【協力企画】三井のリフォーム×同じ景色を見ている summer work shop 2014 −ぼくわたし 家をつくる−

HAPSで協力しているワークショップのお知らせです。

先日OUR SCHOOLにて壁づくりワークショップの講師を務めていただいた同じ景色を見ている(木村慎弥/山田毅)によるワークショップが開催されます。

三井のリフォームと共同主催でワークショップを行うことになりました。題して、三井のリフォーム×同じ景色を見ている summer work shop 2014 −ぼくわたし 家をつくる−です。
改装前のマンションを1棟まるまる利用して、「自分の家」をつくろう!ということで、参加者には1部屋づつあげちゃいます。壁を壊してもどんなに汚しても大丈夫なので、普段は出来ない落書き・色塗り、紙を切ったり、布を貼ったり、木を打ちつけたりと、自分の家つくりを楽しみましょう。まず家を決めるところから、表札作ったり、照明はどうしようとか、ここに棚を作ろうとか、お隣さんはどんな人かなとか、そういう家にまつわるエトセトラを楽しく考えるワークショップになると良いなーと。一応子供向けのワークショップですが、僕らも子供たちにまじって、1部屋自由に作ろうかなと思ってるし、興味がある方は僕らと一緒に家つくりをしましょう。僕らの部屋は公開制作する予定です。
そして、僕らの他にゲスト講師として、美術家の小出麻代さんが企画に参加してくれることになりました。小出さんも同じプログラムの中で1部屋作ってくれるそうです。すごく楽しみ。
夏休みの自由研究に出遅れた君も、子供となんか作っちゃおーとか思ってるお父さんもおかーさんも、TV見ながら冷麺食べてるそこのあなたも、夏の最後に僕らと、家をつくりましょう!!

概要

三井のリフォーム×同じ景色を見ている summer work shop 2014 −ぼくわたし 家をつくる−
出品作家|同じ景色を見ている(木村慎弥/山田毅)+小出麻代
開催日時|2014年8月24日(日) オリエンテーション 13:00~ / 2014年8月30日(土)31日(日) ワークショップ 13:00~17:00
会場|京都市北区紫竹下竹殿町19
主催|同じ景色を見ている
共催|三井のリフォーム
協力|東山 アーティスツ・プレイスメント・サービス(HAPS)
詳細 http://onajikeshikiwomiteiru.tumblr.com/post/94713732914

定員|7世帯 ※見学自由
対象|3歳以上、保護者同伴
参加費|2000円
問い合わせ|onajikeshikiwomiteiru@gmail.com
※参加を希望される方は、まず一度ご連絡ください。

※モデルハウス期間(公開制作)8月25日(月)-29日(金)10:00-17:00
僕ら「同じ景色を見ている」が一週間かけて家作りを行います。

※すべてのプログラムは、見学可能です。

プロフィール

同じ景色を見ている(木村慎弥/山田毅)
http://onajikeshikiwomiteiru.tumblr.com/
木村慎弥と山田毅によるユニット。建築の領域に身を置く木村と美術の領域にいる山田が、互いの領域から見えている景色をカタチ化する活動を行っている。

木村慎弥
建築家 / 一級建築士
1983年兵庫県生まれ。明石市立朝霧小学校、明石市立朝霧中学校、兵庫県立明石西高等学校、兵庫県立姫路工業大学(現・兵庫県立大学)卒業。2007年に兵庫県立大学大学院博士前期課程を修了後、2012年まで株式会社鴻池組に勤務。約3年現場監督として建築工事現場で施工管理業務に、約2年技術課にて建築工事の仮設計画や施工計画の作成、仮設構造物の計画・構造計算、技術提案資料の作成やリサーチなどに携わる。2012年からは建築リサーチ組織RADに参加し、《HAPS BASE WORKSHOP》を担当。その他の担当プロジェクトに《堀川common》など。現在はRADの活動と並行して、個人で建築・インテリアの設計や施工、家具デザイン・製作を行う。主なプロジェクトに《N-85》、《k邸》、《工房のカウンター》など。

山田毅
作家
1981年東京生まれ。武蔵野美術大学卒業。
空間と言語の関係を研究。映像表現から舞台やインスタレーションといった空間表現まで幅広く、ナラティブ(物語)を空間言語化する方法を模索している。また、自身も参加する宮部愛とのユニット『Fantasia Fantasista」では、空間工作という言葉を使い、人・もの・ことを空間に配置することで、作品を作り上げている。

小出麻代
http://www.mayokoide.net/
小出麻代の作品は、とても繊細でとても細かい手作業の積み重ねの上に作品を表現する作家です。作者によれば、ある風景や情景を日常の観察から表現へと落とし込んでいます。繊細な色使いと細かな仕事が、ある瞬間に地図や町に見えたりする感覚がとても不思議で心地よいです。