明治の美術染織

Art Picks TOPに戻る Art Picks TOP 前のページに戻る Back
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

開催情報

【期間】2020年3月27日(金)-2020年5月31日(日)
【開館時間】10:00~17:00(入館は16:30まで)
【休館】月・火曜日(祝日は開館)年末年始(12/28~1/2)
【料金】大人800円 大・高・中学生500円 小学生300円 幼児無料 団体 (20名以上)20%割引

会場

会場名:清水三年坂美術館
webサイト:http://www.sannenzaka-museum.co.jp/
アクセス:〒605-0862 京都市東山区清水寺門前三寧坂北入清水三丁目 337-1
電話番号:075-532-4270
開館時間:10:00~17:00(入館は16:30まで)
休館日等:月曜日、火曜日休み(祝日は開館)
  

概要

 染め・織り・繍いといった染織の技術は、古くから衣類や生活雑貨に用いられ、人々の生活に根付き発展してきました。明治時代に入ると、染織によって絵画の図様を表した室内装飾品が盛んにつくられるようになり、海外に多数輸出され、また、皇室建築等に飾られました。このような新たな染織品を「美術染織」といいます。美術染織はおもに髙島屋の飯田新七や千總の西村總左衛門といった京都の呉服商のプロデュースによって制作され、日本画家が盛んに下絵を手がけました。

 このたびの展示では刺繍や天鵞絨友禅の技法を用いた作品を中心に、優美で華やかな美術染織の魅力をご紹介いたします。ひと針ひと針モチーフを繍いあげる刺繍絵画は、一般的な絵画作品にはない絹糸や金糸の繊細なきらめきが見られます。また、天鵞絨友禅は明治時代に新たに開発された技法で、天鵞絨地特有の柔らかい質感や友禅染の見事な染め分けが持ち味です。驚くべき描写力が発揮された名品の数々をどうぞお楽しみください。

« Art Picks TOPに戻る « Art Picks TOP
助成: