展覧会「二つの部屋、三つのケース」

Art Picks TOPに戻る Art Picks TOP 前のページに戻る Back
スクリーンショット 2019-08-02 20.29.34

開催情報

【作家】関川航平、山中suplex、タカハシ ‘タカカーン’ セイジ
【期間】2019年8月27日 (火) – 2019年9月29日 (日)
【開館時間】10:00~20:00
【休館日等】9月6日(金)、9月17日(火)-19日(木)は展示替えのため休廊
【料金】-

https://www.kac.or.jp/events/26531/

会場

会場名:京都芸術センター ギャラリー北・南
webサイト:http://www.kac.or.jp/
アクセス:〒604-8156 京都市中京区室町通蛸薬師下ル山伏山町546-2
電話番号:075-213-1000

概要

三組のアーティストによる、二つの部屋を使った三つのケース。

京都芸術センターは、創作のためのひらかれた施設として2000年にオープンしました。開館以来、展覧会、パフォーマンスなどの多様な形でアーティストたちの作品が提示され続けています。
しかし、作品と一口に言っても、絵画、ダンスなどのいわゆる「作品」だけが「作品」とはいえず、展覧会・パフォーマンスが行われている空間、その瞬間、そこに居合わせた人たちが存在する/関わることによって生成される場を一つの作品としてみることもできるのではないでしょうか。

本展では、展覧会という形式をとりつつ、三組のアーティストが、京都芸術センターの特徴的な北・南ギャラリーという二つの部屋を同時につかいながらそれぞれ作りだす三つの時間・場を提示します。一ヶ月にわたる展覧会会期中に、それら三つのケースを順々に追っていきます。

私たちの身の置き方によって、三つのケースの時間と状況は様々に変化しうるでしょう。それは、この展覧会を共につくることに他なりません。アーティストの試みを、私たちが拡張する刺激的な場をお楽しみください。

ケース1:立ち会う アーティスト|関川航平
「散歩られ」
会期:2019年8月27日(火)-9月5日(木)
例えば、散歩をしているあなたが足を交互に動かすと過ぎ去っている周辺の景色のどこかに目が留まれば名前を呼べるので声に出すことはなくとも呼ばれることのできるそれがそれ以外の周辺と区切れのない風景として散歩をしているあなたを見送る時、風景の中の何かは散歩するあなたによって散歩られているのか。

ケース2:選択する、決定する アーティスト|山中suplex
「二つの部屋、三つのケース」
会期:9月7日(土)-9月16日(月・祝)
ギャラリー北と南を、山中suplexに見立て、STORAGE [倉庫]とWORKSHOP [工房]の機能を持たせます。二つの空間を使用した三回のワークショップを行い、山中suplexメンバーとワークショップ参加者とで作る三つの”ケース”を提示します。

ケース3:演じる アーティスト|タカハシ ‘タカカーン’ セイジ
「京都レクリエーションセンター ~施設のための試演~」
会期:9月20日(金)-9月29日(日)
当センターは、施設のための試演(みかたの共同開発を目的とし、「すごす」ことを手段とします。ときには「やってみたかったことをやってみるための時間」があり、日々の終わりに「試演会議」を開くのですが、「残せなさ」「残らなさ」を「残したさを伴って伝え続けてもらうこと」)を行います(2019.7.2現在)。

山中suplex 「二つの部屋、三つのケース」ワークショップ
●「展示する」ワークショップ
日時:9月8日(日)13時-17時(※間に休憩あり)
定員:5名
内容:「展示」することをテーマにしたワークショップ。倉庫(ギャラリー南)内にある作品や材料の中から選択し、工房(ギャラリー北)に配置します。
●「罠を仕掛ける」ワークショップ
日時:9月12日(木)11時-15時(※途中でお昼休みあり)
定員:5名
内容:山中suplexメンバー、小西由悟による罠をテーマにしたワークショップ。倉庫(ギャラリー南)から工房(ギャラリー北)にむかい罠を仕掛けます。
●「整理整頓」ワークショップ
日時:9月15日(日)13時-17時(※間に休憩あり)
定員:5人
内容:倉庫(ギャラリー南)に作品だけを残して、工房(ギャラリー北)に資材を運ぶ整理整頓ワークショップ。

« Art Picks TOPに戻る « Art Picks TOP
助成: