Lagrangian point -Drive on the Halfway-展

Art Picks TOPに戻る Art Picks TOP 前のページに戻る Back
takasu詳細

開催情報

【作家】都築遼子・佐藤久美子
【期間】2017年2月7日[火] ─ 2月19日[日]
【開館時間】11:00~19:00(金曜日のみ20:00まで、最終日は18:00まで)
【休館日等】月曜
【料金】無料 
 
http://galleryparc.com/exhibition/exhibition_2017/2017_02_07-lagrangian.html

会場

会場名:Gallery PARC
webサイト:http://www.galleryparc.com/
アクセス:〒604-8082 京都市中京区三条通御幸町弁慶石町48三条ありもとビル
[ル・グランマーブル カフェ クラッセ]2階
電話番号:075-231-0706
開館時間:11:00~19:00(金曜日のみ20:00まで、最終日は18:00まで)
休館日等:月曜日休み

概要

 ギャラリー・パルクでは、2017年2月7日[火]から19日[日]まで、愛知県立芸術大学 大﨑のぶゆき研究室の主催・企画による「Lagrangian point -Drive on the Halfway-」展を開催いたします。
 本展はGallery PARCの会場提供による大学協力展として開催するもので、愛知県立芸術大学油画専攻の在学および卒業生による展覧会として、同大学准教授を務める美術家・大崎のぶゆきにより企画されたもので、日本の中間地点「愛知」という場所を「ラグランジュポイント」と名付け、そこに浮かび上がる表現から彼らの思考や視点を知り、考察を進める試みとなります。
 2014年の「ラグランジュポイント」以降、2015年の「パースペクティブカスタマイズ」、2016年の「トゥー・フォーム」に続く4回目となる今回は、その副題を「ドライブ オン ザ ハーフウェイ」として「より流動的でプリミティブな様態の表出」をコンセプトに、表現としてはまだまだ未分化な若い作家を取り上げます。
 動物や山への興味から狩猟の現場に赴き、そこでの経験を設計図のようなドローイングからインスタレーションへと展開させる佐藤久美子。水性ペンの無意識的な線によるドローイングを再構築した版画作品を制作する都築遼子。「発見と表現」の道半ばにあるともいえるこの二人のドローイング作品を通して、未分化であることの魅力や可能性、あるいは葛藤やもどかしさを目撃いただければ幸いです。

« Art Picks TOPに戻る « Art Picks TOP