2020年度特別展・京都大学iPS細胞研究所(CiRA)設立10周年記念展示「iPS細胞、軌跡(キセキ)と未来(ミライ)」

Art Picks TOPに戻る Art Picks TOP 前のページに戻る Back
CiRA10th_flyer_ip

開催情報

【期間】2020年4月8日(水)-2020年6月14日(日)
【開館時間】9:30-16:30(入館は16:00まで)
【休館日等】月・火曜日(平日・祝日にかかわらず)
【料金】無料

http://www.museum.kyoto-u.ac.jp/special/0076-html/

会場

会場名:京都大学総合博物館
webサイト:http://www.museum.kyoto-u.ac.jp/
アクセス:〒606-8501 京都市左京区吉田本町
電話番号:075-753-3272

概要

2020年度特別展 京都大学iPS細胞研究所(CiRA)設立10周年記念展示

iPS細胞、軌跡(キセキ)と未来(ミライ)

 山中伸弥教授のグループが2006年に開発したiPS細胞は、世界に驚きを持って迎えられました。この細胞を使って、世に新たな治療法を送り出すため、また、まだ見ぬ生命の謎を解き明かすため、2010年、京都大学は「iPS細胞研究所(CiRA=サイラ)」を設立しました。

CiRAは、山中所長が空間・組織などの設計に細部までこだわった機関で、新たな研究所のモデルとなることを目指しています。設立からの10年間で、当初の150名から現在の600名規模へと成長し、iPS細胞の医療応用も近づきつつあります。この歩みは、患者さん、政府、企業、市民の理解と支援によって、はじめて実現できたことです。

本展示では、CiRAで働くさまざまな専門家とCiRAに関わる人たちにスポットライトを当てながら、CiRAの10年の軌跡、そして未来への挑戦を紹介します。

« Art Picks TOPに戻る « Art Picks TOP
助成: