【協力イベント】「アートの助成金をもっと知ろう」

HAPSが相談ブースを出展するイベントのお知らせです。

概要

『アートの助成金をもっと知ろう』

日時:2017年12月10日(日)13:00〜18:30
会場:芝川ビル4F モダンテラス(大阪市中央区伏見町3-3-3)
参加費:無料
定員:100名・要申込
主催:芸術文化魅力育成プロジェクト実行委員会(構成:大阪府、大阪市)
企画・運営:一般財団法人おおさか創造千島財団

内容:

団体による個別相談会と助成制度利用者によるトークセッション
アーティストとして創作活動を行なったり、芸術文化活動をプロデュースする際に、必ず考える必要がある「お金」の問題。アートのための各種助成金は、そんな時の強い味方です。どんな助成金があるの?申請書ってどう書けばいい?助成金のメリットは?など、助成金を「もっとよく」知る・考えるための相談会&トークセッションを行ないます。
 

【個別相談会】
関西でアートサポートを行なう5団体が、相談ブースを出展します。助成事業の説明や申請書の書き方のアドバイス、助成以外の様々なかたちの支援など、来場者の個別相談に対応します。
相談ブースのオープン時間|13:00-13:50/17:30-18:30
参加団体|大阪府、大阪市、アーツサポート関西、東山アーティスツ・プレイスメント・サービス[HAPS]、一般財団法人おおさか創造千島財団
 

【助成体験者によるトークセッション】
過去に助成金を得て活動した経験のある9団体が集まり、3つのテーマにもとづき体験談をお話しします。

テーマ①「海外でのクリエイションへの挑戦」
報告者|水内義人、辺口芳典[Double Good]/アーティスト・イン・レジデンス(アメリカ、ドイツ)
mizutama/アーティスト・イン・レジデンス(フィリピン・マニラ)
ドットアーキテクツ/「第15回ヴェネチア・ビエンナーレ国際建築展」出展(イタリア)
聞き手|橋本 梓[国立国際美術館 主任研究員]

テーマ②「個人発・クリエイティブ拠点の運営」
報告者|笹島一馬/カルチャーショップ「ナイスショップスー」(北区)
高橋静香/アートスペース+ギャラリー「あべのま」(阿倍野区)
前田裕樹/プロジェクト拠点「前田文化」(茨木市)
聞き手|松村貴樹[IN/SECTS 代表]

テーマ③「大阪の舞台芸術の可能性」
報告者|塚原悠也[パフォーマンスグループcontact Gonzo]
筒井潤[公演芸術集団dracom]
藤原顕太[NPO法人Explat]
聞き手|橋本裕介[ロームシアター京都/KYOTO EXPERIMENT プログラムディレクター]
 

タイムテーブル

13:00-13:50 相談ブースオープン
13:50-14:00 相談会参加5団体の事業紹介
14:00-15:00 トークセッション テーマ①
15:00-16:00 トークセッション テーマ②
16:00-16:15 休憩
16:15-17:15 トークセッション テーマ③
17:30-18:30 相談ブースオープン

18:30-20:30
おいしい交流会 ※18:00受付開始(会費1000円)会場:芝川ビル地下1F・Restaurant RIVE GAUCHE

予約・お問い合わせ

申し込みはオオサカ・クリエイティブ・アーキペラゴのウェブサイトの申し込みフォームまたは
①参加者氏名/②参加人数/③連絡先電話番号をメール、FAXなどで問合せ先までお知らせください。

問合せ先:
一般財団法人おおさか創造千島財団
Tel. 06-6681-7806(平日9:30-17:30土日祝休み) FAX:06-6681-6188
Mail:oca@chishimatochi.info
※時間やスペースの都合でご希望時間帯にお受けできない場合もあります。

文化芸術魅力育成プロジェクトについて

 大阪アーツカウンシルからの提言を踏まえ、平成27年度から大阪府と大阪市が共同で、府内文化事業の活性化に向けて実施している事業です。
 今年度は、「Osaka Creative Archipelago(オオサカ・クリエイティブ・アーキペラゴ)-大阪府内に点在する多彩なクリエイティブ拠点をつなぐ試み-」として、平成29年10月から平成30年1月にかけて、大阪府内に点在する若手プロデューサーの活動拠点を中心に、大阪の芸術文化の魅力を発信する鑑賞プログラムと、今後の芸術文化を担う若手プロデューサーの育成やネットワークの構築につながる育成プログラムを実施します。

*Archipelago(アーキペラゴ)…多島海、群島、列島を意味する言葉