第14回村野藤吾建築設計図展 村野藤吾とクライアントー近鉄の仕事を通して

Art Picks TOPに戻る Art Picks TOP 前のページに戻る Back
20170321

開催情報

 
【作家】
【期間】2017年3月21日(火)〜6月10日(土)
【開館時間】10:00~17:00(入館は16:30まで)
【休館日等】日曜日・祝日
【料金】一般200円、大学生150円、高校生以下無料
*京都・大学ミュージアム連携所属大学の学生・院生は学生証の提示により無料。

http://www.museum.kit.ac.jp/20170321.html

会場

会場名:京都工芸繊維大学美術工芸資料館
webサイト:http://www.museum.kit.ac.jp/
アクセス:〒606-8585 京都市左京区松ヶ崎橋上町
電話番号:075-724-7924
開館時間:10:00~17:00(入館は16:30まで)
休館日等:日曜日、祝日
  

概要

 村野藤吾(1891-1984年)は戦前から戦後にかけて多数の建築作品を遺しましたが、その中には同じクライアント(施主)から継続的、断続的に設計を依頼されたものが多数含まれています。大阪や東京を拠点とする大企業が長年に渡って村野のクライアントととなり、豊かな建築作品を支えました。
 代表的な企業として中山製鋼所、湯浅伸銅、大丸(現・大丸松坂屋百貨店)、高島屋、大阪商船(現・商船三井)、川崎造船所(現・川崎重工業)、西武鉄道などが挙げられます。しかし中でも、戦前から戦後にかけて約50年間に渡って村野にとっての特別なクライアントであり続けたのが、近鉄(近畿日本鉄道)です。
 その仕事は本社ビルや鉄道駅、百貨店、ホテル、劇場、映画館、住宅など、多岐に渡っています。多数の来場客を迎える都市的な施設が多く、その建築空間には、いかにクライアントの要求に答えいかに来場客をもてなすか、という難しい課題に対する村野の回答が表現されていると言えます。
 今回の展覧会では、近鉄を事例として取り上げながら村野とクライアントの関係に焦点を当て、ひいては「近代建築とクライアント」という、これまで見過ごされてきた大きなテーマについて考えるための契機にしたいと思います。現存する作品を撮り下した現況写真を含めて、原図や模型などの資料を通して、村野藤吾の世界の一端に触れていただければ幸いです。

○出品作品
あやめ池温泉場(1929年)
都ホテル(現・ウェスティン都ホテル京都/1936-88年)
橿原神宮駅(現・橿原神宮前駅/1940年)
アポロ座(1950年)
志摩観光ホテル(1951・69・83年)
近映会館(1954年)
近鉄会館(1954年)
近鉄百貨店阿倍野店(1957・58・64年)
名古屋都ホテル(1963年)
佐伯邸(1965年)
上本町ターミナルビル・近鉄百貨店上本町店(1969年)
近鉄本社ビル(1969年)
賢島駅(1970年)
近映レジャービル・アポロ(現・きんえいアポロビル/1972年)
都ホテル大阪(現・シェラトン都ホテル大阪/1985年)

関連企画

○記念シンポジウム
「村野藤吾とクライアント-近鉄の仕事を通して」
日時:2017 年4 月22 日(土)14 時~ 17 時
会場:京都工芸繊維大学 1号館0111講義室
定員:150名(入場無料・当日先着順)
基調講演:中山 勉(近鉄・都ホテルズ副社長)、石田潤一郎(京都工芸繊維大学教授)
事例報告:福原和則(大阪工業大学教授)、笠原一人(京都工芸繊維大学助教)
司会:松隈 洋(京都工芸繊維大学美術工芸資料館教授)

« Art Picks TOPに戻る « Art Picks TOP