公募・助成・レジデンス

国内外のアーティスト・イン・レジデンスや、助成金等の公募情報概要を掲載しています。
各情報が変更となる場合等もありますので、詳細は必ず各ホームページのリンクをご確認ください。
ご質問等は各団体にお問い合わせください。

過去の募集要項はこちらからご覧ください ▶

, 2019 fiscal Creative inclusion Activities Grant Application

2019 fiscal Creative inclusion Activities Grant Application

【内容】本助成では、「クリエイティブ・インクルージョン」の考え方の中から、特にアーティスト、クリエイター等が行う「社会包摂の視点を有しながら現代の表現を追求していく活動」に支援をしていきます。

今後、ますます多様となる社会。アーツコミッション・ヨコハマは、アーティスト、クリエイター等が持つ包摂性の解釈、独自の視点(まなざし)に注目しています。本助成では、芸術と社会の関係を問い、社会の変化を意識しながら個人の表現を追求するアーティスト、クリエイター等を支援します。そして、そのことが市内および国内外に広く伝わることを期待します。実施場所は原則として横浜市内。

【応募締切】2019年4月22日(月)必着
【WEB】http://acy.yafjp.org/grants/raise/h31creativeinclusion-html.html
締切まで あと約 2 日

, 2019 fiscal young artists support Grant Creative Children Fellowship Application

2019 fiscal young artists support Grant Creative Children Fellowship Application

【内容】アーツコミッション・ヨコハマ(略称:ACY、公益財団法人横浜市芸術文化振興財団運営)は、横浜市が文化芸術創造都市の一層の推進を図るべく展開するクリエイティブ・チルドレンの理念に基づき、横浜から世界に芸術文化を発信する次世代のアーティストを育成し、そのキャリアアップを支援するための助成制度を2016年度より実施しています。フェローに選出されると、年間の活動経費の一部に対する助成金およびACYを通じた横浜での活動を中心とした様々な支援が行われます。アートを通じて社会に新たな価値を提示し、国内外での活躍を目指す若手アーティストの皆さんからの、チャレンジに満ちたご応募をお待ちしています。

【応募締切】2019年4月22日(月)必着

【WEB】http://acy.yafjp.org/grants/raise/grants31u40.html
締切まで あと約 2 日

, Text-based residency program  in Hämeenkyrö, Finland

Text-based residency program in Hämeenkyrö, Finland

【内容】

Artelesクリエイティブセンターは森林、畑、湖に囲まれており、自然の環境の中で仕事に集中することができます。
今回の募集「Enter Text」は、文章を扱う作家、研究者、芸術家のための国際的なレジデンスプログラムです。本プログラムは、国や言語、制作ジャンル等を問わず、テキストと言語を扱い様々な背景を持つ作家とアーティストなどを募集します。
スタジオと個別の滞在先がある。朝食付き。参加中に必要な最低限の備品、サウナ、wifi等も使用可能。参加費は一ヶ月1950ユーロ。サポートを受けることも場合によっては可能(その場合1170ユーロ)。

【応募締切】2019年4月24日(水)
【WEB】https://www.arteles.org/enter_text_residency.html
締切まで あと約 4 日

, Farm Studio International Artist Residency

Farm Studio International Artist Residency

【内容】このレジデンスの目的は、クリエイティビティを刺激する農村地域を基盤としたオープンプラットフォームを提供することです。レジデンス参加者は、普段と異なる環境に滞在しつつも、自分の作品を作ることに集中することができます。地理的に異なる場所から来たアーティストと、社会的、宗教的、文化的背景が異なる人々とでコラボレーションしていくことが奨励されます。利用料として月500ドル。

【応募締切】2019年4月27日(土)

【WEB】https://farmingstudio.wordpress.com/art-residency/
締切まで あと約 7 日

, Pernod Ricard Fellowship 13

Pernod Ricard Fellowship 13

【内容】Villa Vassilieff(Bétonsalon - Art and Research for Centreが運営するパリ市の文化機関。フランスの国の公認機関)とそのスポンサーのひとつ、Pernod Ricardは、Pernod Ricard Fellowshipを創設。これは、毎年4人の国際的に活動する芸術家、学芸員、研究者を支援することを目的とし、今回は5回目の募集です。10人のメンバーからなる国際委員会によって選ばれた4人のフェローは、Villa Vassilieffのリノベーションされた歴史あるスタジオで3ヶ月間滞在。フェローは長年のパートナーであるポンピドゥーセンター等、フランス国内外の豊富なネットワークへのアクセスができると共に、研究者や芸術専門家から個人に寄り添ったサポートを受けることが可能。パリの滞在費として6000ユーロ、制作&リサーチ費として5000ユーロをそれぞれ支給。
【応募締切】2019年4月30日(火)
【WEB】http://www.villavassilieff.net/?Pernod-Ricard-Fellowship-13
締切まで あと約 10 日

, End of Summer OPEN CALL FOR 2019

End of Summer OPEN CALL FOR 2019

【内容】「エンド・オブ・サマー」は、オレゴン州ポートランドで行われる、異文化のアート・プログラムです。毎年夏に、日本人の新進アーティストたちがポートランドに滞在(レジデンシー)し、一般公開されるレクチャーやプレゼンテーションといったイベントで構成されます。プログラムは、ポートランド南西部にある「イエール・ユニオン」のコンテンポラリー・アート・センターの建物を拠点にして実施されます。プログラムは、参加者それぞれに、航空券代、住居、アート・スタジオ・スペースを提供します。参加者は、スタジオでの制作にかかわる素材などの実費や、日々の生活費を、自己負担します。

【滞在期間】2019年8月1日〜29日

【応募締切】2019年5月1日(水)

【WEB】http://www.end-of-summer.org
締切まで あと約 11 日

, Maxim Gorki Theater -Young Curators Academy

Maxim Gorki Theater -Young Curators Academy

【内容】本アカデミーは、アートとアクティビズムの交差、特に政治的、社会的、経済的なチャレンジングな状況下で制作することに関心ある全ての個人に対し、知識を共有し、振り返り、深めることを求めます。本アカデミーは独自のイベントを制作し、新しい形態のオーサーシップとキュレーションを開発しているクリエイター(若いアーティスト、思想家、プログラムプロデューサー等)を歓迎します。アカデミーは2019年10月24日(到着日)から2019年11月5日(出発日)までベルリンで開催。英語がコミュニケーションの言語です。往復航空券や滞在先はアカデミーが用意。また1000ユーロを支給。

【応募締切】2019年4月30日

【WEB】https://berliner-herbstsalon.de/vierter-berliner-herbstsalon/open-call
締切まで あと約 11 日

, (日本語) 六甲ミーツ・アート 芸術散歩2019

(日本語) 六甲ミーツ・アート 芸術散歩2019

【内容】阪神電気鉄道株式会社とそのグループ会社である六甲山観光株式会社は、現代アートの展覧会「六甲ミーツ・アート 芸術散歩2019」を2019年9月13日から11月24日まで開催します。
六甲ミーツ・アート 芸術散歩は、神戸・六甲山の土地柄や景観を活かした展覧会です。現代アート作品を通じ、自然や眺望、文化や歴史といった、六甲山本来の魅力を五感で感じてもらい、これを機に新たな六甲山ファンを増やし、山上の活性化につなげていきたいという思いのもと、2010年秋から毎年開催しています。10回目となる2019年は、招待、公募をあわせ40組を超えるアーティストが、10会場を舞台に六甲山ならではの作品を制作・展示する予定です。
開催に伴い、公募部門の作品を募集します。六甲山の景観や会場となる施設の特性を活かし、六甲山エリアの魅力を一段と引き出せる作品プランをご応募ください。
【締切】2019年5月7日(火) 作品提出・応募締切、消印有効
【web】https://www.rokkosan.com/art2019/
締切まで あと約 17 日

, (日本語) 公益財団法人 西枝財団 展覧会企画募集

(日本語) 公益財団法人 西枝財団 展覧会企画募集

【内容】公益財団法人 西枝財団では、これからの芸術・文化を担う若者の育成を目的に現代美術・日本の伝統文化・工芸・デザインを広く一般に認知・周知する役割を担うキュレーターを支援する助成事業を実施しております。築100年以上の古民家【瑞雲庵】の特性を活かし、既存の形にとらわれず、アイディア溢れる展覧会を企画・運営できる次代の創造者を募集いたします。同事業は、公募にて年間2事業を選出し、瑞雲庵での展覧会開催を支援するものです。

【対象者】意欲と創造性にあふれる若手企画者(キュレーター)

【対象事業】現代美術・工芸・デザインなど幅広く文化全般を対象とした企画

【実施期間】2020年春か秋(年間2事業採択)

【助成内容】会場の提供(瑞雲庵 Zuiun-an | 京都・上賀茂にある古民家)、助成金 70万円、展覧会図録作成(印刷代金を別途支給)

【締切】2019年5月10日(金)必着  《郵送のみ受付可

【web】https://www.n-foundation.or.jp/application?fbclid=IwAR3zW4JgPdQOnO2If46oN3w0fvuXqhS2KkD89O8We-hHAPQpCTQANATqc2Q
締切まで あと約 20 日

, Art Award IN THE CUBE 2020“Kioku no Yukue (Where Our Memories Go)”

Art Award IN THE CUBE 2020“Kioku no Yukue (Where Our Memories Go)”

【公募テーマ】「記憶(きおく)のゆくえ」

【内容】

古来、豊かな自然に恵まれ、森林を源とする「清流」が県内をあまねく流れる岐阜県。 里や街を潤すこの「清流」は、東濃の陶磁器、飛騨の木工芸、美濃和紙、関の刃物な ど匠の技を磨き、千有余年の歴史を誇る鵜飼などの伝統文化を育むとともに、新たな 創造の源となっています。
2017年4月、岐阜県では、想像力溢れる新たな才能の発掘と育成を目的に、企画公 募展「清流の国ぎふ芸術祭 Art Award IN THE CUBE 2017」を開催したところ、海外 を含め 790件もの応募をいただきました。15 組の入選者の皆さんは、この「AAIC2017」 をきっかけに、大きく羽ばたかれています。
「AAIC2017」から 3年、2020年4月、本県では再び 4.8m(幅)×4.8m(奥行)×3.6m(高さ) のキューブを無限の小宇宙に見立て、自由に表現していただく「AAIC2020」を開催します。

【応募締切】2019年5月13日(月)17:00必着

【WEB】https://art-award-gifu.jp
締切まで あと約 23 日

, Fringe: Open Entry Performance Registration Open!

Fringe: Open Entry Performance Registration Open!

【内容】KYOTO EXPERIMENT 京都国際舞台芸術祭 2019 フリンジ「オープンエントリー作品」は、フェスティバルの開催時期と同時期(対象期間:2019.10.1-27)に京都府下で発表される作品なら、ジャンル不問、審査なしで参加可能。エントリーされた作品の情報は、KYOTO EXPERIMENTを通じて広く発信されます!演劇、ダンス、パフォーマンス、ジャグリング、マイム、コント、音楽、上映会、展覧会――。多彩なジャンルの作品が、京都のみならず国内各地から、そして時には海外からも参加し、さまざまな出会いを生みだしてきた「オープンエントリー作品」。新たな観客との出会い、ネットワークの広がりを求めるアーティスト/カンパニーの参加をお待ちしています。

【応募締切】2019年5月13日(月)

【WEB】https://kyoto-ex.jp/home/news/2019/03/19/open-entry2019/
締切まで あと約 23 日

, Yamagata International Documentary Film Festival 2019

Yamagata International Documentary Film Festival 2019

【内容】隔年で開催され第16回目を迎える、山形国際ドキュメンタリー映画祭2019でインターナショナル・コンペティション、アジア千波万波の上映作品を募集。応募者は希望するプログラムを1つ選ぶ。

【開催日】2019年10月10日[木]-10月17日[木]

【応募締切】(すべて消印有効)

・インターナショナル・コンペティション部門
第1次締切:2018年12月15日(2018年10月31日まで完成の作品)
第2次締切:2019年4月15日(2018年11月1日以降完成の作品)

・アジア千波万波:2019年5月15日

【WEB】https://www.yidff.jp/home.html
締切まで あと約 25 日

, (日本語) リサイクルアート展

(日本語) リサイクルアート展

【内容】リサイクルアート展は、「リサイクルのことをもっと知って欲しい」という発想から始まりました。使用しなくなった素材を使って、制作者がアート作品として独創的な息吹を吹き込こむことで、リサイクルの可能性や未来環境への大切な想いを伝えます。募集内容は「リサイクル」をテーマとしたアート作品。ジャンルは不問。主として「使用しなくなったもの」(缶、ペットボトル、古紙、プラスチック、加工木材、廃タイヤ、金属、家電、古布、ガラス)を素材として使用すること。

【賞】一般の部:グランプリ(1点) 賞金100万円ほか

【応募締切】2019年05月31日 (金) 応募締切、必着

【WEB】http://www.matec-inc.co.jp/recycle-art/
締切まで あと約 41 日

, The Japan Foundation Arts and Cultural Exchange

The Japan Foundation Arts and Cultural Exchange

【内容】日本の芸術や文化の海外への紹介や文化芸術分野における国際的な貢献を目的として、海外において公演、講演、デモンストレーション、ワークショップ等の文化芸術事業を実施するため、海外に渡航する芸術家や日本文化諸分野の専門家等に対し、経費の一部を助成します。
【対象事業】以下のいずれかの事業。 ア 演劇、音楽、舞踊、民俗芸能等の公演
イ 日本文化やスポーツに関する講演、デモンストレーション、ワークショップ等
※日本の他の政府機関、特殊法人、独立行政法人、公益財団法人日韓文化交流基金から助成を受ける事業については、本プログラムで助成を受けることはできません。
【申請締切】第2回目(第一回目はすでに終了)2019年6月3日(必着)*2019年10月1日以降に開始(日本を出発)し、2020年3月31日までに完了(日本に帰着)する事業が対象
【web】https://www.jpf.go.jp/j/program/dl/culture/pdf/pg_Q-DACS_j.pdf
締切まで あと約 44 日

, The Asia Center Fellowship Program

The Asia Center Fellowship Program

【内容】日本およびASEANにおいて、国の枠を超えた共同/協働事業を担い、活躍する人材を育成するために、一定の期間、自国外に滞在して活動を行なう個人に対して、フェローシップを提供します。専門・関心分野に関する調査・研究・創作活動やネットワーク・プラットフォームの構築などを目的とした活動を支援します。

【期間】短期:21日~59日/長期:60日~6か月

【応募締切】2019年6月3日(必着)

【WEB】https://grant-fellowship-db.jfac.jp/ja/fellowship/
締切まで あと約 44 日

, (日本語) TOKYO MIDTOWN AWARD2019公募

(日本語) TOKYO MIDTOWN AWARD2019公募

【内容】東京ミッドタウンという場所を活かしたサイトスペシフィックな作品を募集します。テーマを自由に設定し、都市のまん中から世の中に、そして、世界に向けて発信したいメッセージをアートで表現してください。入選者1人(または1グループ)につき制作補助金として100万円を支給します。また副賞としてトロフィーを贈呈します。2019年10月18日(金)に授賞式、10月18日(金)~11月10日(日)に展示を行います(予定)。※受賞作品は東京ミッドタウン内プラザB1にて展示します。

【賞】グランプリ受賞者100万円、University of Hawai’iのアートプログラムに招聘します

【募集期間】2019年5月13日(月)~6月3日(月)必着

【WEB】http://www.tokyo-midtown.com/jp/award/art/
締切まで あと約 44 日

, 2020 AIR Taipei Open Call

2020 AIR Taipei Open Call

【内容】IR Taipei2020の公募は、さまざまな分野の国際的なアーティストと地元アーティストのための2つの異なるユニークなアーティストインレジデンスを提供。台北市の中心に位置する台北國際藝術村(TAV)と歴史的建造物に隣接するTreasure Hill Artist Village(THAV)。昨年から「Contemporary Meets Classical」というテーマを設定したレジデンス公募をスタート。2020年にはトレジャーヒルで開催されるライトフェスティバルでの展覧会に関連し、光を用いたプロジェクトに関するプロジェクトについてのレジデンス募集も行います。スタジオや滞在スペースを無料提供。
【対象分野】ビジュアルアート、パフォーミングアーツ、音楽、建築、文学、キュレーション等
【応募締切】2019年6月10日(月)
【WEB】http://www.artistvillage.org/event-detail.php?p=4130
締切まで あと約 51 日

, Komatsu Biennale 2019: 5th Miyamoto Saburo Award for Original Sketch “Pioneering New Expressions”

Komatsu Biennale 2019: 5th Miyamoto Saburo Award for Original Sketch “Pioneering New Expressions”

【内容】一本の線から生まれたかたちには、それを描いた人の感性や心の動きが表れ、それぞれが独特な表現への可能性をひめています。デッサンの名手と呼ばれた宮本三郎は、「一枚の白紙と一本の木炭があれば、その精神が対象と一体となって、充分の活動を開始する。」と述べています。このデッサン大賞展は、線や様々な手法によって生み出される豊かな表現を求める場として生まれました。新しいデッサンの表現の地平をおし広げるための一本の線、また、新鮮な技法、未来を拓く独創的な表現を求めます。応募資格は不問 (年齢・国籍・経歴を問いません)。テーマは自由。

【募集期間】2019年4月1日(月)~6月28日(金)(午後4時必着)

【WEB】https://miyamoto-dessin.com/ar.html
締切まで あと約 69 日

, (日本語) Independent TOKYO 2019 展示参加募集

(日本語) Independent TOKYO 2019 展示参加募集

【内容】「Independent TOKYO」は、若手の新進アーティストが自身のアート作品を展示販売することができるブース出展型のアートイベントです。若手アーティストの登竜門として、作家のキャリア支援を目的としています。

イベント会場では新作を発表する場であるだけでなく、ギャラリストが自分の画廊で展示する作家を探す場でもあります。今回のために選ばれたギャラリスト審査員が丁寧に作品を評価していきますので、出展作家にとっては次のキャリアにつながるチャンスです。奮ってご応募ください。グランプリ 賞金10万円ほか

【開催概要】会期:2019年8月17日 10:00~19:00、18日 10:00~18:00 会場:ヒューリックホール東京

【応募締切】2019年06月28日 (金) (事前登録)

【WEB】http://www.tagboat.com/artevent/independent_tokyo2019.php
締切まで あと約 69 日

, The Benrido collotype-competition:The HARIBAN AWARD

The Benrido collotype-competition:The HARIBAN AWARD

【内容】19世紀に発明された写真印画技法「コロタイプ」を一世紀に渡り継承する便利堂は、2014年以降、写真をベースに活動するクリエイターに向けた国際コロタイプ写真コンペティションを開催しています。精緻で豊かな濃淡表現を可能にするコロタイプ技法を多彩な作家の方に体験いただき、コラボレーションをとおして新たな表現領域を拓いていただくことを目的としています。

【賞】

・2週間の京都滞在(交通費と宿泊費を含む)
・便利堂コロタイプ工房でのコロタイププリントの制作(8イメージ) と作品の謹呈
・次年度春の京都市内での個展(個展の開催費用を含む)
・公式カタログ(和綴じ、コロタイプ印刷)の10冊謹呈
他 審査員賞(4名)、工房特別賞(1名)、入選(数名)

【応募期間】2019年4月12日〜6月30日

【WEB】http://benrido-collotype.today/collotype-competition/
締切まで あと約 71 日

, (日本語) ComPeung(チェンマイ/タイ)

(日本語) ComPeung(チェンマイ/タイ)

ComPeungはタイで初めてのインディペンデントなレジデンスプログラムで2007年から継続中。100以上のアーティストが世界中から参加している。
≪対象≫ビジュアルアート(ジャンル問わず)、建築、パフォーミングアーツ、執筆、音楽
≪期間≫最低1ヶ月2ヶ月(新作の発展のための滞在のには2ヶ月を推奨)
≪費用≫30,000タイバーツ/月(スタジオ、滞在場所、3食、チェンマイ空港からの往復交通含む)
≪締切≫いつでも可能(ただし滞在期間の2ヶ月前までにオンラインで応募すること)
≪web≫http://www.compeung.org/artist-in-residence/
締切まで あと約 398 日

, Lakkos Artists Residency

Lakkos Artists Residency

【内容】

このレジデンスプログラムは様々なクリエイティブな活動をベストに導くフレキシブルな場所です。ミュージシャンにはミュージシャン、作家には作家、ペインターにはペインターと、それぞれ地元の方をを紹介しつなぎます。地元の歴史について研究したい考古学者も歓迎。滞在先は少し古い伝統的な家です。このプログラムはオーストラリア人のアーティスト、Mathew Halpinにより運営され、彼も滞在先に住んでいます。
滞在費は提案制、寄付として、将来的に建物の修復やアートプロジェクト等に使用します。キッチンには自炊のための道具は用意していますが、食事はつきません。同時に5組のアーティストまで受け入れ可。最低2週間滞在。

【締切】随時

【WEB】https://lakkosartistsresidency.weebly.com/residency.html
締切まで あと約 2309 日

助成: