神馬啓佑個展「眼球に近い面」開催のお知らせ

(参考作品)神馬啓佑《Chain&Portrait》 綿布・アクリル・木 |2450mm x 1855mm| 2014(撮影:前谷開)

東山 アーティスツ・プレイスメント・サービス(HAPS)では、2015年5月28日(木)より、神馬啓佑による個展「眼球に近い面」を開催いたします。
神馬啓佑は昨年、京都造形芸術大学主催による若手アーティストを紹介する展覧会「KUAD graduates under 30 selected」において、東山 アーティスツ・プレイスメント・サービス賞を受賞しました。その副賞として、今回HAPS1階ギャラリーにおいて個展を開催するはこびとなりました。
現在の情報社会では、さまざまな視覚表現、とりわけデジタル技術を用いて制作された、あるいはそれを通して提供された画像や映像が氾濫しています。神馬の平面作品は、そのような時代において、「それでも絵画でしかない」と「なぜこれが絵画でなければならないのか」という二つの問いを往復する、独自の絵画的実践を示しています。
今回は、新作を発表するとともに、街路へ向けて夜間も公開するというHAPS1階ギャラリーの特徴をふまえて構成された展覧会となります。

概要

展示名:神馬啓佑個展「眼球に近い面」
会期:2015年5月28日(木)~ 6月29日(月)
展示時間:24時間(オフィス入口のウィンドー越しにいつでも観覧いただけます)
会場:HAPSオフィス1F(京都市東山区大和大路通五条上る山崎町339)
作家:神馬啓佑
主催:東山 アーティスツ・プレイスメント・サービス(HAPS)
支援:平成27年度 文化庁 文化芸術による地域活性化・国際発信推進事業

作家プロフィール

神馬啓佑 Keisuke Jimba
1985年愛知県生まれ。2011年京都造形芸術大学大学院 芸術研究科表現専攻修了。主な展覧会に、2015年「Before Night Falls 夜になるまえに」ARTZONE(京都)、「魚の骨」3331Arts Chiyoda アキバタマビ21(東京)、2014年「あれからの、未来の途中-美術・工芸・デザインの新鋭12人」京都市立芸術大学ギャラリー@KCUA(京都)、「THE MIRROR」名古屋商工会館(東京)。