織部と光悦Ⅱ

Art Picks TOPに戻る Art Picks TOP 前のページに戻る Back
2017_03

開催情報

【作家】古田織部,本阿弥光悦
【期間】2017年9月23日〔土・祝〕~2018年1月14日〔日〕
【開館時間】9:30~17:30(入館は17:10まで)
【休館】12月29日 ~1月4日
【料金】一般 500円/大学生・高校生 400円/中学生以下 300円/団体(15人以上)100円引き

http://www.furutaoribe-museum.com/exhibition.html

会場

会場名:古田織部美術館
webサイト:http://www.furutaoribe-museum.com/
アクセス:〒603-8054 京都府京都市北区上賀茂桜井町107-2
電話番号:075-707-1800
開館時間:9:30~17:30(入館は17:10まで)
休館日等:年末年始、展示替え期間中

概要

琳派の創始者といわれる本阿弥光悦は、陶芸・書・蒔絵など芸術全般にその才能を遺憾なく発揮しました。一方で、茶の湯においても活躍し、数々の光悦好みの茶道具を残しています。それらには、茶の湯の師古田織部からの影響が色濃く表れています。
 今回は、芸術家としての織部の継承者・光悦に注目し、新発見の本阿弥光悦作の「光悦七種(異説)」「光悦十作」「千家中興名物」赤筒茶碗 銘「有明」(平瀬家伝来)を初公開いたします。そのほか、孫の光甫による「空中信楽」や、光悦に楽茶碗の製作技法を伝授した樂家2代常慶とその子3代道入(ノンコウ)の作品など50点展示いたします。この機会にぜひご鑑賞下さい。

« Art Picks TOPに戻る « Art Picks TOP