平成29年春夏展 やきもの巡り 京都・滋賀編

Art Picks TOPに戻る Art Picks TOP 前のページに戻る Back
tenji-01-s

開催情報

【期間】2017年4月26日(水)-9月10日(日)
(前期) 4月26日(水)-6月25日(日)
(後期) 7月 5日(水)-9月10日(日)
 【開館時間】9:30~16:30(入館は16:00まで)
【休館日等】月曜日(ただし5月1日(月)、7月17日(月・祝)は開館)、7月18日(火)、展示替期間: 6月26日(月)― 7月4日(火)
【料金】一般700円、大学生400円、中高生300円 20名以上団体割引
小学生以下ならびにメンバーシップ校の方は無料
入館者には呈茶を行います。(無料)

http://www.urasenke.or.jp/textc/gallery/tenji/tenjinow/tenji.html

会場

会場名:茶道資料館
webサイト:http://www.urasenke.or.jp/textc/gallery/tenji/
アクセス:〒602-0073 京都市上京区堀川通寺之内上る寺之内竪町682 裏千家センター内
電話番号:075-431-6474
開館時間:9:30~16:30(入館は16:00まで)
休館日等:月曜日休み(ただし、祝日の場合開館)

概要

 中世以降、日本各地に数多くの陶磁窯が誕生しました。中世六古窯をはじめ、日本を代表す る窯業地へと発展した窯から、近世後期の開窯ラッシュ期に築かれた小窯に至るまで、その数は数百にも及ぶと言われています。しかし、現在一般的によく知られている陶磁窯はその内のごく一部です。
 そこで、近畿各地において中世から近世後期に生産されたやきものを数多く取り上げ、いわば「ご当地のやきもの」を紹介する展覧会をシリーズ化して開催いたします。
 第一回目となる本展では、洗練された意匠と高度な技術により「あこがれの的」であった京都の やきもの、そして、中世からの伝統的な窯や彦根藩の藩窯、京都から陶工を招いた窯など、多彩な魅力を放つ滋賀のやきものを取り上げます。
※展覧会前後期で作品を大幅に入れ替えます。

[主な出品作品]
京都 :粟田あわた焼、一方堂いっぽうどう焼、岩倉いわくら焼、御室おむろ焼、乾山けんざん焼、修学院しゅうがくいん焼、御菩薩みぞろ焼、楽らく焼、他
滋賀 :石部いしべ焼、姥ヶうばが餅もち焼、河濱かひん焼、湖東ことう焼、湖南こなん焼、信楽しがらき焼、膳所ぜぜ焼、杣山そまやま焼、梅林ばいりん焼、比良ひら焼、他
前後期合せて約120点

« Art Picks TOPに戻る « Art Picks TOP