織部の遺響~後水尾天皇と東福門院和子~

Art Picks TOPに戻る Art Picks TOP 前のページに戻る Back
2017_02

開催情報

【作家】古田織部
【期間】2017年5月20日〔土〕~ 9月18日〔日〕
【開館時間】9:30~17:30(入館は17:10まで)
【休館】期間中無休
【料金】500円 大学生・高校生 400円
  中学生以下 300円
  団体(15人以上)100円引き

http://www.furutaoribe-museum.com/exhibition.html

会場

会場名:古田織部美術館
webサイト:http://www.furutaoribe-museum.com/
アクセス:〒603-8054 京都府京都市北区上賀茂桜井町107-2
電話番号:075-707-1800
開館時間:9:30~17:30(入館は17:10まで)
休館日等:年末年始、展示替え期間中

概要

 本展では、古田織部が公家文化に遺した影響に光を当てます。飛騨国高山(岐阜県高山市)藩主の嫡男として生まれた金森宗和(重近)は織部が切腹する直前に廃嫡され、京都に移住しました。宗和は父の影響で若い頃から織部流の茶の湯を学んでそれを極め、自流を立ち上げるまでになりました。やがて宗和は織部門下の関白・近衛信尋ら高位の公家衆や上級武士から支持を集め、茶の湯を教授するようになり、後水尾天皇を中心とした寛永文化ネットワークを形成した人々へ広まっていきました。また宗和は、陶工野々村仁清を指導して自らの好みの茶道具を造らせ、それが大いに賞賛されました。仁清は主に色絵を得意とし、多くの作品が国宝・重要文化財に指定されています。しかしそれ以前の京焼には白地に緑釉が掛けられ、内側は黒一色という軟質茶碗があり、これは美濃国(岐阜県)の織部焼に影響を受けたものとみられ、後の仁清や乾山に影響を与えた焼き物といえるでしょう。一方、織部やその弟子・小堀遠州は作庭を得意とし、多くの名庭園を世に送り出しましたが、後水尾天皇も織部らの影響を受け、仙洞御所の庭園を改造し、また上・中・下の離宮からなる修学院離宮を造営しました。後水尾天皇の中宮であった東福門院和子も茶の湯を好み、自らの好みの道具を遺しています。本展では、寛永文化ネットワークを形成した公家衆や法親王の書、東福門院・金森宗和が好んだ茶道具などを通して、織部が遺した美意識に迫ります。

« Art Picks TOPに戻る « Art Picks TOP