公募・助成・レジデンス - 海外

国内外のアーティスト・イン・レジデンスや、助成金等の公募情報を掲載していきます。
詳細は各ホームページのリンクをご確認ください。
ご質問等は各団体にお問い合わせください。

▶ 一覧に戻る

, The Association of Icelandic Visual Artists (SÍM)レジデンスプログラム(レイキャビック/アイスランド)

The Association of Icelandic Visual Artists (SÍM)レジデンスプログラム(レイキャビック/アイスランド)

SÍMレジデンスはアイスランドで二つの制作場所を持つインターナショナルなレジデンスプログラムです。2002年に小さなベッドルームとスタジオから始まりましたが、世界中から150以上のアーティストを迎え、羽ばたいています(現在はレイキャビックに2ヶ所、ベルリンに1ヶ所)。この主な目的は異なる国のビジュアルアーティスト同士が互いに密接な関係を築き制作することで、国内外の直接的な繋がりをつくることです。芸術的なプロセスをサポートする制作環境をアーティストに提供することで、学び、遊び、反響するよう促すことを目指しています。本プログラムは行政の助成金を得ず、NPOとして活動してきたため、レジデンスのためのサポート金はありません。フィーは部屋によるが月額455〜710ユーロ(個室やシェア)。
【滞在期間】2018年7月〜12月(最大3ヶ月)
【締切】2018年1月31日 (水)
【web】http://sim.is/seljavegur-residency/
締め切られました

, R.E. Award 2023 募集

R.E. Award 2023 募集

【公募テーマ】3点観測

【内容】
アーティストの活動支援を目的に、ASPとhaziが協働するアートアワードです。
現在あなたがいる場所、そして異なる2箇所を観測点として世界の境界線を引き直すように、これまでの関係や経験上の枠を超えて、新たな表現が立ち上がるきっかけとなる機会を提供します。滞在と展示(Residence & Exhibition)の賞(Award)です。今回はアーティストの北澤潤と寺田健人の2名を迎え、作家による作家のための選考を行います。
受賞者はASP(ジョグジャカルタ/インドネシア)またはhazi(岩倉/日本)に滞在でき、リサーチや実験、作品制作を行うための拠点を得ます。そして滞在後には、何らかの形で成果発表を行う機会があります。また、滞在および展覧会実施に際して、最大10万円の制作支援金が与えられます。

【応募締切】2023年1月31日(火)

【WEB】https://aspparangtritis.weebly.com/open-call-air-2023.html
締切まで あと約 4 日

, Asia Culture Center 2023 レジデンシー公募(韓国)

Asia Culture Center 2023 レジデンシー公募(韓国)

【公募テーマ】Future of Listening

【内容】ACCレジデンシーは、毎年、最もタイムリーな現実の問題を検討し、研究テーマを選定しています。再編成された2023年のレジデンスプログラムも、ACCサウンドアートラボと連携して実施されています。レジデンスの創作支援プログラムの一つとして、中長期のラボプロジェクト「Futures of Listening」が発表されます。サウンドスケープに初めて挑戦する研究者、アーティスト、クリエーター、技術者など、あらゆる分野のクリエーターが参加できるプログラムです。聴く未来」に参加し、クリエイティブな思考とオープンマインドを持った参加者は、新しいアイデアを表現し、実験するプロセスを経て、ショーケースイベントでその内容を発表することができます。

【対象分野】視覚芸術、デザイン、メディアアート、学際芸術、テクノロジー、人文科学関連の技術者、研究者、アーティストなど。

【応募締切】2023年2月5日(韓国時間午後6時まで)

【WEB】https://www.acc.go.kr/en/board/board.do?PID=1001&boardID=NOTICE&action=Read&idx=185
締切まで あと約 29 日

, Echangeur22(フランス)- Mobility Program 2023 公募

Echangeur22(フランス)- Mobility Program 2023 公募

【公募テーマ】Mobility

【内容】
Echangeur22はフランスのアヴィニョン近郊のサン・ローラン・デ・ザルブルを拠点とするアーティスト・イン・レジデンスです。Echangeur22が例年開催する国際的なレジデンスMobility Programは、フランス・日本・ブラジル・韓国の四ヵ国から1名ずつ作家を招聘します。9月から10月の6週間にかけて、各国から選ばれた合計4名のアーティストがEchangeur22の活動拠点でアイデアを交換しながら共同生活と滞在制作を行います。レジデンス期間の最後に、アヴィニョンにあるUNESCO世界遺産のPopes' Palace(法王庁宮殿)の修道院群のひとつである貴重な史跡La Chartreuse(シャルトルーズ修道院)にて成果展を行います。

【対象分野】
年齢、ジャンル、およびキャリアに条件はありません。ただし、責任とプロ意識をもって活動しているアーティストであることと、英語での基本的なコミュニケーションができることが応募条件となります。

【応募締切】2023年3月15日

【WEB】http://www.echangeur22.com/ACTUALITE.htm
締切まで あと約 47 日

, 公益財団法人現代芸術振興財団 CAFAA賞2023

公益財団法人現代芸術振興財団 CAFAA賞2023

【内容】
CAFAA賞は(CAF・アーティスト・アワード)は、現代芸術にかかわるアーティストを対象としたアートアワードで、次なる世代の柱となるアーティストを選抜し国際的に活躍するきっかけを提供することを目的に2015年より実施しています。審査によって選ばれたグランプリ受賞者には、賞金300万円に加え、アメリカNYのブルックリンにあるJ-Collaboとの提携によりNYのアートシーンを牽引する活気にあふれたブルックリンで3ヶ月にわたる滞在制作の機会が与えられます。

【応募条件】
・大学・大学院などの教育期間を卒業後、5〜10年程度のもの
・日本国籍を所有するもの、あるいは日本在住のもの
・作品ジャンル不問
・ユニットやコレクティブなど複数名での応募も可(ただし、全員が応募条件を満たしていること)
・受賞時にプロフィールや氏名、肖像画像の発表が可能であるもの
・2023年4-5月に行われる審査に参加できること
・著作権の扱いは全て作者本人に帰属

【応募締切】2023年3月31日(金)18:00

【WEB】https://gendai-art.org/cafaa4/
締切まで あと約 63 日

, Correlación Contemporáneaレジデンスプログラム Amazonica(ペルー)

Correlación Contemporáneaレジデンスプログラム Amazonica(ペルー)

【内容】
レジデンスプログラム「アマゾニカ」は、国内外のビジュアルアーティスト、複合芸術家、キュレーター、その他の分野のアーティストを4週間受け入れ、アマゾンの文化に関連したプロジェクトを展開しています。
「アマゾニカ」プログラムは、居住者にペルーのアマゾンの社会文化的コンテクストを体験させ、地元の人々と接触しながら伝統的・現代的な芸術活動を通じて批判的な研究を促進するものです。このレジデンスでは、日常生活や生活様式から完全に切り離し、自然と再びつながることを提案します。私たちは、個人的、集団的な研究と探求を通して、異文化の地平から創造するための代替的、伝統的な空間を提案します。

【対象分野】美術・造形作家、舞台芸術、音楽芸術、写真家、学芸員、研究者など

【応募締切】2023年3月31日

【WEB】https://correlacioncontemporanea.com/en/residencias/amazonica-2/
締切まで あと約 63 日

, Lakkos Artists residency(イラクリオン/ギリシャ)

Lakkos Artists residency(イラクリオン/ギリシャ)

【内容】

このレジデンスプログラムは様々なクリエイティブな活動をベストに導くフレキシブルな場所です。ミュージシャンにはミュージシャン、作家には作家、ペインターにはペインターと、それぞれ地元の方をを紹介しつなぎます。地元の歴史について研究したい考古学者も歓迎。滞在先は少し古い伝統的な家です。このプログラムはオーストラリア人のアーティスト、Mathew Halpinにより運営され、彼も滞在先に住んでいます。
滞在費は提案制、寄付として、将来的に建物の修復やアートプロジェクト等に使用します。キッチンには自炊のための道具は用意していますが、食事はつきません。同時に5組のアーティストまで受け入れ可。最低2週間滞在。

【締切】随時

【WEB】https://lakkosartistsresidency.weebly.com/residency.html
締切まで あと約 1799 日

助成: