特別公開 修理完成記念 鳥取・三佛寺の蔵王権現立像

Art Picks TOPに戻る Art Picks TOP 前のページに戻る Back
1F-2_161213-2_tmb

開催情報

【期間】2017年1月17日(火) ~ 2月19日(日)
【開館時間】9:30~17:00(入館は16:30まで)
金・土曜日:午前9時30分から午後8時まで
【休館日等】月曜日休み(祝日の場合火曜日休み)
【料金】一般 520円(410円)、大学生 260円 (210円)
※()内は20名以上の団体料金です。
※高校生以下および満18歳未満、満70歳以上の方は無料です(年齢のわかるものをご提示ください)。
※障がい者の方とその介護者各1名の方は無料となります(障害者手帳等をご提示ください)。

http://www.kyohaku.go.jp/jp/theme/floor1_2/scu_20161213.html

会場

会場名:京都国立博物館 名品ギャラリー
webサイト:http://www.kyohaku.go.jp/jp/index_top.html
アクセス:〒605-0931 京都市東山区茶屋町527
電話番号:075-525-2473
開館時間:9:30~17:00(入館は16:30まで)
休館日等:月曜日休み(祝日の場合火曜日休み)

概要

鳥取県三朝町に位置する三徳山三佛寺は、奈良時代の慶雲三年(七〇六)に役行者によって開かれたと伝える、鳥取県を代表する古刹のひとつです。そそり立つ岩山に築かれた国宝・奥之院は投入堂として有名で、かつてここには多数の蔵王権現が祀られていました。現在は、そのうちの正本尊と脇本尊、計7躯が麓の宝物殿に安置されています。いずれも国の重要文化財に指定されていますが、そのうちの2躯について、今年度、京都国立博物館内に設けられた文化財修理所にて修理がおこなわれました。このたび、その修理の完了を記念して、特別に脇本尊1躯を公開します。この機会にぜひご覧ください。

« Art Picks TOPに戻る « Art Picks TOP