2017年度 学内申請展 笹岡由梨子「Hello Holy!」

Art Picks TOPに戻る Art Picks TOP 前のページに戻る Back
スクリーンショット 2017-06-20 18.31.57

開催情報

【作家】笹岡由梨子
【期間】2017年7月8日(土)–7月23日(日)
【開館時間】11:00〜19:00(入館は18:30まで)
【休館】月曜日 *ただし7月17日(月・祝)は開館、翌18日(火)は休館
【料金】無料

http://gallery.kcua.ac.jp/exhibitions/20170708_id=10320#ja

会場

会場名:京都市立芸術大学ギャラリー@KCUA 2
webサイト:http://gallery.kcua.ac.jp/#ja
アクセス:〒604-0052 京都市中京区油小路通御池押油小路町238-1
(堀川御池ギャラリー内)
電話番号:075-253-1509
開館時間:11:00〜19:00(入館は18:30まで)
休館日等:月曜日

概要

笹岡由梨子は、黒子が糸で操るなどのローテクな手法で動くのっぺらぼうの人形が登場する動画を撮影し、その編集過程で人形の顔や手足に実写の顔やパーツをCG合成するなど、往年の特撮映画をも彷彿させる手法で映像作品を制作してきました。誰もが知っているパーツをつなぎ合わせて創り出された誰も見たことのない世界で展開される物語は、すべて緻密な構成・モチーフ設定に基づいており、未知に織り交ぜられた既視、予想の出来ない展開と結末は、観る者に能動的な理解と思考を促します。そこには社会へのクリティカルな視点とユーモアを見出すことができます。

本展「Hello Holy!」にて笹岡は、「建国」をテーマに、アニメーション・実写・ビデオコラージュなど様々な映像形式を用いて制作した新作ビデオインスタレーションを発表します。「絵画のように鑑賞者が想像力を働かせ、作品と対話を試みる。そんなビデオ作品を作ることは可能か」という、ビデオ作品に対しての笹岡の原点となる考えを強く反映させたものとなります。また、作家が独自に制作した「ホロル語」で話される架空の国の物語は、リファレンスや文化を混ぜ合わせることにより、新しいビデオ表現の可能性に言及しています。既存の概念に囚われないカオティックな作品を、どうぞご高覧ください。

« Art Picks TOPに戻る « Art Picks TOP