カワイオカムラ「ムード・ホール」

Art Picks TOPに戻る Art Picks TOP 前のページに戻る Back
e1fdd1cb-abd2-43df-adf3-ff2a55019292

開催情報

【作家】岡村寬生、川合匠 【期間】2016年12月17日(土)〜2017年1月22日(日) 【開館時間】11:00〜19:00(入館は18:30まで) 【休館】月曜日 (2017年1月9日(月・祝)は開館、翌1月10日(火)を閉館)、年末年始休館(2016年12月29日−2017年1月4日) 【料金】無料 http://gallery.kcua.ac.jp/exhibitions/20161217_id=8760#ja

会場

会場名:京都市立芸術大学ギャラリー@KCUA webサイト:http://www.kcua.ac.jp/gallery/ アクセス:〒604-0052 京都市中京区油小路通御池押油小路町238-1 (堀川御池ギャラリー内) 電話番号:075-253-1509 開館時間:11:00〜19:00(入館は18:30まで) 休館日等:月曜日

概要

1999年、高密度の映像世界を展開した個展「四角いジャンル」で話題をさらった後、彼らの個展は、それから8年を経た2007年の「カワイオカムラマ——Summertime Blues Animation」(京都芸術センター)まで待たなければならなかった。むろん彼らは「ficfyon(ヘコヒョン)」なる作中に頻出する造語を陽気につぶやきながらその後も休みなく活動していたわけだが、発表の場はもっぱら海外の映画祭だった。完璧主義の二人にとって、個展を準備するには時間がどうしても必要らしかった。気づけばまたしても8年が過ぎ、さらに1年、なぜか過ぎた今年、2016年、「ムード・ホール」というミステリアスな造語をつぶやきながらカワイオカムラの二人は帰ってきた。「MOOD HALL」とも 「MOOD HOLE」とも聞き取れるこのキーワードは今回、京都市立芸術大学ギャラリー@KCUAを含む堀川御池ギャラリーの全館を使って開催される個展のタイトルである。と同時に、最新プロジェクトのタイトルでもある。本個展では、その「ムード・ホール」プロジェクトの発表、最初期の映像作品の数々の再展示や第35回アルスエレクトロニカ・フェスティバル(コンピュータアニメーション/映画/VFX部門)で栄誉賞を受賞した映像作品《コロンボス》の日本初上映など、これまでのカワイオカムラ史上最大規模の個展となる。これを見逃してはならない。(見逃したらきっと次は2025年www) ー 展覧会テキスト 福永信(小説家) —– カワイオカムラ|Kawai + Okamura 川合匠(かわいたくみ)、1968年大阪生まれ。岡村寛生(おかむらひろき)、1968年京都生まれ。京都市立芸術大学大学院在学中の1993年にカワイオカムラ結成。彫刻と絵画が合体した巨大なライトボックス作品などを制作していたが、徐々にその絵画的、造形的要素は映像の中へと展開し、1997年の初個展「オーバー・ザ・レインボウ」(アートスペース虹)では初めて映像作品を制作。また1999年の個展「四角いジャンル」(京都市四条ギャラリー)では初のセルアニメ《HOLY & CHEAP》を発表した。その後は主にデジタル・モデルアニメーションを中心に世界的に活動している。第65回ロカルノ国際映画祭(2012年、スイス)にて初公開された 《コロンボス》(2012)は、第53回クラクフ国際映画祭(2013年、ポーランド)で国際短編部門アニメーション最優秀賞、アルスエレクトロニカ・フェスティバル2014(オーストリア)ではコンピュータアニメーション/映画/VFX部門栄誉賞を受賞した。 —– 関連イベント1:12月17日(土) 14:00 アーティストトーク 16:00 オープニングレセプション 関連イベント2:12月25日(日) 20:00 ムード・ホール・ナイト(第一夜) 関連イベント3:1月14日(土) 20:00 ムード・ホール・ナイト(第二夜)

 

« Art Picks TOPに戻る « Art Picks TOP