KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭 2017

Art Picks TOPに戻る Art Picks TOP 前のページに戻る Back
slide-11-araki-300x240

開催情報

 
【期間】2017年4月15日(土) – 5月14日(日)
【料金】パスポート/一般大人:3000円(美術館「えき」KYOTOを除く全会場に会期中各1回のみ入場可能)
一般プチパスポート:2000円、大学・高校生・専門生:1500円(美術館「えき」KYOTOを除く3会場 / 1日のみ有効)
*会場によって個別会場料金もあり。
開館時間、 休館日がそれぞれ違いますのでご注意下さい。各会場入場は閉館の30分前まで。
※中学生以下は無料(美術館「えき」KYOTO以外 / 二条城は別途入城料金が必要)/ 70歳以上は100円引き / 身障者は無料、付き添いは通常料金
http://www.kyotographie.jp/

会場

01 虎屋 京都ギャラリー フランス国立ギメ東洋美術館・写真コレクション Theater of Love
02 二条城 二の丸御殿台所・東南隅櫓 アーノルド・ニューマン マスタークラス −ポートレートの巨匠−
03 堀川御池ギャラリー 1・2階 山城知佳子|土の唄
04 ギャラリー素形 ジャダ・リパ|The Yokohama Project 1867 – 2016
05 嶋臺(しまだい)ギャラリー ハンネ・ファン・デル・ワウデ|Emmy’s World
06 元・新風館 吉田亮人 | Falling Leaves
07 元・新風館(姉小路壁面) スーザン・バーネット|Not In Your Face
08 京都文化博物館 別館 1階 ラファエル・ダラポルタ|ショーヴェ洞窟
09 京都文化博物館 別館 2階 ルネ・グローブリ|The Eye of Love
10 誉田屋源兵衛 竹院の間 MEMENTO MORI ロバート メイプルソープ写真展 ピーター マリーノ コレクション
11 誉田屋源兵衛 黒蔵 イサベル・ムニョス|Family Album / Love and Ecstasy
12 無名舎 殷 家樑(ヤン・カレン) Between the Light and Darkness | 光と闇のはざまに
13 両足院(建仁寺内) 荒木経惟 | 机上の愛
14 ASPHODEL TOILETPAPER Maurizio Cattelan & Pierpaolo Ferrari「Love is More」presented by FUJIFILM
15 FORUM KYOTO ザネレ・ムホリ Somnyama Ngonyama | 黒き雌ライオン、万歳

ゴールデンウィーク 特別共同企画
16 美術館「えき」KYOTO amour, amours··· from my photography collection アニエスベー フォトコレクション

アソシエイテッド・プログラム
17 SferaExhibition LOVE Photobook Library from SIGMA Collection
18 立命館大学国際平和ミュージアム DAYS JAPAN フォトジャーナリズム写真展

各会場の開館時間、料金等、詳細は以下リンクをご覧下さい。
http://www.kyotographie.jp/2017portal/venue2017

概要

「LOVE」
“写真は人生との愛の戯れ”
バーク・アズル(American photojournalist, previously member of Magnum Photos and president from 1979 to 1980)
 
KYOTOGRAPHIEは「LOVE」をテーマに、記念すべき第5回を開催いたします。
私たちが「愛」と呼ぶ感覚や概念は、宗教観、歴史観、地域性、生活環境など、個々のバックグラウンドによりそれぞれ異なります。しかしその差異や軋轢が、時に愛を憎悪へと反転させ、時に無関心という愛の大きな欠如となり、社会的弱者へのいわれのない暴力など、現代社会が抱える深刻な事態へと発展することもあります。だからこそ人類は、愛がいかに偉大で不可欠なものであるかを知り、いわば本能的に多種多様な愛を求めてしまうのかもしれません。
私たちは「愛する」ことは、自分以外の存在を認め、つながることだと考えます。愛することによって、他者とつながり、社会とつながり、自然とつながり、芸術とつながり、そして自分とつながる。そうしていけば、いつか世界は平和になると信じています。
写真を通じて「愛」を共有すること、これが私たちのフェスティバルで実現させたい変わらぬ夢です。
(KYOTOGRAPHIE 共同創設者/共同代表 ルシール・レイボーズ & 仲西 祐介)

イベント

トーク、ワークショップ等多数。詳細は以下をご覧下さい
http://www.kyotographie.jp/2017portal/event

« Art Picks TOPに戻る « Art Picks TOP