ゴッホ展 巡りゆく日本の夢

Art Picks TOPに戻る Art Picks TOP 前のページに戻る Back
workImage423-01

開催情報

【作家】ファン・ゴッホ
【期間】2018年1月20日(土)~ 3月4日(日)
【開館時間】9:30~17:00 (入館は閉館の30分前まで)
※ ただし金曜、土曜は午後8時まで開館
【休館】毎週月曜日(ただし、2月12日(月・休)は開館し、2月13日(火)は閉館)

【料金】一般 1,500円[1300]
   大学生 1,100円[900]
   高校生 600円[400]
中学生以下は無料。は無料。
[ ]内は、前売り料金および20名以上の団体料金 
※本料金でコレクション展もご覧いただけます。

http://www.momak.go.jp/Japanese/exhibitionArchive/2017/423.html

会場

 
会場名:京都国立近代美術館
webサイト:http://www.momak.go.jp/
アクセス:〒606-8344 京都市左京区岡崎円勝寺町
電話番号:代表:075-761-4111
テレホンサービス:075-761-9900
開館時間:9:30~17:00/火〜木・日祝(入館は16:30まで)
     9:30~20:00/金・土(入館は19:30まで)
休館日等:月曜日休み

概要

19世紀末に活躍し、今もなお世界中で絶大な人気を誇る芸術家フィンセント・ファン・ゴッホ(1853-1890)。ジャポニスムの只中にあった19世紀のパリで日本に関する文献や浮世絵と出会い夢中になった画家にとって、日本は創意の源であり理想郷でした。一方1920年代には日本の芸術家や知識人がファン・ゴッホに憧れ、その墓のあるフランスのオーヴェール=シュル=オワーズを巡礼しました。ファン・ゴッホ美術館との共同企画である本展では、世界中の名だたる美術館が所蔵するファン・ゴッホの油彩画やデッサンに加え、浮世絵やオーヴェール巡礼に関する資料などにより、互いの夢の交差を通してゴッホの魅力を紹介します。

« Art Picks TOPに戻る « Art Picks TOP
助成: