HONESTY AND MODESTY

※[C4] 「南條史生が語るマリオ・メルツ」の日程が変更になりました
9月1日(日) 14:00〜15:00/やすらぎ・ふれあい館)


HAPSは、8月から1ヶ月間、町家を改修した拠点のオープン記念イベントを行います。
京都市の公的事業として「芸術家のサポート」を行なうHAPSが命題として抱えているのは
「アーティストとは誰か」、「社会はアーティストを必要とするのか」という問いです。
アーティストという存在は、いかように定義づけられるのか。
どのように「なる」のか。どう「ある」のか。
この状況で、この社会で、なんであるのか。
本企画は、第一線で活躍するアーティスト、キュレーター、研究者など、また市民、学生など、
多様な人々が集い、語り合うトークイベントを通して、この問いに様々な光をあてるものです。

ゲストプロフィールはこちらをご覧下さい

A Artist for Artist‘s sake
アーティストが自身に大きな影響を与えたアーティストについて語るレクチャーシリーズ。

[A1] 藤本由紀夫が語るマルセル・デュシャン
(8月3日(土) 17:30〜18:30/HAPSスタジオ)
[A2] 伊藤存が語るヨーゼフ・ボイス
(8月4日(日) 15:30〜16:30/やすらぎ・ふれあい館)
[A3] 名和晃平が語るルドルフ・シュタイナーと田中泯
(8月24日(土) 17:00〜18:00/HAPSスタジオ)
[A4] 田中功起が語る高松次郎
(9月1日(日) 16:00〜17:00/やすらぎ・ふれあい館)


B 「BOOKYOTO」-全番号当選型宝くじ抽選会議
吉野正哲による作品としての会議。ライブアルバム、ZINEなどを制作予定。

ゲスト:岡啓輔
音響:西川文章(3日)
コラボレーション:毛原大樹 鏡世界社
プロデュース:向井麻理
企画:吉野正哲
(8月3日(土)12:00〜18:30、8月4日(日)12:00〜17:00/HAPSスタジオ/参加無料)

*イベント詳細はこちら


C Can curatorial attitudes become form?
キュレーターが自身に大きな影響を与えたアーティストについて語るレクチャーシリーズ。

[C1] 建畠晢が語る草間弥生
(8月3日(土) 14:00〜15:00/HAPSスタジオ)
[C2] 長谷川祐子が語るマシュー・バーニー
(8月3日(土) 16:00〜17:00/HAPSスタジオ)
[C3] 神谷幸江が語るサイモン・スターリング
(8月24日(土) 18:30〜19:30/HAPSスタジオ)
[C4] 南條史生が語るマリオ・メルツ
(9月1日(日) 14:00〜15:00/やすらぎ・ふれあい館)※日程が変更になりました


D Dumb Type: agency of art
芸術作品はどんな場所でどのように生まれるのか。
共同作業を通じてすぐれたパフォーマンス作品を生みだしてきたアーティストと、
芸術的エージェンシーについて考察する研究者のディスカッション。
(8月3日(土) 19:00〜21:00/HAPSスタジオ)

鍵田いずみ 佐藤知久 高谷史郎 中谷和人


E Educational turn
[E1] オープンディスカッション「美大のあり方を考える」

※美大生限定(卒業生可)。参加自由。司会:遠藤水城
(8月24日(土) 20:00〜22:00/HAPSオフィス/参加無料)

OUR SCHOOL: 各イベント詳細はタイトルをクリックしてください。
[E2] 春山文枝「『家族』って? 『結婚』って? 『家庭』ってなに~?」
(8月2日(金) 19:00〜21:00/HAPSオフィス/参加費1000円 お食事つき/定員13名)
[E3] 伊藤洋志「武者修行ツアーを考えよう」
(8月13日(火) 20:00〜21:30/HAPSオフィス)
[E4] 小山田徹「屋台de六道さんプロジェクト」
(8月7日〜10日 12:00〜21:00/柴洋)
[E5] アサダワタル「リサイクル・「音楽」ー音楽を使い回す生活知・例えば、流行歌のサイドストーリー創作WS(石川さゆりが『上野発の夜行列車』に乗り遅れたので『君の青い車で海に行こう!』って草野正宗に頼んだら…)」
(8月30日(金) 19:00〜21:30/HAPSオフィス)
※E2-E5は要予約


F Freedom that matters
ジャンルを横断して活躍する二人が、自由について、自由に語る特別対談!

石川直樹×坂口恭平
(8月13日(火) 18:00〜20:00/やすらぎ・ふれあい館/参加費1000円)


G Globalization and art – the Okazaki case
京都岡崎地区をめぐる文化地政学トーク・シリーズ

[G1] 「国際芸術祭と都市」
河本信治×小崎哲哉
(8月4日(日) 17:30〜18:30/やすらぎ・ふれあい館)

[G2] 「京都近代化の象徴としての岡崎」
中川理
(8月24日(土) 13:30〜14:30/HAPSスタジオ)


H HAPS opening party
オフィスお披露目パーティー

(8月4日(日) 19:00〜21:00/HAPSオフィス/参加費無料・ドリンク代別)
*定員は設けていませんが、場合により入場規制を行うことがあります


I Into the local
『地域を変えるソフトパワー』刊行記念全国縦断トークツアー

加藤種男 菅谷幸弘 須川咲子
共催:AAFネットワーク実行委員会picasom
(8月24日(土) 15:00〜17:00/やすらぎ・ふれあい館/定員30名)


J Junkyard crossing
「京都・現代・アート」のいまを問う。展示&パフォーマンス!

[J1] 鏡世界社「レッツ・アンド・ゴー」
(8月3日(土)、4日(日)、6日(火)、24日(土)/HAPSスタジオ/参加費無料)

[J2] 毛原大樹「My Scanning Line~私の走査線~」
(8月2日(土)19:00-20:45/HAPSスタジオ/参加費無料)
「My Scanning Line」 Special Live Radio ラジオ放送
ゲスト:三日満月(アコーディオンと五弦ヴィオラのデュオ)
※FMラジオがあれば、会場界隈で受信することも可能です。
※公開生放送ですので、スタジオに訪れて鑑賞することもできます。

[J3] hyslom「大家さん is 競翔家」
(8月2日(金) 16:00〜17:00/HAPSオフィス/参加費無料)


K keynote – what’s the haps?
HAPSの活動と今回のイベントについての基調講演。

遠藤水城
(8月2日(金) 17:00〜18:00/HAPSオフィス/参加費無料)

概要

日時
2013年8月2日(金)~9月1日(日)(詳細は別紙参照)
受付・開場:HAPSオフィス、HAPSスタジオ 各回15分前
      やすらぎ・ふれあい館 各回30分前
※要予約のプログラム以外は、入場先着順。各回定員に達し次第、受付を終了します。

参加費
各回500円(一部値段が異なります。)

場所
HAPSオフィス:京都市東山区山崎町339 定員15名
HAPSスタジオ(元新道小学校):京都市東山区小松町130 定員40名
やすらぎ・ふれあい館:京都市東山区梅林町576 定員100名
柴洋:京都市東山区轆轤町109
*各会場、駐車場はございません。駐輪場も限りがございます。
公共交通機関をご利用ください。

予約・問い合わせ

HAPS
  TEL 075-525-7525
  FAX 075-525-7522
  E-mail info@haps-kyoto.com

チラシデータ ダウンロード


主催:HAPS(東山 アーティスツ・プレイスメント・サービス)
支援:平成25年度 文化庁地域発・文化芸術創造発信イニシアチブ
助成:アサヒグループ芸術文化財団
特別協賛:アサヒビール株式会社
協力:柴洋、六原学区自治連合会