村田宗一郎個展「I’ve telegraphed and phoned and sent an air mail」開催のお知らせ

(参考) 村田宗一郎《Thawing》 2015 Photo by Yasushi Ichikawa

東山 アーティスツ・プレイスメント・サービス(HAPS)では、2016年3月に、村田宗一郎による個展「I’ve telegraphed and phoned and sent an air mail」を開催いたします。
本展は、HAPSスタジオで3年間制作を行った村田の総括的な展示となります。これまで村田は、絵画や彫刻、写真等、様々な素材を用いて制作、美術館やギャラリー等で発表してきました。また近年では、パフォーマーとのコラボレーション、アートブックの制作など、活動の形態も広がっています。今回は小さなHAPSオフィスの展示スペースのために新作を制作します。密度の高い展示空間をお楽しみください。

概要

展示名:村田宗一郎個展「I’ve telegraphed and phoned and sent an air mail」
会期:2016年3月4日(金)〜3月28日(月)
展示時間:24時間(オフィス入口のウィンドウ越しに会期中いつでもご観覧いただけます)
会場:HAPSオフィス1F(京都市東山区大和大路通五条上る山崎町339)
作家:村田宗一郎
本展はイベントシリーズ「HONESTY AND MODESTY」の一環として開催いたします。

「HONESTY AND MODESTY」
主催:東山 アーティスツ・プレイスメント・サービス(HAPS)
共催:京都市
支援:平成27年度文化庁 文化芸術による地域活性化・国際発信推進事業
助成:アーツサポート関西
協力:新道自治連合会

作家プロフィール


1985年生まれ。美術家。2009年東京芸術大学美術学部先端芸術表現科中退。以降京都を拠点に活動。主な個展に「May of Wives」YODOYA(京都、2014)、グループ展に「Before Night Falls」ARTZONE(京都、2015)、「sound mind sound body 」小金井アートスポット シャトー2F(東京、2014)、「Rendez-vous 12」South African National gallery(ケープタウン、2012)他多数。2012年より第2期HAPSスタジオ使用者。
http://soichiromurata.com