公募・助成・レジデンス

国内外のアーティスト・イン・レジデンスや、助成金等の公募情報概要を掲載しています。
各情報が変更となる場合等もありますので、詳細は必ず各ホームページのリンクをご確認ください。
ご質問等は各団体にお問い合わせください。

過去の募集要項はこちらからご覧ください ▶

, (日本語) KOKUYO DESIGN AWARD 2022

(日本語) KOKUYO DESIGN AWARD 2022

【公募テーマ】UNLEARNING

【対象分野】働く、学ぶ、暮らすシーンで用いる文具・家具・道具全般

【応募締切】2021年10月15日(金)

【WEB】https://www.kokuyo.co.jp/award/
締切まで あと約 19 日

, (日本語) 京都芸術大学 舞台芸術研究センター 2022年度共同研究(劇場実験型・リサーチ支援型)公募事業の募集

(日本語) 京都芸術大学 舞台芸術研究センター 2022年度共同研究(劇場実験型・リサーチ支援型)公募事業の募集

【内容】〈舞台芸術作品の創造・受容のための領域横断的・実践的研究拠点〉では、舞台芸術作品が生み出されていく「創造のプロセス」に焦点をあてた「実験」や「研究」(=ラボラトリー機能)に関わる共同研究プロジェクトとして、創造と研究が横断的に結びついた舞台芸術の新たな可能性を探求する[劇場実験型][リサーチ支援型]の研究プロジェクトを募集します。

【対象分野】

[劇場実験型]京都芸術劇場を活用した「劇場実験」を研究プロセスの中心に据え、研究者とアーティスト・舞台技術者等の協働による研究チームによって行われる研究プロジェクト。応募期間:2021年6月1日(月)~8月29日(日)23:59

[リサーチ支援型]劇場実験や作品の創造、発表に至る前段階の「リサーチ」を中心とする研究プロジェクト。応募期間:2021年8月2日(月)~10月31日(日)23:59

【WEB】http://old.k-pac.org/kyoten/public/
締切まで あと約 35 日

, (日本語) KYOTO STEAM 2022 国際アートコンペティション作品プラン募集

(日本語) KYOTO STEAM 2022 国際アートコンペティション作品プラン募集

【内容】KYOTO STEAM -世界文化交流祭-実行委員会が主催する、第2回目のフェスティバル「KYOTO STEAM -世界文化交流祭- 2022」のコアプログラムとして、2021年度に「KYOTO STEAM 2022 国際アートコンペティション」を開催します。本コンペティションは、アーティストと企業・研究機関等(以下「企業等」という。)がコラボレーションすることで制作した作品を展覧し、表彰する、日本で類を見ない形式の国際コンペティションです。アーティストと企業等の双方を広く募り、両者の創造力を融合させることで、「アート×サイエンス・テクノロジー」の可能性を体現する作品を制作し、その作品の中から優秀な作品を表彰します。つきましては、本コンペティションに参加し、企業等とコラボレーション制作を行うことを望むアーティストから、作品プランを募集します。コラボレーションの中で自らの創造力と企業等の創造力をしなやかに結びつけ、企業等の持つ素材や技術、データ、知見等に新たな価値を見出し、コラボレーションでしか生み出すことのできない作品を創り出すこと。領域横断的な実践によって創作される、新たな芸術作品を世界に向け発表することに意欲的なアーティストの参加を広く募ります。
【〆切】2021年1月28日(木)

【web】https://kyoto-steam.com/news/2447/
締切まで あと約 63 日

, 2021 Open Call from Japanese Artist In Residence “SAIKONEON” nearby Mt.Fuji with opportunity to exhibit in Tokyo

2021 Open Call from Japanese Artist In Residence “SAIKONEON” nearby Mt.Fuji with opportunity to exhibit in Tokyo

【内容】アーティスト・イン・レジデンス「 SAIKO NEON 」は、ジャンルの枠を超えた様々なクリエイターための研究、創作、交流の場を目指し本年4月より設立されました。
SAIKO NEONは東京より2時間たらずの距離にありながら雄大な富士の自然環境の元、山梨県西湖のほとりに施設を持ち、さらに東京の文化中心地のひとつである中目黒、代官山エリアの近くにあるギャラリースペース「月極」とも提携しています。

【対象分野】ビジュアルアート、デザイン、ミュージック、文学、漫画、パフォーマンス等

【募集期間】2021年5月17日(月)~2021年12月3日(金)

【WEB】https://saikoneon.com/
締切まで あと約 68 日

, (日本語) すごす/センター/家/AIR アーティスト・イン・レジデンス募集

(日本語) すごす/センター/家/AIR アーティスト・イン・レジデンス募集

【内容】「すごす/センター/家/AIR(略称:すごセン)」は、「家と公共が混じりあいながら、だんだん福祉になるかもしれない文化施設」をコンセプトに、2020年9月京都市南区にてスタートし、芸術と福祉が対等に交わる場を目指しています。 このスペースでは、AIRを通じてアーティストをケアします。そのAIRをともに支えるのは障害の有無を問わずさまざまな人です。ここでは、大掛かりなものを作ることは困難ですが、適宜他機関と連携し、つくること、つくらないことを支援します。すごすことは、つくること。つくらないこととつくることを等価にするという理念があります。まだまだ道半ばですが、その時間に触れてみてもらえたらうれしく思います。

【応募締切】随時募集

【WEB】https://www.seijitakahashi.net/recreation/sugosu-center-ie-air
締切まで あと約 704 日

, Lakkos Artists Residency

Lakkos Artists Residency

【内容】

このレジデンスプログラムは様々なクリエイティブな活動をベストに導くフレキシブルな場所です。ミュージシャンにはミュージシャン、作家には作家、ペインターにはペインターと、それぞれ地元の方をを紹介しつなぎます。地元の歴史について研究したい考古学者も歓迎。滞在先は少し古い伝統的な家です。このプログラムはオーストラリア人のアーティスト、Mathew Halpinにより運営され、彼も滞在先に住んでいます。
滞在費は提案制、寄付として、将来的に建物の修復やアートプロジェクト等に使用します。キッチンには自炊のための道具は用意していますが、食事はつきません。同時に5組のアーティストまで受け入れ可。最低2週間滞在。

【締切】随時

【WEB】https://lakkosartistsresidency.weebly.com/residency.html
締切まで あと約 2287 日

助成: