岡本神草展

Art Picks TOPに戻る Art Picks TOP 前のページに戻る Back
workImage422

開催情報

【作家】岡本神草
【期間】2017年11月1日(水)~12月10日(日)
【開館時間】9:30~17:00
※ ただし金曜、土曜は午後8時まで開館
*入館は閉館の30分前まで
【休館】毎週月曜日
【料金】一般 1,000円[800]
    大学生 500円[400]
    高校生・18歳未満は無料。
[ ]内は、前売り料金および20名以上の団体料金 
※本料金でコレクション展もご覧いただけます。

http://www.momak.go.jp/Japanese/exhibitionArchive/2017/422.html

会場

 
会場名:京都国立近代美術館
webサイト:http://www.momak.go.jp/
アクセス:〒606-8344 京都市左京区岡崎円勝寺町
電話番号:代表:075-761-4111
テレホンサービス:075-761-9900
開館時間:9:30~17:00/火〜木・日祝(入館は16:30まで)
     9:30~20:00/金・土(入館は19:30まで)
休館日等:月曜日休み

概要

 京都市立絵画専門学校の卒業制作を、厳選で知られている第1回国画創作協会展に入選させ、新興美人画作家として注目された岡本神草(1894-1933)。昭和に入ってからは、かつてのように官能性を前面に押し出すのではなく、そこはかとなく漂わせるような作風に移り、38歳の若さで亡くなりました。画家にとって初の大規模回顧展となる本展は、数少ない本画を可能な限り集め、素描、下図、資料類100点ほどを加えて画業を紹介するとともに、甲斐庄楠音など同時代に競い合った作家達の作品も展示し、神草芸術の全貌だけでなく、時代性と特異性を知ることのできる展覧会です。

« Art Picks TOPに戻る « Art Picks TOP