公募・助成・レジデンス - 海外 - アメリカ

国内外のアーティスト・イン・レジデンスや、助成金等の公募情報概要を掲載しています。
各情報が変更となる場合等もありますので、詳細は必ず各ホームページのリンクをご確認ください。
ご質問等は各団体にお問い合わせください。

▶ 一覧に戻る

, apexart Exhibition Open Call

apexart Exhibition Open Call

【内容】本公募は、世界中のアーティスト、キュレーター、その他専門家から、NYC以外の世界のあらゆる場所の展覧会提案を募集するものです。選ばれた提案は、制作資金とスタッフ等による制作支援を受けます。これは助成金ではなく、むしろapexartによる展覧会をキュレーションする機会です。場所の設定については、その場で展覧会を実施する潜在的なチャレンジ性と計画性を有するため、これまでに現地で実際に時間を費やした場所を選択する必要があります。展示会場は、提出時に決定しておく必要はありません。各展示会とその関連企画に10,000ドルの予算を用意しています。

【締切】2020年3月1日(日)

【web】https://apexart.org/opencalls.html
締切まで あと約 4 日

, The Chinati Foundation’s Artist in Residence program 2020

The Chinati Foundation’s Artist in Residence program 2020

【内容】1989年に様々な年齢、バックグラウンドを持つアーティストのサポートを目的に設立されたプログラム。レジデンスの成果として展覧会開催を実施。当プログラムは美術館の重要な一部であり、作品がコレクションになる事も。アーティストにはスタジオと滞在場所を提供するほか、1500ドルを素材購入費や旅費等として支給。また、スタッフ同伴の上、チナティの展示準備空間の見学や素材の見学も可能。

【締切】2020年4月1日(消印有効)

【レジデンス期間】2021年の2ヶ月間

【web】https://chinati.org/information/become-artist-in-residence
締切まで あと約 35 日

助成: