公募・助成・レジデンス(終了分)

国内外のアーティスト・イン・レジデンスや、助成金等の公募情報を掲載しています。
 
2014年7月以前終了の公募情報はこちらからご覧ください ▶

, (日本語) おおさか創造千島財団 創造活動助成 for U30(2023年度)

(日本語) おおさか創造千島財団 創造活動助成 for U30(2023年度)


【内容】
大阪における創造活動を活発化するため、また大阪で活動する若手アーティスト、クリエイターを支援するため、活動資金の一部を助成金として交付します。
ジャンルや活動の形態は問いません。社会に新たな視点や価値観を提示し、「創造活動」の定義をも問い直すような意欲的な活動を重点的にサポートします。

【対象分野】
創造的な活動を行う30歳以下(※)の個人または団体(法人格の有無、法人形態は問わない)
※申請時、団体の場合は、代表者と構成メンバーの概ね半数以上が30歳以下
・大阪府を活動拠点とする対象者が、大阪府内外(海外を含む)で行う活動
・大阪府以外に拠点がある対象者が、大阪府内で行う活動
-ジャンルは問いません。

【応募締切】2023年1月9日(月・祝)23:59

【WEB】https://chishima-foundation.com/topics/grant/u30_2023.html
締め切られました
, The Fiminco Foundation call for applications for international curators

The Fiminco Foundation call for applications for international curators


【内容】
Fiminco財団は、ロマンヴィル(セーヌ=サン=ドニ県)を拠点とする3ヶ月間のキュレーター・レジデンスのために、国際的なキュレーターの公募を開始します。このレジデンスプログラムは、フランス国内外に在住するキュレーターで、年齢制限を設けず、新進気鋭の、または重要なプロフェッショナルであることを証明できる人を対象としています。

【対象分野】                                                                 レジデンスプログラムは、フランス国内外に在住するキュレーターで、年齢制限はなく、プロとしてのキャリアが浅い、または確立されていることを証明できる人が対象です。この募集は、フィミンコ財団のアーティスト・レジデンス・プログラムのダイナミズムの一環であり、2022年9月から2023年7月までの11ヶ月間、12人の国際的アーティストを同時に受け入れるほか、世界各地の機関パートナーと協力して単発のレジデンス・プログラムも実施しています。

【応募締切】2022年12月8日

【WEB】https://www.fondationfiminco.com/en/callforapplication/
締め切られました
, (日本語) 京都芸術センター Co-program2023募集

(日本語) 京都芸術センター Co-program2023募集


【内容】
京都芸術センターは、異なるパラダイムの触発・融合・溶解の中から、新しく挑戦的な芸術文化を創造することを目指しています。そのために、創造の核となるアーティストや芸術団体との連携を強化し、その活動を支援することで新たな価値を創造する ”Co-program” を実施します。皆さまからの意欲的な企画提案をお待ちしています。

《募集枠》
・カテゴリーA「共同制作」(公演事業)
・カテゴリーB「共同開催」(展覧会事業)
・カテゴリーC「共同実験」(リサーチ、トーク、ワークショップ等)

【応募締切】2022年12月8日(木)メール必着 ※郵送・持込での提出不可

【WEB】https://www.kac.or.jp/32903/
締め切られました
, TERRADA ART AWARD 2023

TERRADA ART AWARD 2023


【内容】
TERRADA ART AWARDは、若手アーティストの支援を目的とした現代アートアウォードです。世界を舞台に活躍するアーティストの輩出を念頭に、これまで国際的な視点と現代アートに関する深い見識を持つ審査員を迎えて実施してまいりました。審査は作品内容、展示プランの精査を経て、ファイナリストを選出。ファイナリストには制作費の支援としての賞金、および当社施設での展示機会を提供します。

【対象分野】
現代アート全般(絵画等の平面、写真、立体(オブジェクト)、テキスタイル、映像、デジタル・メディアアート、パフォーマンスなど身体表現、音または音楽など全ての媒体を含む)

【応募締切】2023年1月31日(火) 18:00

【WEB】https://www.terradaartaward.com/ja/
締め切られました
, 事業名

事業名


【内容】
スタイリッシュな住宅設備機器・建築資材を開発・販売するサンワカンパニーによる、より良いLIFEスタイル「アートのあるくらし」を提案する「sanwacompany Art Award / Art in The House 2023」の募集が開始しました!本コンペティションでは、ショールーム内に設置する幅6m、高さ2.4mの仮設壁に展示する平面作品のプランを募集します。絵画や写真に限らず壁面内で展開されるインスタレーション等のプランも歓迎。意欲的なプランをお待ちしています。

【対象分野】
・サンワカンパニー東京ショールーム内に仮設する壁面に展示する作品プラン。
・壁面内で展開される平面作品(素材や技法は問いません)。
・未発表作に限る(ただし旧作も含めた新しい展示プランは可)。
・不快な匂い、過度の音・光を放つ作品などは禁止。

【応募締切】2022年12月11日 (日) 23:59 迄必着 ※持ち込み・郵送不可

【WEB】https://www.artlogue.org/node/8961
締め切られました
, (日本語) 「KYOBASHI ART WALL―ここから未来をはじめよう」第3回作品募集

(日本語) 「KYOBASHI ART WALL―ここから未来をはじめよう」第3回作品募集


【公募テーマ】ここから未来をはじめよう
KYOBASHI ART WALLは、戸田建設株式会社による新進アーティストの活動支援プロジェクトです。2024年、新たな芸術文化の拠点として生まれ変わる「TODA BUILDING」(以下、「TODAビル」)のオープンに先駆けて、建設現場で発表する新進アーティストの作品を募集します。
優秀作家には、TODAビル建設中の仮囲いでの受賞作品ビジュアルの掲出に加え、京橋エリアでの個展開催の機会を提供します。そして2024年11月以降にはTODAビルでの歴代の入選作家の展示を行います。

【内容】
優秀作品(2点):
・賞金25万円
・TODAビル建設中の仮囲に作品の印刷物を掲示
・KYOBASHI ART ROOMでの展覧会開催機会提供
・TODAビルでの歴代入選作家の作品展示

奨励賞(複数点)・TODAビルでの歴代入選作家の作品展示

【対象分野】
応募資格:個人またはグループ。1人(1グループ)あたり1作品まで。
作品規定:
・平面作品(デジタル作品も可)
・KYOBASHI ART ROOMに展示・搬入可能な作品(分割可)※詳細はWebへ
・TODAビル建設中の仮囲に5㎡で掲出することを前提とした作品
・未発表の作品であること
・作品の著作権を応募者が有すること
・入選後、TODAビル建設中の仮囲への掲出・展覧会への出品・TODAビルでの展示が可能なもの

【応募締切】2023年1月12日(木)15:00

【WEB】https://www.toda.co.jp/kyobashi-art-wall/
締め切られました
, Kyoto Art Center Open Call for Artist-in-Residence Program 2023 for Performing Arts

Kyoto Art Center Open Call for Artist-in-Residence Program 2023 for Performing Arts


【内容】
京都芸術センターのアーティスト・イン・レジデンスプログラムでは、異なる文化に触れることで新しい芸術表現を生み出そうとする新進のアーティストや芸術分野の研究者の滞在創作活動を支援します。参加者は京都芸術センターを拠点に、制作・調査・研究などに取り組みます。
本プログラムでは、パフォーミング・アーツとビジュアル・アーツの分野から参加者を隔年で募集します。2023年度はパフォーミング・アーツ分野が対象です。それぞれのジャンルの中で、あるいはジャンルを超えて、新しい表現を試み、市民に刺激を与える意欲的な芸術家を歓迎します。

【応募資格】
・パフォーミング・アーツの分野で活躍する新進のアーティストまたは研究者で、京都に滞在し、制作・調査研究などを行う理由が明確な方
・参加期間中、市民との交流事業を企画し実施できる方
・英語または日本語で意志の疎通ができる方

【応募締切】2022年10月1日(土)日本時間23:59必着

【WEB】https://www.kac.or.jp/32554/
締め切られました
, (日本語) 公益財団法人吉野石膏美術振興財団 若手美術家の在外研修に対する助成

(日本語) 公益財団法人吉野石膏美術振興財団 若手美術家の在外研修に対する助成


【内容】
将来有望と目される若手美術家が海外の優れた指導者の下で研修を行うための助成をすることにより、その創作活動を奨励しようとするものです。

【応募資格】
・絵画、彫刻、工芸等の創作に従事していること
・日本国籍、又は日本の永住資格を有すること
・2023年4月1日現在、年齢20才以上35才未満であること
・研修期間中は、常勤的な職に就かないこと
・海外で研修を行うため必要な語学力を有すること
・希望する研修が可能な健康状態であること
・海外の研修指導者の下で研修に従事し、研修受入の保証が得られること
・過去に当財団の在外研修助成を受けていないこと

【応募締切】2022年10月21日(金)

【WEB】https://www.yg-artfoundation.or.jp/training.html
締め切られました
, (日本語) 公益財団法人吉野石膏美術振興財団 若手日本画家に対する展覧会助成

(日本語) 公益財団法人吉野石膏美術振興財団 若手日本画家に対する展覧会助成


【内容】
日本画の分野で活躍する若手芸術家に対し、国内で開催する個展を助成することにより、その創作活動を奨励しようとするものです。

【応募資格】
・日本画の創作に従事していること。
・2023年4月1日現在、25才以上40才未満であること。
・2023年4月1日から2024年3月31日までの間に日本国内で単独の展覧会を開催し、かつその内容をまとめた図録ないし冊子を作成すること。
・過去に当財団の展覧会助成を受けていないこと。

【応募締切】2022年10月21日(金)

【WEB】https://www.yg-artfoundation.or.jp/training_yg.html
締め切られました
, (日本語) 公益財団法人吉野石膏美術振興財団 美術に関する国際交流の助成

(日本語) 公益財団法人吉野石膏美術振興財団 美術に関する国際交流の助成


【内容】
日本の美術家が海外において開催する個展や共同展、ならびに国内で開催される美術に関する国際会議等の活動を助成し、他国との文化交流の活性化に寄与しようとするものです。

【助成対象】
A. 海外における展覧会等
B. 国内開催の国際会議・交流活動

【応募締切】2022年10月21日(金)

【WEB】https://www.yg-artfoundation.or.jp/exchange.html
締め切られました
助成: