case study: residence

季節の移り変わりを豊かに映し出し、日本の歴史やすぐれた伝統工芸を身近に感じられる場所として、京都は国内外で人気があります。
市内に美大を含む多くの大学が位置することから、若い世代のアイディアを話し合うような機会が多くもたれ、あくせくすることも少なく、アーティストが育まれていく場所としてはとても魅力的な場所と言えます。
ここではそんな京都で、見習いたい暮らしぶりを行っているアーティストを紹介します。

, (日本語) 金沢アートグミ第7回企画公募|OPEN CALL

(日本語) 金沢アートグミ第7回企画公募|OPEN CALL


【内容】
金沢アートグミは金沢の文化芸術を下支えするNPO法人です。2009年より、建築家村野藤吾設計による北國銀行武蔵ヶ辻支店3階を拠点に、展覧会やワークショップ等のイベント企画・運営、アートプロジェクトのコーディネート、作家支援にまつわる活動を行っています。
「企画公募」は同法人への寄付金を活用したプログラムで、20万円の予算と金沢アートグミの空間を活かした企画を公募し、毎年12月に開催しています。
今年の企画公募は例年の条件に加え、希望者には最大3ヶ月程度の滞在制作のプログラムも新たに利用頂けます。まちと空間を観察した、実験的な企画の応募をお待ちしています。

【対象分野】
・ジャンル不問。個人、グループ不問。
・同時代の文化の創造に関わる活動を行なっていること。
・金沢アートグミは暖炉のオブジェや舞台、金庫の扉等があり癖が強い空間です。その魅力や可能性を引き出す企画であること。
・2次審査(6/18 18時~)に参加できること。
・金沢アートグミが提案するスケジュールや意向に柔軟に対応できること。

【応募締切】2022年5月31日(火)消印有効

【WEB】https://www.artgummi.com/all-archives/10370/7thopen-call/
締切まで あと約 14 日
助成: