中出来る環境を提供します。スタジオや滞在スペースを無料提供。
〈応募対象〉ドローイング&ペインティング、メディア・アート、文学、彫刻など
〈締切〉2017年6月9日(金)
〈web〉<a href="http://www.artistvillage.org/event-detail.php?p=3929" title="http://www.artistvillage.org/event-detail.php?p=3929">http://www.artistvillage.org/event-detail.php?p=3929</a>
締切まで あと約 10 日

, The Unifiedfield/ノマディック・アーティスト・イン・レジデンス公募(フィリピン)

The Unifiedfield/ノマディック・アーティスト・イン・レジデンス公募(フィリピン)

The Unifiedfieldは実験音楽や映像、パフォーマンスに特化したアーティストランの団体であり、スペースです。2009年にスタートして以来、商業的な形式ではないアートや分野をまたがる新しい表現の制作を初期の目標としてアジアとヨーロッパの間でアーティスティックなやりとりがなされてきました。レジデンスプログラムはそんなすべてのアーティスト、映画監督、ミュージシャン、作家、キュレーター等を募集します。アーティストは現地のホームステイで1週間から1ヶ月間滞在。
【応募締め切り】6月15日(9月、12月にも追って締め切り有り)
【web】http://www.theunifiedfield.org/artist_in_residence
締切まで あと約 16 日

, Open Spaces スイスアルプスでのレジデンス 2017年9〜11月(ベルン/スイス)

Open Spaces スイスアルプスでのレジデンス 2017年9〜11月(ベルン/スイス)

Open Spacesはスイスの中心部、ベルンの高山地帯に位置するベルナー高地と呼ばれる村にあるレジデンスです。プログラムは元学校を使ったスタジオとその近くにある滞在場所を無料で提供します(ほかはアーティストが要支払い)。プログラムのスタッフは参加アーティストが快適な到着と滞在ができるよう、働いてくれます。各レジデンス期間の最後に展覧会を行い、そこで販売された作品の10%はレジデンス先がコミッション費として受け取ります。
【締切】2017年7月2日(日)(年間4つの期間に分かれて常に募集/要サイト確認)
【web】http://www.openspacesart.ch/apply.htm
締切まで あと約 33 日

, International Program at ISCP(ニューヨーク/アメリカ)

International Program at ISCP(ニューヨーク/アメリカ)

世界中のアーティスト、キュレーターが応募できるレジデンスプログラム。24時間利用可能な家具付きのスタジオを提供(住居は別)。滞在アーティストは批評家訪問、フィールドトリップ、サロンへの参加、オープンスタジオの機会がコアなプログラムとして与えられる。
3つの応募方法:
1)パートナーを見つけてそこから応募する 2)ISCPによる公募 3)直接応募
1の場合、レジデンス希望者は一般的に3〜12ヶ月の間で政府や、団体等からの助成を得て参加します。
2はほとんどNYのアーティスト対象。
3の場合は、直接メール等でやりとり。ファンドやビザ等の目処をしっかり立てておくこと。文化庁やポーラ等の締め切りは随時。
【web】http://iscp-nyc.org/apply
締切まで あと約 305 日

, ComPeung(チェンマイ/タイ)

ComPeung(チェンマイ/タイ)

ComPeungはタイで初めてのインディペンデントなレジデンスプログラムで2007年から継続中。100以上のアーティストが世界中から参加している。
≪対象≫ビジュアルアート(ジャンル問わず)、建築、パフォーミングアーツ、執筆、音楽
≪期間≫最低1ヶ月2ヶ月(新作の発展のための滞在のには2ヶ月を推奨)
≪費用≫30,000タイバーツ/月(スタジオ、滞在場所、3食、チェンマイ空港からの往復交通含む)
≪締切≫いつでも可能(ただし滞在期間の2ヶ月前までにオンラインで応募すること)
≪web≫http://www.compeung.org/artist-in-residence/
締切まで あと約 1088 日