HOLE IN THE WALL 展 by Société Nouvelles Lunettes

Art Picks TOPに戻る Art Picks TOP 前のページに戻る Back
82edad5bce4782f65bebfec0bae82b20

開催情報

【作家】
【期間】2017年7月9日(日)~7月29日(土)
【開館時間】12:00~18:00
【休館日等】無休
【料金】無料

http://www.findcraftandworks.jp/

会場

会場名:ファインドクラフト & ワークス京都
webサイト:http://www.findcraftandworks.jp/
アクセス:〒602-8243 京都市上京区西堀川通下長者町上る奈良物町 481 出水団地第 3 棟 1 階
電話番号:
開館時間:12:00~18:00
休館日等:

概要

「アートと交流」する事を通して地域との連携を進め、地域力を高める目的で設立した “地域限定” のアートイベント HOLE IN THE WALL KYOTO(ホール イン ザ ウォール 京都)のメインホストとなる展覧会です。

小さな窓から覗く新しき世界の発見。
新たな無名性の選択。中庸という構造とかたちにこだわりながらも、それを強い作為で表現したときに、
人はどのように受けとめるのでしょうか。未だ見たことの無い新しい眼鏡の紹介とともに、
未来への継承を考える展示です。

無名性にこだわる制作者はこれまで《伝統継承と既存の価値観からの脱却》《道具と芸術》《無名性の選択と自己の達成》 といった、それぞれが険しく対峙する課題に立ち向かってきました。それらはとりも直さず現代のものづくりが直面する課題です。本展覧会ではそうした課題に一つずつ丁寧に取り組み、積み上げた結果に応答するかたちで展示しました。 工芸分野・芸術分野に関わる者だけで無く、生活文化を営む多くの人々の共感を呼び覚まし、感動を生む展覧会です。

関連企画

7/8( 土 ) 18:00~20:30
【レセプションパーティ】 クロワッサンと日本酒のフュージョンでおもてなしします。
【トークイベント】 継承というと伝統文化や工芸と捉えがちですが、生活文化や住み継ぎなど 地域と切り離せない様々な「継承のあり方」をテーマに京都の未来を考える対談です。
※対談者 : 坪田最有 ( 大仏師・坪田工房 ) /松場大吉 ( 石見銀山生活文化研究所 )

7/22( 土 ) ① 19:00~ ② 22:00~(2部制)
【陶々舎茶会】 ナイトツアー開催中の会場をこの日のために特別に設えて、作品を背景にして楽しむ新感覚の茶会。(要予約) 10 名様限定・お席料 : 一名様 1,000 円
※ご予約はコンシェルジュデスクまで。

毎週 ( 日曜 ) 14:00~
【ギャラリートーク】 制作者とサロンコンシェルジュが開催日ごとに交代して作品解説を行います。

毎週 ( 金・土 ) 18:00~21:00
【ナイトツアー】 日が暮れて日常の喧噪からも隔絶されたあとの作品は、昼間と全く違った顔を見せてくれます。 初夏の京都に清涼でちょっとオシャレなお酒つきナイトツアーです。

« Art Picks TOPに戻る « Art Picks TOP