【協力展覧会】青春画廊西陣オープン記念展「open house」

HAPSで協力しているイベントのお知らせです。

概要

青春画廊西陣オープン記念展「open house」

会期:2017年12月16日(金)〜12月24日(日)13:00〜18:00
※宿泊施設利用者に対する公開会期(予定):12月25日(月)から2018年2月頃まで

会場:青春画廊-contemporary art house Nishijin-
  (〒603-8313 京都市北区紫野下柏野町7番地27)

出展作家:
青木陵子/池田光弘/伊藤存/今井貴広/岡島飛鳥/大久保紗也/大久保具視/加藤泉/喜多順子/Kenryou Gu/小林紗世子/鬼頭健吾/佐々木愛/品川はるな/清水信幸/新道牧人/鈴木知佳/studio rakkora/武田俊彦/對木裕里/中村太一/繡司長艸/ニシジマ・アツシ/野原健司/ハヤシヤスヒコ/堀川すなお/松村咲希/Mrs.Yuki/南隆雄/光岡幸一/水谷昌人

協力:東山アーティスツ・プレイスメント・サービス(HAPS)  

 このたび、青春画廊は東山に続いて、京都の歴史的なエリアの一つである西陣にもう一つのスペースをオープンいたします。築100年の織屋建京町家の、元西陣織の織屋部分を美術家ハヤシヤスヒコのスタジオ兼オープンスペースに、二階建ての元住居部分を画廊兼宿泊施設として建築ユニット”studio rakkora”と共にリノベーションしました。
 青春画廊-contemporary art house Nishijin-は、東山同様、京都に居ながら世界の人々に京都の文化芸術を発信すること、住職一体の京町家の機能を復活させること、若手作家の副業を生み出すことなどのコンセプトを掲げ運営していきます。 本展は、2018年1月末より画廊兼宿泊施設として運営される前に、リノベーションされた元織屋建京町家の全ての部屋を開放し、現代美術作品を展示いたします。出展作家につきましては、このプロジェクトに賛同してくださった国内外で活躍中の中堅作家や、これからの活躍が期待され、青春画廊で今後個展を開催する可能性のある若手作家の方々にご協力賜りました。現代に息吹を吹き返した京町家の空間と美術作品のコラボレーションをどうぞご高覧ください。
(青春画廊代表・林泰彦)

【関連イベント】
■オープニングパーティー : 12月16日18:00〜21:00、1000KITA Nodeにて/会費制

青春画廊とは

築100年の京町家を再生した美術と工芸を取り扱う画廊です。元西陣織の織屋であった平屋部分は美術家ハヤシヤスヒコのスタジオ兼オープンスペースに、二階建て部分は画廊兼宿泊施設として運営します。青春画廊セレクトの京都を中心に活動する作家の作品を宿泊しながら鑑賞し作品は購入することができます。

青春画廊-contemporary art house-
東山:〒605-0848京都市東山区池殿町214番地4
西陣:〒603-8313京都市北区紫野下柏野町7番地27
代表:林泰彦
連絡先:gallerytheyouth@gmail.com