【協力展覧会】「大いなる日常」

 

 
 

 

 
 

 

 
 

 

 
 

 

 
 

 

 
 

 

 
 

 

 
 
 
 

 

 
 

HAPSで協力している展覧会のお知らせです。
HAPSスタジオを使用しているアーティスト、やんツーが2017年2月18日(土)よりボーダレス・アートミュージアムNO-MAにて開催される展覧会「大いなる日常」に参加します。

概要

キュレーター公募企画展「大いなる日常」
出展作家  AKI INOMATA、杉浦篤、銅金裕司、戸來貴規、やんツー、吉本篤史、トーマス・リバティニー
キュレーター  田中みゆき
会場  ボーダレス・アートミュージアムNO-MA(近江八幡市永原町上16)
開館時間  11:00~17:00
休館日 月曜日
観覧料 一般300円(250円)高大生250円(200円) ※中学生以下、障害のある方と付添者1名無料 ※()内は20名以上の団体料金
URL http://www.no-ma.jp/the_great_ordinary

表現するという行為は、誰のものなのでしょうか?何かを表現するということは、限られた人に許された行為ではなく、無意識のうちに誰もが行っていることです。その人にとっては切実な習慣や愛着、ささやかなこだわりが、他の人にとって “表現” として発見されることもあります。また、ひとりでにはじまる表現もあれば、誰かの存在があるからこそできあがる表現もあるのです。わたしたちは自分以外のものと関係を結びながら日々生きていますが、表現においても、それは避けられない問題です。そして世界は、必ずしも人だけでできているわけではありません。この展覧会では、人や動物、植物、機械など、性質の異なる主体の恊働によるさまざまな表現を通して、表現のはじまりやそこにある他者との関係性のかたちを改めて見つめます。