毛原大樹「My Scanning Line~私の走査線~」

今回の映像作品は、私のスタジオで起こるコンサートや会議、トークショーなどを “放送” という手段でご覧いただきます。
“映像作品” と申しましたが、視聴可能エリア全てを巻き込んだ “演劇作品” の様でもあり、
“現代美術” のインスタレーションの雰囲気もあり、、、しかし正式にはテレビジョンそのものなのでしょう。
これは、2011年以降失われてしまった*テレビ的な “テレビ” の再来であり、「My Scanning Line」が最後のテレビなのです。
(毛原大樹)


会場:HAPSスタジオ(元新道小学校・音楽室)/HAPSオフィス
参加費:無料
日時:8月2日、3日、4日(12:00~21:00)

*8月2日(金)19:00-20:45
「My Scanning Line」 Special Live Radio ラジオ放送
ゲスト:三日満月(アコーディオンと五弦ヴィオラのデュオ)
※FMラジオがあれば、会場界隈で受信することも可能です。
※公開生放送ですので、スタジオに訪れて鑑賞することもできます。
※当日の演奏の様子はこちら


作家プロフィール:毛原大樹(けはらひろき)
東京芸術大学大学院美術研究科修了。2005年のFMヨコトリ(大榎淳/上屋番)への参加をきっかけに、”自由ラジオ” や
“ラジオ・アート”等の電波メディアに興味を持つ。廃校となった小学校(東京台東区)の教室をスタジオとして、自由ラジオ局「コジマラジオ」をスタートさ
せた。以降、様々な人々が関係する現場として「町中アート大学」やコジマラジオのテレビ版「”最後のテレビ”」へと発展していく。現在では、全国のありとあらゆるシーンで微弱な電波を使った文化的な活動を行ったり、商店街振興策などさまざま話題を打ち出している。一見すると前時代的な道具を新しいメディアとして捉え直す制作活動も行う。


そのほかの8月のイベントは以下をご覧下さい。
http://haps-kyoto.com/handm2013/