開館20周年記念展Ⅰ 細見コレクションの江戸絵画  はじまりは、伊藤若冲

Art Picks TOPに戻る Art Picks TOP 前のページに戻る Back
crs-s_ex057

開催情報

【期間】2018年1月3日(水) – 2月25日(日)
【料金】一般 1,300円(1,200円)
    学生 1,000円(900円)
    ※( )内は20名以上の団体料金
【開館時間】10:00~18:00(入館は17:30まで)
【休館日等】月曜日休み

http://www.emuseum.or.jp/exhibition/ex057/index.html

会場

会場名:細見美術館
webサイト:http://www.emuseum.or.jp/
アクセス:〒606-8342 京都市左京区岡崎最勝寺町6-3
電話番号:075-752-5555
開館時間:10:00~18:00(入館は17:30まで)
休館日等:月曜日休み(祝日の場合、翌火曜日)

概要

開館20年周年記念展について
 京都・岡崎の地に開館して20年。平成10年(1998)以来、細見美術館は日本美術の魅力を多面的に発信し続けてきました。なかでも「若冲」と抱一・其一を中心とする「江戸琳派」は多くの方に熱いご支持をいただき、今や細見コレクション、ひいては日本美術を象徴するジャンルに昇華したといえましょう。

 開館20年を記念するこのたびの展覧会では、美術館とともに歩んできた彼らの作品を続けてご覧いただき、併せて江戸時代絵画の豊潤な世界を改めてお伝えしたいと思います。第1弾は「細見コレクションの江戸絵画 はじまりは、伊藤若冲」展。皆様に感謝を込めて、細見美術館が贈る美の祝宴をどうぞお楽しみください。

趣旨文
 伊藤若冲(1716~1800)はその独創的な絵画様式で、それまでの京都画壇の常識を打ち破り、旧風革新と呼ばれる18世紀の新たな潮流を切り開きました。
 一方、以前は古代中世の宗教美術中心だった細見コレクションが、半世紀ほど前に、江戸時代絵画に覚醒する扉を開いたのも若冲でした。また、細見美術館での若冲との出会いが日本美術への入り口だったという方も少なくありません。

はじまりは、伊藤若冲。

 開館20周年を記念し、本展では館蔵の若冲作品全てを一堂に展示します。また俵屋宗達、尾形光琳、池大雅、浮田一惠、青木木米、冷泉為恭らの名品や風俗画など、細見コレクションを彩る江戸絵画の数々も花を添えます。若冲ワールドと江戸絵画の多彩な魅力をご満喫ください。

« Art Picks TOPに戻る « Art Picks TOP