公募・助成・レジデンス - 公募

国内外のアーティスト・イン・レジデンスや、助成金等の公募情報概要を掲載しています。
各情報が変更となる場合等もありますので、詳細は必ず各ホームページのリンクをご確認ください。
ご質問等は各団体にお問い合わせください。

▶ 一覧に戻る

, 大館・北秋田芸術祭2014「里に犬、山に熊。」全国公募展

大館・北秋田芸術祭2014「里に犬、山に熊。」全国公募展

【内容】恒例の「ゼロ展」に加え、「新しいひろば」「ののの…。」「野外彫刻 犬/熊」の4つの部門で公募展を開催。「ゼロ展2014」は平面、立体、インスタレーション、映像、パフォーマンスなど無審査で、ゲスト審査員の講評を受けられる。展示期間は10月11日~10月13日。
【応募締切】2014年9月26日(金)必着
【WEB】http://koubo.zero-date.org/
締め切られました

, ASIAN CREATIVE AWARDS 作品募集

ASIAN CREATIVE AWARDS 作品募集

【内容】次世代のアジアン・クリエイティブのシーンを担うクリエイターを見出し、国を超えて活躍する機会をサポートするアワード。

【募集部門】グラフィック作品(グラフィックデザイン、イラストレーション、写真ほか2Dで応募可能な作品)

【賞及び賞金】グランプリ(副賞:アジアプレゼンテーション・ツアー)ほか

【応募締切】2014年11月15日(土)

【WEB】http://www.ubies.net/award/
締め切られました

, (日本語) The Association of Icelandic Visual Artists (SÍM)レジデンスプログラム(レイキャビック/アイスランド)

(日本語) The Association of Icelandic Visual Artists (SÍM)レジデンスプログラム(レイキャビック/アイスランド)

SÍMレジデンスはアイスランドで二つの制作場所を持つインターナショナルなレジデンスプログラムです。2002年に小さなベッドルームとスタジオから始まりましたが、世界中から150以上のアーティストを迎え、羽ばたいています(現在はレイキャビックに2ヶ所、ベルリンに1ヶ所)。この主な目的は異なる国のビジュアルアーティスト同士が互いに密接な関係を築き制作することで、国内外の直接的な繋がりをつくることです。芸術的なプロセスをサポートする制作環境をアーティストに提供することで、学び、遊び、反響するよう促すことを目指しています。本プログラムは行政の助成金を得ず、NPOとして活動してきたため、レジデンスのためのサポート金はありません。フィーは部屋によるが月額455〜710ユーロ(個室やシェア)。
【滞在期間】2018年7月〜12月(最大3ヶ月)
【締切】2018年1月31日 (水)
【web】http://sim.is/seljavegur-residency/
締め切られました

, 「SPACE LABO 2020」

「SPACE LABO 2020」

【内容】「SPACE LABO 2020」は、2021年3月に予定している「秋田市文化創造館」の開館に先駆けたプレ事業の一環で、グランプリには、開館後の秋田市文化創造館で表現する機会と、その滞在制作費が支援されます。審査過程では、企画の実現までコーディネーターがサポートするとともに、二次審査通過者には、制作補助費最大10万円を支援、実際に中心市街地で企画を表現する機会が提供されます。

【応募締切】2020 年8月17日(月)23時59分(必着)

【WEB】https://www.artscenter-akita.jp/archives/13254
締切まで あと約 5 日

, (日本語) 「京都×パリ」京ものアート市場開拓支援事業 -Savoir-faire des Takumiプロジェクト- 参加者募集

(日本語) 「京都×パリ」京ものアート市場開拓支援事業 -Savoir-faire des Takumiプロジェクト- 参加者募集

【内容】本市とパリ市で選抜された職人やアーティストがペアを組み,お互いの文化・歴史・技術・人柄などを理解し,刺激やインスピレーションを受け合いながら,アート市場を志向した新たな作品を創作し,世界での市場開拓を図ります。今年度については,オンライン上で京都の職人・アーティストとフランスのアーティストが交流し,作品の創作を行います。また,展示会につきましても,国際的なアートフェアへの出展を予定している他,オンライン展示会の導入を検討しています。本市及びパリ市の関係機関や本事業のアドバイザー等は,職人やアーティストの創作活動,創作した作品の国内外のアートフェアや見本市,ギャラリー及びオンライン展示会への出展等をコーディネートし,職人やアーティストが経済的に自立・発展していくための基盤づくりを行います。

【応募資格】

ア 本市が指定する伝統産業製品等を市内で製造する職人又は作家で,伝統的な技術や技法を継承しながら,クリエイティブな発想でものづくりを行っている個人又はグループ

イ 住居地,活動拠点又は発表場所のいずれかが本市内にあり,クリエイティブな発想で京都の芸術文化の振興に貢献する芸術的活動(ものづくり分野に限る)を行っている個人又はグループ

【応募締切】2020年8月20日(木曜日)午後5時まで(期限厳守)

【WEB】https://www.city.kyoto.lg.jp/sankan/page/0000272318.html
締切まで あと約 8 日

, SHELL ART AWARD 2020

SHELL ART AWARD 2020

【内容】次世代を担う若手作家のための美術賞であり、創設当初より完全な公募制で実施しています。現在では「若手作家の登竜門」として、美術界で高い評価を頂いています。2020年は創設64年を迎え、新任3名を含む計5名の審査員による多彩な視点からの審査、学生支援企画、また、昨年からスタートした「レジデンス支援プログラム」を本年も計画しています。

【応募資格】日本在住、40歳以下の方。(2020年3月31 日時点、誕生日が1979年4月1日以降の方

【応募締切】2020年8月28日(金)必着

【WEB】https://www.idss.co.jp/enjoy/culture_art/art/apply.html
締切まで あと約 16 日

, (日本語) 第3回尼崎市文化未来奨励賞 募集案内

(日本語) 第3回尼崎市文化未来奨励賞 募集案内

【内容】芸術性の高い優秀な作品などを創作し、全国規模の活動を展開しようとしている若手芸術家を選考し、顕彰するとともに、市内で発表する機会を持てるよう支援を行います。奨励賞受賞者には、発表等奨励金として100万円を上限に支援します。

【応募資格】芸術文化に関わる活動を行い、次のすべての条件に該当する者
(1)  出身、在住、活動拠点いずれかが尼崎市もしくは尼崎市内での活動が顕著である
(2)  令和3年4月1日現在で40歳以下である
(3)  尼崎市の芸術文化の振興や発信に貢献する活動を行っている
(4)  文学、音楽、美術、写真、演劇、舞踊、メディア芸術、その他の芸術で活動している

【応募締切】2020年8月31日(月曜日)(当日消印有効)

【WEB】https://www.city.amagasaki.hyogo.jp/manabu/art/1011784/1021310.html
締切まで あと約 19 日

, JAPAN MEDIA ARTS FESTIVAL 24th: 4 Divisions (Art, Entertainment, Animation, Manga) Call for Entry !

JAPAN MEDIA ARTS FESTIVAL 24th: 4 Divisions (Art, Entertainment, Animation, Manga) Call for Entry !

【内容】第24回文化庁メディア芸術祭では、アート、エンターテインメント、アニメーション、マンガの4部門で過去1年間(2019年10月5日~2020年9月4日)の間に完成または、すでに完成してこの期間内に公開された作品を対象に、プロ、アマチュア、自主制作、商業作品を問わず、世界中から広く作品を募集しています。応募作品は、審査委員会による審査を経て、部門ごとに大賞、優秀賞、ソーシャル・インパクト賞、新人賞、U-18賞を決定し、それぞれに賞状(文部科学大臣賞)、トロフィー、副賞(U-18賞は賞状のみ)が贈られます。

【応募締切】2020年9月4日(金)日本時間 18:00必着

【WEB】https://j-mediaarts.jp/news/第24回:4部門(アート・エンターテインメント・/
締切まで あと約 23 日

, (日本語) 第5回 星乃珈琲店絵画コンテスト

(日本語) 第5回 星乃珈琲店絵画コンテスト

【内容】星乃珈琲店は新しい才能を発掘するため、「第5回 星乃珈琲店絵画コンテスト」を実施します。第4回の応募作品は2320点にのぼり、予想以上のご応募をいただきました。今回もクリエーターに活躍の場を提供し、入選作品は作者名と共に全国の星乃珈琲店で巡回展示させていただきます。油彩・水彩・日本画・版画など奮ってご応募ください。蔵造りの店内を飾る、時代に捉われない力強い作品を期待します。

【賞】グランプリ(1点)賞金100万円ほか

【応募締切】2020年09月15日 (火) 19:00

【WEB】https://5th-artcontest.hoshinocoffee.com
締切まで あと約 34 日

, The 24th Taro Okamoto Award for Contemporary Art

The 24th Taro Okamoto Award for Contemporary Art

【内容】時代を創造する者は誰か!
1954年、岡本太郎43歳のときに出版された『今日の芸術』。この本には、「時代を創造する者は誰か」というサブタイトルがつけられていました。1996年、岡本太郎没、享年84歳。その直後、岡本太郎記念現代芸術大賞(2006年 岡本太郎現代芸術賞に改称)、通称「TARO賞」が創設されました。彼の遺志を継ぎ、まさに「時代を創造する者は誰か」を問うための賞。今年は第24回をむかえます。
「時代を創造する者は誰か」—–この半世紀前の太郎の真摯な問いかけを胸に刻んで、創作活動に邁進する方々の、幅広い応募を呼びかけたいと思います。応募規程に沿う作品であれば、その形状、技法等はまったく自由。美術のジャンル意識を超え、審査員を驚かす「ベラボーな」(太郎がよく使った言葉です)作品の応募を期待しています。

【応募期間】2020年7月15日(水)〜9月15日(火)

【WEB】https://www.taromuseum.jp/第24回岡本太郎現代芸術賞%E3%80%80作品募集.html
締切まで あと約 34 日

, (日本語) FACE 2021(第9回 損保ジャパン日本興亜美術賞)作品募集

(日本語) FACE 2021(第9回 損保ジャパン日本興亜美術賞)作品募集

【内容】9回目となる公募コンクール「FACE 2021」では、「年齢・所属を問わず、真に力がある作品」を公募いたします。美術評論家を中心とした審査員の厳正な審査により、「将来国際的にも通用する可能性を秘めた」作品約70点を入選作品とし、その中から合議制でグランプリ、優秀賞、読売新聞社賞を選出し、各審査員が審査員特別賞を決定いたします。さらに、観覧者投票によりオーディエンス賞を授与いたします。

【賞】グランプリ(1点)副賞 300万円ほか

【〆切】2020年10月18日(日)

【web】https://www.bizlogi-art.com/Sompojapan/Login.aspx
締切まで あと約 67 日

, Call for Entries in 24th Festival Platform Award

Call for Entries in 24th Festival Platform Award

【内容】日本科学未来館の球体展示に関する作品を募集します。
日本科学未来館のシンボル展示「ジオ・コスモス」で上映する多視点からの鑑賞を想定した映像作品を募集します。「ジオ・コスモス」は、宇宙から見た輝く地球の姿を多くの人と共有したいという館長毛利衛の思いから生まれました。同じ映像をさまざまな角度から見ることができ、且つ、正面が存在しないその映像プラットフォームは、平面映像の規則から放たれた、自由な映像表現を可能とします。

【応募締切】2020年10月20日(火)

【WEB】https://j-mediaarts.jp/contest_fp/
締切まで あと約 69 日

, COMPEUNG ARTIST-IN-RESIDENCE  CURRENTLY ACCEPTING APPLICATIONS FOR RESIDENCIES JUNE 2020 ONWARD

COMPEUNG ARTIST-IN-RESIDENCE CURRENTLY ACCEPTING APPLICATIONS FOR RESIDENCIES JUNE 2020 ONWARD

【内容】ComPeungは2007年、アーティストが運営するタイで一番初めにスタートされたアーティストインレジデンスプログラムです。現在、2020年の応募者を募集しています。

滞在場所はタイ北部独自の文化や風景、自然に囲まれているため、創造的な探求に没頭するための理想的な場所です。ゆっくりとした環境で生活することで、制作に深く集中し、その実験のための十分なスペースを得ることができます。

今年は、2020年6月から2020年12月まで利用できます。滞在期間は1か月から3か月。利用料は個人アーティストの場合1,090USドル/月。滞在場所、スタジオ、三食分の飲食費、空港からの移動費をカバーします。

【〆切】特に設定しませんが、2か月前までに提出が望ましい

【web】http://compeung.org/main/artist-in-residence/
締切まで あと約 80 日

, (日本語) 京都芸術大学 舞台芸術研究センター 2021年度共同研究(劇場実験型・リサーチ支援型)公募事業の募集

(日本語) 京都芸術大学 舞台芸術研究センター 2021年度共同研究(劇場実験型・リサーチ支援型)公募事業の募集

【内容】京都芸術大学 舞台芸術研究センター〈舞台芸術作品の創造・受容のための領域横断的・実践的研究拠点〉では、本拠点の研究理念である「ラボラトリー機能」に係る研究プロジェクトとして、下記2種類の研究事業を公募いたします。また2021年度はこれまでの「自由テーマ」と平行し、2020年代における舞台芸術の新たなヴィジョンを構想する、「課題テーマ」による研究事業を募集します。

【対象分野】
[劇場実験型]
京都芸術劇場を活用した「劇場実験」を研究プロセスの中心に据え、研究者とアーティスト・舞台技術者等の協働による研究チームによって行われる研究プロジェクト。応募〆切:2020年9月25日(金)23:59

[リサーチ支援型]
劇場実験や作品の創造、発表に至る前段階の「リサーチ」を中心とする研究プロジェクト。応募〆切:2020年11月13日(金)23:59

【WEB】http://www.k-pac.org/kyoten/public/
締切まで あと約 93 日

, 15TH ARTE LAGUNA PRIZE Pre-Applications

15TH ARTE LAGUNA PRIZE Pre-Applications

【内容】Arte Laguna賞は、世界で最も影響力のある若手アーティストやデザイナーのためのコンペティション。創造的な才能を紹介し、それを促進する機会です。14年の歴史を持つこの賞は、世界にまたをかけたネットワークやコラボレーション参加や、ヴェネチアビエンナーレの会場となるアルセナーレでの展示、賞金、その他多くの機会をアーティストへ提供しています。

【募集ジャンル】ペインティング、写真、立体、インスタレーション、ビデオ、パフォーマンス、デジタルメディア、ストリートアートなど

【募集期間】2020年6月1日(月)〜11月27日(金)*8月31日まではプレ募集期間とし、応募費用が安くなります

【WEB】https://artelaguna.world/en/arte-laguna-prize-20-21/
締切まで あと約 107 日

, SCOPIO CHALLENGE FOR PHOTOGRAPHY ON THE AGE OF COVID-19

SCOPIO CHALLENGE FOR PHOTOGRAPHY ON THE AGE OF COVID-19

【内容】この課題は、コロナ禍ために孤立したこの困難な瞬間に、日常生活の経験に基づいたビジュアルでの物語を作成することです。主催者の関心は、コロナによって制限させられた生活の中で、個人的でエモーショナルな経験を記録する現代写真です。採択された作品は、scopioネットワークでの発行物に掲載されますが、これらの応募作品の中から、新聞に掲載されることもあります。本プロジェクトは、U.ポルト学長の支援を受けて、ポルト大学建築学部(FAUP)とポルト大学芸術学部(FBAUP)の研究者とCityscopio文化協会の共同事業です。

【〆切】1回目)2020年7月31日(金) 2回目)2020年12月31日(木)

【WEB】https://www.scopionetwork.com/open-calls/scopio-challenge-covid-19
締切まで あと約 141 日

, (日本語) ≪京都市都市計画局≫市有地を活用した文化芸術等のイベント提案募集

(日本語) ≪京都市都市計画局≫市有地を活用した文化芸術等のイベント提案募集

【内容】京都市では,令和5年度に予定されている京都市立芸術大学の移転を見据え,「京都駅東南部エリア活性化方針」を策定し,本エリアのまちづくりに取り組んでいます。現在,本エリアの市有地を活用し,文化芸術等を通じて地域の賑わいを生み出すイベント等を行っていただける方を募集しています。

【対象箇所】京都市南区東九条地区内の市有地

【事業期間】随時、提案募集(原則、令和2年度末まで)

【WEB】https://www.city.kyoto.lg.jp/tokei/page/0000254420.html
締切まで あと約 230 日

, Lakkos Artists Residency

Lakkos Artists Residency

【内容】

このレジデンスプログラムは様々なクリエイティブな活動をベストに導くフレキシブルな場所です。ミュージシャンにはミュージシャン、作家には作家、ペインターにはペインターと、それぞれ地元の方をを紹介しつなぎます。地元の歴史について研究したい考古学者も歓迎。滞在先は少し古い伝統的な家です。このプログラムはオーストラリア人のアーティスト、Mathew Halpinにより運営され、彼も滞在先に住んでいます。
滞在費は提案制、寄付として、将来的に建物の修復やアートプロジェクト等に使用します。キッチンには自炊のための道具は用意していますが、食事はつきません。同時に5組のアーティストまで受け入れ可。最低2週間滞在。

【締切】随時

【WEB】https://lakkosartistsresidency.weebly.com/residency.html
締切まで あと約 2697 日

, 2020 Open Call from Japanese Artist In Residence “SAIKONEON” nearby Mt.Fuji with opportunity to exhibit in Tokyo

2020 Open Call from Japanese Artist In Residence “SAIKONEON” nearby Mt.Fuji with opportunity to exhibit in Tokyo

【内容】アーティスト・イン・レジデンス「 SAIKO NEON 」は、ジャンルの枠を超えた様々なクリエイターための研究、創作、交流の場を目指し本年4月より設立されました。
SAIKO NEONは東京より2時間たらずの距離にありながら雄大な富士の自然環境の元、山梨県西湖のほとりに施設を持ち、さらに東京の文化中心地のひとつである中目黒、代官山エリアの近くにあるギャラリースペース「月極」とも提携しています。

【対象分野】ビジュアルアート、デザイン、ミュージック、文学、漫画、パフォーマンス等

【応募締切】1年を通して応募可能

【WEB】https://saikoneon.com/
締切まで あと約 2697 日

助成: