Archive for 2019

, YUI-PORT Open Recruitment Of Artists

YUI-PORT Open Recruitment Of Artists


【内容】ゆいぽーと(新潟市芸術創造村・国際青少年センター)では、滞在型の創作活動を行う芸術家等を国内外から募集、支援することで、創造性に富んだ人材が集まりやすい環境づくりを進め、新潟市の魅力を国内外に発信することと共に、滞在する芸術家等と市民が交流することで地域の自然や歴史、文化の魅力を再発見し、地域の誇りづくりや愛着づくりにつなげることを目的に、アーティスト・イン・レジデンス事業を実施します。

【応募締切】2019年9月30日(月)【必着】

【WEB】https://www.yui-port.com/information.php?q=1828
締切まで あと約 43 日
, Kavli Institute Call Artist in Residence fellowship 2020

Kavli Institute Call Artist in Residence fellowship 2020


【対象分野】コンセプチュアルアート、ビジュアルアート、写真、音楽、デザイン、ダンス、映画、演劇、または詩の分野で国際的に活躍する才能あるアーティストに、国際的かつ学際的なナノサイエンス・デルフト・カブリ研究所(KIND)でプロジェクトに取り組む機会を提供します。滞在者は、約3か月間KINDに滞在するよう招待されます。その間、滞在者は研究所の科学者と密接に交流し、仕事の議論に参加し、実験室での仕事などを体験します。 AIRプログラムのフェローシップにより、KINDのナノサイエンスに関連する芸術作品が生まれることが期待されています。

【応募締切】2019年9月30日(月)

【WEB】http://kavli.tudelft.nl/kavli-artist-residence/
締切まで あと約 43 日
, SHELL ART AWARD 2019

SHELL ART AWARD 2019


【内容】シェル美術賞は、美術界に大きな影響を与えたシェル美術賞(1956年~1981年)、および昭和シェル現代美術賞(1996年~2001年)の合計31回の実績を経て、2003年に再開し、本年48回目の開催となる現代美術の公募展です。次世代を担う若手作家のための美術賞であり、創設当初より完全な公募制で実施しています。現在では「若手作家の登竜門」として、美術界で高い評価を頂いています。2019年は創設63年目を迎え、新任2名を含む計5名の審査員による多彩な視点からの審査、学生支援企画、また、昨年からスタートした「レジデンス支援プログラム」を本年も実施します。当社は、次世代育成を軸としたメセナ活動である「シェル美術賞」を通じて、若手作家の活躍を継続的に支援し、美術界の発展に貢献したいと考えています。今後も、無限の可能性を秘めた若手作家の応募と、受賞作家の方々の更なる飛躍を期待しています。

【応募締切】2019年8月30日(金)

【WEB】https://www.idss.co.jp/enjoy/culture_art/art/about.html
締切まで あと約 12 日
, (日本語) ゲンビ『広島ブランド』デザイン公募

(日本語) ゲンビ『広島ブランド』デザイン公募


【内容】「ゲンビ『広島ブランド』デザイン公募」は広島にちなんだモノ・コトにまつわるデザイン案を募集し、すぐれた作品を展覧会として紹介するオープン・プログラムです。広島の名産品や風土、文化をテーマとし、デザインの観点から発展させた新たな「広島ブランド」のアイデアを募集します。

【対象分野】広島が誇る名産、風土、文化がもたらす暮らしの豊かさを、よりいっそう高めるデザインアイデアとそのプレゼンテーションとしての展示プランを募集します。建築、プロダクト、グラフィック、ファッションなど、デザインのジャンルは問いません。

【応募締切】2019年11月12日(火)(必着)

【WEB】https://www.hiroshima-moca.jp/h-brand/application.html
締切まで あと約 86 日
, FY2020 Socially Engaged Art Support Grant

FY2020 Socially Engaged Art Support Grant


【目的】「ソーシャリー・エンゲイジド・アート支援助成」は、コミュニティや社会にコミットし、地域社会や住民とともに制作や活動を実施し、より良い社会モデルの提示や構築を目指す日本国内で実施されるソーシャリー・エンゲイジド・アートプロジェクトに対して助成します。これにより芸術文化と社会との関係性をさらに深化させ、日本における文化の発展向上に寄与することを目的とします。

【助成内容】

採択件数:1件〜複数件 助成額:上限450万円 ※助成金は数回に分けて支給いたします。

助成期間:2020年4月1日〜2021年3月31日

【応募締切】2019年10月27日(日) 18時まで(※日本時間)

【WEB】http://www.kacf.jp/guideline.html
締切まで あと約 70 日
, Artist in residence program in the Municipality of Kristiansand

Artist in residence program in the Municipality of Kristiansand


【内容】クリスチャンサン市は、市内に一定期間滞在し、制作をしたいと考えているプロの芸術家や職人に住居を提供しています。その目的は、クリスチャンサンの現代のビジュアルアーティストと他の国内外のアーティストとのコラボレーションとネットワーキングを強化し、促進し、発展させること、そしてクリスチャンサンのアートシーンを広げることです。ノルウェー人だけでなく、他国からも応募できます。滞在施設はAgder Kunstsenterの隣(Skippergata 22)にあります。滞在期間は2020年秋か2021年春に約3ヶ月間を上限に設定。スタジオと滞在費が無料。

【応募締切】2019年10月1日(火)

【WEB】http://www.agderkunst.no/artist-in-residence/
締切まで あと約 44 日
, THE 14TH INTERNATIONAL ARTE LAGUNA PRIZE

THE 14TH INTERNATIONAL ARTE LAGUNA PRIZE


【内容】Arte Laguna srlは、MoCAと提携して、現代美術の普及促進を目的とした第14回 国際Arte Laguna賞を開催します。この賞は、外務省、文化財省、ヴェネト州、ヴェネツィア市等から支援を受け、イタリアの大統領からも勲章を得ています。受賞者は、賞金のほか、ヴェネツィアのアルセナーレ会場での主要な展覧会企画、国際的なアートギャラリーでの展示、企業とのコラボレーション、レジデンスプログラムへの参加、Webサイト artelaguna.worldへの参加、カタログの発行などを行います。募集ジャンルはペインティング、写真、立体、ビデオ、パフォーマンス等多岐にわたり、各部門の優勝者に7000ユーロを賞として支給。

【応募締切】2019年8月31日(土)

【WEB】https://www.artelagunaprize.com/preview-terms-and-conditions
締切まで あと約 13 日
, The San Jose Museum of Quilts & Textiles’ Artist in Residence

The San Jose Museum of Quilts & Textiles’ Artist in Residence


【内容】当美術館は、テキスタイルに重きを置き制作するアーティストのためのレジデンスプログラムを実施しています。アーティストは、美術館の訪問者と交流する機会があり、新しいファンを獲得できるかもしれません。Maker Space Studioは、一部がプライベートなレジデンスプログラムで、アーティストと地域の方との間で会話し、創造性のためのインキュベーターとなります。滞在は3ヶ月間。現地で宿泊できる場所や交通手段等は各自用意。

【応募締切】2019年8月30日(金)

【WEB】https://www.sjquiltmuseum.org/artist-residency
締切まで あと約 12 日
, The Creative Knowledge Project | Artist in Residence

The Creative Knowledge Project | Artist in Residence


【内容】Creative Knowledge Projectは、新しいLakeside Centerを拠点に、12か月間アーティストが滞在するプロジェクトです。本年の長期滞在プログラム(宿泊施設とスタジオスペース)は、アーティストが1960年代を象徴するブルータリズムの水辺の建築で、生活し制作するためのエキサイティングな機会です。これはBexleyのLondon Boroughへの助成金を通してArts Council Englandから支援していただいています。

本プロジェクトは、21世紀に図書館が何をすることができるか、という課題に取り組みます。過去に図書館がこれまでに多くの人々に与えた影響と、図書館が今日直面している課題を探ります。
滞在やスタジオ利用料は無料。アーティストフィーとして10000ポンド、6000ポンドの制作費等が用意される。

【応募締切】2019年8月27日(火)10:00

【WEB】https://bowarts.org/whats-on/exhibitions-and-events/the-creative-knowledge-project-artist-in-residence
締切まで あと約 9 日
, grunt gallery Application 2019

grunt gallery Application 2019


【対象分野】grunt galleryは、1984年にバンクーバーでオープンし、現代美術をメインに活動するアーティストが運営するアートセンターとして国際的に知られています。ビジュアル・アートやメディア・アートの展示、インスタレーション、上映、公演や、印刷物やWeb出版等も行います。この公募では、キュレーター、運営スタッフ、理事会メンバー、アーティストからなる5〜9名のキュレーター委員会が、毎年8月5日、アーティストやキュレーターからの応募を審査。個展では2500カナダドル等が用意される。開催日程は通常5週間行われ、木曜日または金曜日の夜にはレセプションが開かれます。

【応募締切】2019年7月15日(月)

【WEB】https://grunt.ca/submissions/?fbclid=IwAR04C3H3Yhl2YH75nCy38fOxjSZyg2Rmy6p_54RWDUl_C-JuAljrHgQdjuU
締め切られました
助成: