藤原圭一郎「Stone with eyelids」

Art Picks TOPに戻る Art Picks TOP 前のページに戻る Back
ca81b7_d1fedafcf61f4fdc9a3383b90e6d1a71-mv2

開催情報

【作家】藤原圭一郎
【期間】2017年8月5日(土)~8月22日(火)
【開館時間】12:00~19:00
【休館日等】月曜・火曜・祝祭日、8月11日(金)、14日(月) – 18日(金)は休廊。8月7日(月)・8日(火)、21日(月)・22日(火)は開廊。
【料金】無料

http://www.moriyu-gallery.com/exhibition/index.html?l=jp

会場

会場名:MORI YU GALLERY KYOTO
webサイト:http://www.moriyu-gallery.com/
アクセス:〒606-8357 京都府京都市左京区聖護院蓮華蔵町4-19
電話番号:075-950-5230
開館時間:12:00~19:00
休館日等:月曜・火曜・祝祭日

概要

日々のささいな仕事を誰に向けるともなく繰り返すこと、その反復が実を結ぶのは、自らの手元を離れていくような不在性が浮き彫りにされる、ある例外的な瞬間を目の当たりにするときです。

分かちがたい有機性と「分離」の内奥に到来するものとの交錯。

画面を未分化な状態にとどめて、その表層を横滑りしていく運動と翻訳を積み重ねていくこと自体が、結末のない、自律的な習作だといえるでしょう。

「もうひとつ目があるだろう、
 ひとつの見知らぬ目が、
 ぼくたちの目の傍に—
 石の瞼の下で 押し黙って。」*

過去から未来へと横たわる現存を把握し、追想する、マルテの断片的なモノローグが手記という体裁をとっているように、
物語とは距離をおいた場所から、物語のそとで起きているできごとに目を向けることは、ひそやかな反抗であると同時に、覆い隠されてしまったまなざしを示してくれるように思えてならないのです。
藤原圭一郎

* パウル・ツェラン『言葉の格子II – 確信』より抜粋 中村朝子=訳 青土社

藤原圭一郎(1992年兵庫県生まれ) は、2017年現在、武蔵野美術大学修士課程美術専攻在籍。絵画や映像による作品を制作・発表、音楽などを手掛ける。

« Art Picks TOPに戻る « Art Picks TOP