一般財団法人 川村文化芸術振興財団 平成30年度ソーシャリー・エンゲイジド・アート支援助成


一般財団法人川村文化芸術振興財団は、文化芸術により人々の創造性や表現力を育み、よりよき社会の構築を目指すために 2017年2月15日に設立されました。当財団は優れた能力を有する芸術家に対し活動を支援し、これまで培われてきた文化芸術を継承、発展させ、独創性のある革新的な文化芸術の創造を促進することを目指します。
このたび、当財団初の事業として、ソーシャリー・エンゲイジド・アートのプロジェク卜に対し支援する助成制度を開始いたします。めまぐるしく変化する近年の世界状況に対し、現代美術の関心の主流はいかに社会との関係性において創造力を発揮できるのかという点に集まってきています。アーテイス卜の多くは、自ら社会の中に積極的に入り込み、社会の中でアーテイストとしての能力を発揮することを選択しています。本助成事業はコミュニティや社会にコミットし、地域社会や住民とともに制作や活動を実施し、より良い社会モデルの提示や構築を目指す圏内のソーシャリー・エンゲイジド・アートのプロジェク卜に対して、毎年1件採択し助成支援をおこないます。ソーシャリー・エンゲイジド・アートに対する助成支援制度は日本初の試みとなります。助成対象は年齢・国籍不問とし、海外からの応募も積極的に受け付ける予定です。
【締切】2017年10月22日(日)18時まで(※日本時間)
【web】http://www.kacf.jp/support.html