花降る里けいほくプロジェクト ラッピングバス制作のお知らせ

京都市右京区の北部に位置する京北地域は、「花降る里けいほく」という
花と緑で満ちあふれたまちにするためのプロジェクトを進めています。
今回、HAPS はその一環として、京北地域内を走る「京北ふるさとバス」1台の車体に、
「花」をモチーフとしてバスを彩るアイディアを募集しました。
*詳細はこちら
審査により採択されたアーティストユニット「Quzmo」の企画プランを
「京北ふるさとまつり」の開催日に地域住民とともに制作します。

【開催概要】
実施日時 2012年11月3日(土・祝)9:30 〜 16:00 (11月4日は作家のみで制作予定)
会場 京北ふるさとまつり会場内 (京北合同庁舎 道の駅ウッディー京北駐車場)
京都市右京区京北周山町上寺田 1-1
料金 無料
作家 Quzmo

制作内容 京北町を走る大型のバス(京北ふるさとバス)にアーティスト「Quzmo」と一緒に地元の方々と一緒に花や緑であふれる風景を描いていきます。独特のタッチで様々な生き物たちがカラフルな色彩で描かれ、一風変わったバスとなり、ひときわ目をひく存在となるでしょう。絵の中には京北地域の緑豊かな風景も含まれていく予定です。
制作には京北のお祭りに参加する地元住民の方等、どなたでもご参加いただけます。あらかじめ用意したステンシルのシートを活用していただき、更にバスの彩りを加えていただきます。

主催 「花降る里けいほく」プロジェクト実行委員会
共催 東山 アーティスツ・プレイスメント・サービス(HAPS) 、財団法人きょうと京北ふるさと公社

問い合わせ
東山 アーティスツ・プレイスメント・サービス(HAPS)
【Email】info@haps-kyoto.com 【Tel】070-6683-7608

【作家略歴】

Quzmo(クズモ)

下平晃道(Murgraph)と多田玲子の夫婦によるお絵描きユニット。ライブペインティグや、テキスタイル制作、飲料水のパッケージイラス ト等で活躍中。絵の具の他にもマーカーや切り紙やフェルトやクレヨンを使って、切ったり貼ったり塗りつぶしたりして楽しく絵を描いてます。
http://www.quzmo.me

ーーー
下平晃道(Murgraph)
イラストレーター/画家。1973 年生まれ。京都市在住。東京造形大学美術学部彫刻科卒業。
文芸書装画、雑誌、ファッション関連を中心に、CMなど幅広く仕事を手がけている。
著作に「まばたき -BLINK」、滝本晃司との共著に「つづくこと つづくとこ」。
また、下平晃道の名前で も積極的に作品の発表をしている。
http://www.murgraph.com

多田玲子
イラストレーター&漫画家。1976年福岡生まれ、京都市在住。多摩美術大学美術学部彫刻科卒業。
スーパーバタードッグ、コトリンゴ、アルファのCDジャケットをはじめ、
多数の雑誌・書籍・広告などにイラストを提供している。
著作に「ただいまおかえりなさい」「八百八百日記」(いずれも戌井昭人と共著) 漫画「ちいさいアボカド日記」がある。 http://www.tadareiko.com