公募・助成・レジデンス - 海外

国内外のアーティスト・イン・レジデンスや、助成金等の公募情報を掲載していきます。
詳細は各ホームページのリンクをご確認ください。
ご質問等は各団体にお問い合わせください。

▶ 一覧に戻る

, The Association of Icelandic Visual Artists (SÍM)レジデンスプログラム(レイキャビック/アイスランド)

The Association of Icelandic Visual Artists (SÍM)レジデンスプログラム(レイキャビック/アイスランド)

SÍMレジデンスはアイスランドで二つの制作場所を持つインターナショナルなレジデンスプログラムです。2002年に小さなベッドルームとスタジオから始まりましたが、世界中から150以上のアーティストを迎え、羽ばたいています(現在はレイキャビックに2ヶ所、ベルリンに1ヶ所)。この主な目的は異なる国のビジュアルアーティスト同士が互いに密接な関係を築き制作することで、国内外の直接的な繋がりをつくることです。芸術的なプロセスをサポートする制作環境をアーティストに提供することで、学び、遊び、反響するよう促すことを目指しています。本プログラムは行政の助成金を得ず、NPOとして活動してきたため、レジデンスのためのサポート金はありません。フィーは部屋によるが月額455〜710ユーロ(個室やシェア)。
【滞在期間】2018年7月〜12月(最大3ヶ月)
【締切】2018年1月31日 (水)
【web】http://sim.is/seljavegur-residency/
締切まで あと約 8 日

, ace アーティストインレジデンス公募(ブエノスアイレス/アルゼンチン)

ace アーティストインレジデンス公募(ブエノスアイレス/アルゼンチン)

acePIRARアーティストインレジデンス国際プログラムは全ての現代的な実践に対して、リサーチや滞在制作、コラボレーションや議論等を通じて支援することが目的です(パフォーマンスやキュレトリアルの提案も含みます)。滞在期間は4週間で、サイト上から期間を選びます(現在2018、19年から選択可能)。参加費は期間やアプリケーション等の内容によって異なる。よう問い合わせ。
【滞在期間】http://www.proyectoace.org/slots
【締切】2018年1月31日 (水)
【web】http://www.proyectoace.org/additional_info
締切まで あと約 8 日

, Ark Project 2018 アーティスト・イン・レジデンス公募(サルバドール/ブラジル)

Ark Project 2018 アーティスト・イン・レジデンス公募(サルバドール/ブラジル)

The Ark Projectは毎年夏に制作と展覧会を行うアーティストを一人募集します。共通のゴールに向かってコレボレーションや制作が可能です。作品制作を完結させる必要ないですが、ワークインプログレス状態で展示する形となります。遠足やスタジオビジット、展覧会への可能性を広げます。毎年場所は世界中のどこかで開催。今年はブラジルのサルバドールに位置するCasa de Artes Sustentáveis(CAS)がホストとなり、レジデンス場所やワークショップ、展覧会等を開催します。

(場所詳細:https://www.facebook.com/CASresidencia/)
【滞在期間】2018年7月13日〜27日(2週間)
【締切】2018年3月1日(木)
【web】https://www.arkproject.center/single-post/2017/09/15/2018-Ark-Project-News
締切まで あと約 37 日

, Arc/WALK & TALK/4日間のレジデンス(スイス/ロマンモティエ=アンヴィー)

Arc/WALK & TALK/4日間のレジデンス(スイス/ロマンモティエ=アンヴィー)

Arcはリサーチと対話のためのレジデンスです。素晴らしい風景に囲まれ、その美しい緑の中でのウォーキングは議論に資するでしょう。WALK & TALKは、ある問題について別の分野の専門家と議論したいアーティストや文化実践者のためのプログラムです。電車の旅費、滞在場所と食事、スタジオを提供します。
【締切】レジデンス希望日の2ヶ月前まで
【web】http://www.arc-artistresidency.ch/en/residencies/walk-talk
締切まで あと約 67 日

, Open Spaces Contemporaryレジデンスプログラム公募(ベルン/スイス)

Open Spaces Contemporaryレジデンスプログラム公募(ベルン/スイス)

Open Spacesはスイスのベルン州のアルプス地方に位置するレジデンス施設です。
本プログラムではスタジオや滞在場所の費用は不要。旅費や食費、制作費等はアーティストが用意する必要有り。レジデンスの最後には展示を行い、その際販売された作品は10%を本プログラム側に支払う。
【滞在期間】2018年6月〜8月
【締切】2018年3月31日(土)
【web】http://www.openspacesart.ch/en/index.htm
締切まで あと約 67 日

, International Program at ISCP(ニューヨーク/アメリカ)

International Program at ISCP(ニューヨーク/アメリカ)

世界中のアーティスト、キュレーターが応募できるレジデンスプログラム。24時間利用可能な家具付きのスタジオを提供(住居は別)。滞在アーティストは批評家訪問、フィールドトリップ、サロンへの参加、オープンスタジオの機会がコアなプログラムとして与えられる。
3つの応募方法:
1)パートナーを見つけてそこから応募する 2)ISCPによる公募 3)直接応募
1の場合、レジデンス希望者は一般的に3〜12ヶ月の間で政府や、団体等からの助成を得て参加します。
2はほとんどNYのアーティスト対象。
3の場合は、直接メール等でやりとり。ファンドやビザ等の目処をしっかり立てておくこと。文化庁やポーラ等の締め切りは随時。
【web】http://iscp-nyc.org/apply
締切まで あと約 67 日

, アジアデザイン・アートエキシビジョン 2018 プノンペン 作品公募

アジアデザイン・アートエキシビジョン 2018 プノンペン 作品公募

近年のアジア経済の目覚ましい発展とともに、アジアのデザイン・アートも進化しています。しかしながら東南アジアでは、土着的・民族的なものだけをデザイン・アートと考えている傾向がまだあります。「アジアデザイン・アートエキシビジョン 2018 プノンペン」では、欧米を超えるべくアジアの地域・風土性を生かした現代デザイン・アートとは何かを模索した作品を幅広く公募します。独自性と感性を最大限に生かした前衛作品をご応募ください。
現在最も経済発展を遂げているカンボジア プノンペンにてエキシビションを開催し、将来的にはアジア全域で展覧会を開催します。
【応募期間】2018年6月15日(金) *第1期公募は2017年9月1日~2018年2月6日
【web】https://asiadesignart.wixsite.com/ada2018
締切まで あと約 143 日

, ComPeung(チェンマイ/タイ)

ComPeung(チェンマイ/タイ)

ComPeungはタイで初めてのインディペンデントなレジデンスプログラムで2007年から継続中。100以上のアーティストが世界中から参加している。
≪対象≫ビジュアルアート(ジャンル問わず)、建築、パフォーミングアーツ、執筆、音楽
≪期間≫最低1ヶ月2ヶ月(新作の発展のための滞在のには2ヶ月を推奨)
≪費用≫30,000タイバーツ/月(スタジオ、滞在場所、3食、チェンマイ空港からの往復交通含む)
≪締切≫いつでも可能(ただし滞在期間の2ヶ月前までにオンラインで応募すること)
≪web≫http://www.compeung.org/artist-in-residence/
締切まで あと約 850 日