絹谷幸二 色彩とイメージの旅

Art Picks TOPに戻る Art Picks TOP 前のページに戻る Back
スクリーンショット 2017-06-20 18.52.08

開催情報

【作家】絹谷幸二
【期間】2017年8月22日(火)~10月15日(日)
【開館時間】9:30~17:00
※ 会期中の金曜日、土曜日は午後9時まで開館(いずれも入館は閉館の30分前まで)
【休館】毎週月曜日、9月19日(火)、10月10日(火)
※ただし9月18日(月)、10月9日(月)は開館
【料金】一般 1400円[1200]
    大学生 900円[700]
    高校生・18歳未満 500円[300]
[ ]内は、前売り料金および20名以上の団体料金 
※本料金でコレクション展もご覧いただけます。

http://www.momak.go.jp/Japanese/exhibitionArchive/2017/421.html

会場

 
会場名:京都国立近代美術館 
webサイト:http://www.momak.go.jp/
アクセス:〒606-8344 京都市左京区岡崎円勝寺町
電話番号:代表:075-761-4111
テレホンサービス:075-761-9900
開館時間:9:30~17:00/火〜木・日祝(入館は16:30まで)
     9:30~21:00/金・土(入館は20:30まで)
休館日等:月曜日休み

概要

 日本の美術界において、第一線で活躍している作家の一人である絹谷幸二は、1966年に東京藝術大学美術学部油画科を卒業後、同大学院の壁画科へ進学し、アフレスコの研究に邁進しました。アフレスコの巨匠、ブルーノ・サエッティとの出会いをきっかけに、1971年にイタリアのヴェネツィア・アカデミアに入学し、サエッティのもとでアフレスコ古典画法および現代アフレスコの研究に取り組みました。帰国後、画家の登竜門と言われた安井賞を歴代最年少で受賞。アフレスコ技法による色彩豊かで、エネルギーに満ち溢れた画面によって、独自の画風を確立し、2014年には文化功労者に選出されました。
 本展覧会は、絹谷幸二の初期から現在に至る代表作を展示するとともに、素描や陶芸、ガラス作品に至るまで、この画家の多彩な活動の全貌に迫ろうとするものです。また、本展覧会のために制作した京都を題材とした新作や展覧会初公開作品のほか、絹谷作品の世界観を映像化した壮大な3面スクリーンの作品も出品され、絹谷芸術をご堪能いただけるまたとない機会となるでしょう。

« Art Picks TOPに戻る « Art Picks TOP