明治維新150年記念展示「維新外伝 ~日本のアナザーストーリーズ~」

Art Picks TOPに戻る Art Picks TOP 前のページに戻る Back
image

開催情報

【期間】2017年11月1日(水)~2018年5月6日(日)
【開館時間】平日10:00 ー 16:00 土日祝 10:00 ー 17:00
【料金】無料

会場

会場名:京都佛立ミュージアム
webサイト:http://www.hbsmuseum.jp/
アクセス:〒602-8377 京都府京都市上京区御前通一条上る東竪町110
電話番号:075-288-3344
開館時間:平日10:00~16:00 土・日・祝10:00~17:00
休館日等:月曜日、展示替え期間

概要

現在語り継がれている「明治維新」をあらためて確認しながら、歴史に埋もれた明治維新のアナザーストーリーの数々をご紹介してゆきます。

私たちの知らない明治維新の真実。
大政奉還、小御所会議、王政復古の大号令。
明治維新の背後には権謀術数渦巻く壮絶な権力闘争、思想や信仰の対立が存在していました。
その闘争や対立は凄惨な国内戦争となり、後の日本人の歩みにも暗い影を落とし、得体の知れない暗い影は現代の日本にも深い闇を生み出しています。

私たちは明治維新の「光」に目を奪われて、その「影」を見落としているのではないかー。
影の中にはこれまでの評価が一変するほどの謀略、世界史を覆す純粋な理想があります。
一方は天皇を利用した政治工作であり、
一方は日本人が日本人のために初めて唱えたデモクラシーがありました。

大政奉還150年、明治維新150年、そして坂本龍馬没後150年。

海援隊の『閑愁録』や『藩論』の展示、その詳細な解説を通じて、坂本龍馬たちが夢見た日本や世界へとご案内します。

同時に、海援隊を絶賛した幕末維新の仏教改革者・長松清風、鎌倉時代にデモクラシーの原型を示した世界的宗教家・日蓮の生涯や思想を紹介いたします。

日本とはどのような国か。
私たちはどこから来て、どこへ向かおうとしているのか。
共に考えてゆきたいと思います。

« Art Picks TOPに戻る « Art Picks TOP