公募・助成・レジデンス - 海外

国内外のアーティスト・イン・レジデンスや、助成金等の公募情報を掲載していきます。
詳細は各ホームページのリンクをご確認ください。
ご質問等は各団体にお問い合わせください。

▶ 一覧に戻る

, The Association of Icelandic Visual Artists (SÍM)レジデンスプログラム(レイキャビック/アイスランド)

The Association of Icelandic Visual Artists (SÍM)レジデンスプログラム(レイキャビック/アイスランド)

SÍMレジデンスはアイスランドで二つの制作場所を持つインターナショナルなレジデンスプログラムです。2002年に小さなベッドルームとスタジオから始まりましたが、世界中から150以上のアーティストを迎え、羽ばたいています(現在はレイキャビックに2ヶ所、ベルリンに1ヶ所)。この主な目的は異なる国のビジュアルアーティスト同士が互いに密接な関係を築き制作することで、国内外の直接的な繋がりをつくることです。芸術的なプロセスをサポートする制作環境をアーティストに提供することで、学び、遊び、反響するよう促すことを目指しています。本プログラムは行政の助成金を得ず、NPOとして活動してきたため、レジデンスのためのサポート金はありません。フィーは部屋によるが月額455〜710ユーロ(個室やシェア)。
【滞在期間】2018年7月〜12月(最大3ヶ月)
【締切】2018年1月31日 (水)
【web】http://sim.is/seljavegur-residency/
締め切られました

, Arteles Creative Centerレジデンス公募(ハメーンキーロ/フィンランド)

Arteles Creative Centerレジデンス公募(ハメーンキーロ/フィンランド)

【内容】

Artelesクリエイティブセンターは森林、畑、湖に囲まれており、自然の環境の中で仕事に集中することができます。
今回の募集「Enter Text」は、文章を扱う作家、研究者、芸術家のための国際的なレジデンスプログラムです。本プログラムは、国や言語、制作ジャンル等を問わず、テキストと言語を扱い様々な背景を持つ作家とアーティストなどを募集します。
スタジオと個別の滞在先がある。朝食付き。参加中に必要な最低限の備品、サウナ、wifi等も使用可能。参加費は一ヶ月1950ユーロ。サポートを受けることも場合によっては可能(その場合1170ユーロ)。

【応募締切】2019年4月24日(水)
【WEB】https://www.arteles.org/enter_text_residency.html
締切まで あと約 3 日

, Farm Studio International Artist Residency(ラージャスターン/インド)

Farm Studio International Artist Residency(ラージャスターン/インド)

【内容】このレジデンスの目的は、クリエイティビティを刺激する農村地域を基盤としたオープンプラットフォームを提供することです。レジデンス参加者は、普段と異なる環境に滞在しつつも、自分の作品を作ることに集中することができます。地理的に異なる場所から来たアーティストと、社会的、宗教的、文化的背景が異なる人々とでコラボレーションしていくことが奨励されます。利用料として月500ドル。

【応募締切】2019年4月27日(土)

【WEB】https://farmingstudio.wordpress.com/art-residency/
締切まで あと約 6 日

, PERNOD RICARD フェローシップ2020公募(パリ/フランス)

PERNOD RICARD フェローシップ2020公募(パリ/フランス)

【内容】Villa Vassilieff(Bétonsalon - Art and Research for Centreが運営するパリ市の文化機関。フランスの国の公認機関)とそのスポンサーのひとつ、Pernod Ricardは、Pernod Ricard Fellowshipを創設。これは、毎年4人の国際的に活動する芸術家、学芸員、研究者を支援することを目的とし、今回は5回目の募集です。10人のメンバーからなる国際委員会によって選ばれた4人のフェローは、Villa Vassilieffのリノベーションされた歴史あるスタジオで3ヶ月間滞在。フェローは長年のパートナーであるポンピドゥーセンター等、フランス国内外の豊富なネットワークへのアクセスができると共に、研究者や芸術専門家から個人に寄り添ったサポートを受けることが可能。パリの滞在費として6000ユーロ、制作&リサーチ費として5000ユーロをそれぞれ支給。
【応募締切】2019年4月30日(火)
【WEB】http://www.villavassilieff.net/?Pernod-Ricard-Fellowship-13
締切まで あと約 9 日

, Maxim Gorki Theater -Young Curators Academy(ベルリン/ドイツ)

Maxim Gorki Theater -Young Curators Academy(ベルリン/ドイツ)

【内容】本アカデミーは、アートとアクティビズムの交差、特に政治的、社会的、経済的なチャレンジングな状況下で制作することに関心ある全ての個人に対し、知識を共有し、振り返り、深めることを求めます。本アカデミーは独自のイベントを制作し、新しい形態のオーサーシップとキュレーションを開発しているクリエイター(若いアーティスト、思想家、プログラムプロデューサー等)を歓迎します。アカデミーは2019年10月24日(到着日)から2019年11月5日(出発日)までベルリンで開催。英語がコミュニケーションの言語です。往復航空券や滞在先はアカデミーが用意。また1000ユーロを支給。

【応募締切】2019年4月30日

【WEB】https://berliner-herbstsalon.de/vierter-berliner-herbstsalon/open-call
締切まで あと約 10 日

, End of Summer(ポートランド/USA)

End of Summer(ポートランド/USA)

【内容】「エンド・オブ・サマー」は、オレゴン州ポートランドで行われる、異文化のアート・プログラムです。毎年夏に、日本人の新進アーティストたちがポートランドに滞在(レジデンシー)し、一般公開されるレクチャーやプレゼンテーションといったイベントで構成されます。プログラムは、ポートランド南西部にある「イエール・ユニオン」のコンテンポラリー・アート・センターの建物を拠点にして実施されます。プログラムは、参加者それぞれに、航空券代、住居、アート・スタジオ・スペースを提供します。参加者は、スタジオでの制作にかかわる素材などの実費や、日々の生活費を、自己負担します。

【滞在期間】2019年8月1日〜29日

【応募締切】2019年5月1日(水)

【WEB】http://www.end-of-summer.org
締切まで あと約 10 日

, 国際交流基金アジアセンター アジア・フェローシップ募集

国際交流基金アジアセンター アジア・フェローシップ募集

【内容】日本およびASEANにおいて、国の枠を超えた共同/協働事業を担い、活躍する人材を育成するために、一定の期間、自国外に滞在して活動を行なう個人に対して、フェローシップを提供します。専門・関心分野に関する調査・研究・創作活動やネットワーク・プラットフォームの構築などを目的とした活動を支援します。

【期間】短期:21日~59日/長期:60日~6か月

【応募締切】2019年6月3日(必着)

【WEB】https://grant-fellowship-db.jfac.jp/ja/fellowship/
締切まで あと約 43 日

, AIR TAIPEI2020 – TAIPEI ARTIST VILLAGE 台北國際藝術村 レジデンス募集(台北/台湾)

AIR TAIPEI2020 – TAIPEI ARTIST VILLAGE 台北國際藝術村 レジデンス募集(台北/台湾)

【内容】IR Taipei2020の公募は、さまざまな分野の国際的なアーティストと地元アーティストのための2つの異なるユニークなアーティストインレジデンスを提供。台北市の中心に位置する台北國際藝術村(TAV)と歴史的建造物に隣接するTreasure Hill Artist Village(THAV)。昨年から「Contemporary Meets Classical」というテーマを設定したレジデンス公募をスタート。2020年にはトレジャーヒルで開催されるライトフェスティバルでの展覧会に関連し、光を用いたプロジェクトに関するプロジェクトについてのレジデンス募集も行います。スタジオや滞在スペースを無料提供。
【対象分野】ビジュアルアート、パフォーミングアーツ、音楽、建築、文学、キュレーション等
【応募締切】2019年6月10日(月)
【WEB】http://www.artistvillage.org/event-detail.php?p=4130
締切まで あと約 50 日

, ComPeung(チェンマイ/タイ)

ComPeung(チェンマイ/タイ)

ComPeungはタイで初めてのインディペンデントなレジデンスプログラムで2007年から継続中。100以上のアーティストが世界中から参加している。
≪対象≫ビジュアルアート(ジャンル問わず)、建築、パフォーミングアーツ、執筆、音楽
≪期間≫最低1ヶ月2ヶ月(新作の発展のための滞在のには2ヶ月を推奨)
≪費用≫30,000タイバーツ/月(スタジオ、滞在場所、3食、チェンマイ空港からの往復交通含む)
≪締切≫いつでも可能(ただし滞在期間の2ヶ月前までにオンラインで応募すること)
≪web≫http://www.compeung.org/artist-in-residence/
締切まで あと約 397 日

, Lakkos Artists residency(イラクリオン/ギリシャ)

Lakkos Artists residency(イラクリオン/ギリシャ)

【内容】

このレジデンスプログラムは様々なクリエイティブな活動をベストに導くフレキシブルな場所です。ミュージシャンにはミュージシャン、作家には作家、ペインターにはペインターと、それぞれ地元の方をを紹介しつなぎます。地元の歴史について研究したい考古学者も歓迎。滞在先は少し古い伝統的な家です。このプログラムはオーストラリア人のアーティスト、Mathew Halpinにより運営され、彼も滞在先に住んでいます。
滞在費は提案制、寄付として、将来的に建物の修復やアートプロジェクト等に使用します。キッチンには自炊のための道具は用意していますが、食事はつきません。同時に5組のアーティストまで受け入れ可。最低2週間滞在。

【締切】随時

【WEB】https://lakkosartistsresidency.weebly.com/residency.html
締切まで あと約 2308 日

助成: